バラバラ殺人

松永太:上告審口頭弁論

【日時】2011/11/21 1330〜
【場所】最高裁第一小法廷
【罪名】監禁致傷、詐欺、強盗、殺人、傷害致死

ついにやってきたこの日!!!!!

事件のあらましはここで!
http://ja.wikipedia.org/wiki/北九州監禁殺人事件

高校の同級生である緒方に松永が電話をかけてきたことが地獄の始まりだった…

というような事件です。
私の故郷、北九州で発生したということもあり、控訴審はほとんど傍聴しています。
地元に住んでいる大学の先輩に車を出してもらい現場をまわったのも思い出深いです…

昔のブログに全部記録をアップしていたのですが、消してしまった後、こちらのブログには移してなかったですね。
もしご覧になりたい方がいましたら、ご連絡頂ければと思います。
それかそろそろ始めるメルマガにでも再録しようかな…

大変な事件だから傍聴人がつめかけるのでは!?
この日の午前にオウムの遠藤判決があったので、それを傍聴した人たちが「じゃあ午後も…」って並んじゃうのでは!?
不安に駆られ、いてもたってもいられず50分前に到着すると、そこには誰もいませんでした…

-----

緒方とは分離されているようで、被告人名のところに松永の名前しかありませんでした。
これは被告人による上告で、その理由は判例違反、量刑不当、事実誤認などのようです。
あれ、でも量刑不当や事実誤認って上告の理由にすることができないはずでは…

28分で弁論は終了し、双方が色々意見を述べていましたが、要約すると弁護側は
・被告人は謀議に加担しておらず実行行為にも加担していない
・客観的証拠を事実認定の基礎にしていない
・支配や監視の不存在
・松永の処世術を過大評価

などなどの理由で「真相を見極め破棄を求める」と死刑回避のために頑張っておられました。

対する検察側は
・上告事由にあたらない
・支配の不存在というが、緒方の話は全体の経緯を説明するモノとして具体的かつ詳細。甲女、乙女との話とも符合しているので信用性が高い
・詐欺等の事件で被告人は警察の追求を恐れ、緒方を連れ逃亡した。以前から緒方には暴行を働いており、その理性は破壊されていた。生活資金を得る目的で被害者らを取り込んだ。親族殺害は家族同士を対立させ疑心暗鬼に陥らせ、他方に通電や暴行を加えさせ、排泄の回数や姿勢などを制限し、厳しく監視させ、それをネタにまた通電行為を行った。精神的支配の上に金をかすめとり、足手まといになるや否や娘を親が、親が子供をなど、家族に家族を殺害させ、皆殺しさせ、完全犯罪を企図し、徹底的にその遺体を解体させ、証拠隠滅を図った。忠実な僕として緒方を使い、自らの手は汚す事なく犯行を行った。緒方は従前からの虐待により、逆らう事は出来ない。精神的に自由を奪い、意のままに操り支配していたに他ならず、そこに緒方との共謀が認められる

などなどと述べていました。

検察官は最後に量刑不当について大切な事を述べました。
「暴行、虐待の限りを尽くし支配下に置いた家族の自由を奪い、過酷な食事制限を行い、数千万という多額の金を詐取した。虐待や暴行により家族を死亡させ、さらに残っている家族の利用価値がなくなると純子をして残りの家族を殺させた。殺人6件、傷害致死1件などの犯罪を敢行した事案である。
その上で被告人は『自分だけ罪を免れよう』としており卑劣きわまりない。
事件発覚後も純子に罪を押し付け、不自然な弁解に終始している。
改悛の情は全くなく、それゆえ遺族の処罰感情も顕著である。
純子より罪が重い事は明らかであり、原判決は適正である」

緒方は控訴審で一審破棄、無期懲役となりましたが検察側から上告されています。
この裁判を傍聴していた方々にとっては、松永はさておき、緒方の判決がどうなるかが最大の関心事ではないかと思うのですが、私なこの言葉を聞き、検察側は上告していながらも、緒方が無期懲役となっても致し方ない、と考えているのではないか、と推測しました。
確かに控訴審での2人の態度は雲泥の差で、松永は本当に、反省がないという言葉が似合わないというか、当事者意識がないというのに近かったです。

ちなみに松永の処世術というのは控訴審でも出たのですが「リスクを冒さずに目的を達成する」です。

判決は追って!

|

南部宇宙:そんなぁ〜

ちゃ〜す連続投稿で〜す

【被告人名】南部宇宙
【日時】2011/05/26 1100〜
【場所】東京高裁622号法廷
【罪名】死体遺棄、逮捕監禁、強盗致死

このブログにふさわしい、あらくれた罪名が並んでいますね!!!!

そう、事件マニアならこの名前でピンとくると思いますが、こちらの被告人は横浜港BB(バラバラ)殺人の共犯でありますっ!!!

過去に事件の概要を書いているのでこちらを参考にしていただければと!
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/bb-e29a.html

ちなみに宇宙と書いてタカオキと読みます…自分詳しすぎて気持ち悪いですね、すいません

さんざん横浜に通って見れなかった主犯?池田容之の公判に証人出廷したときの南部の様子はこちらです。(外のブログです)
http://shadow9.seesaa.net/article/168149608.html
例によって一審は横浜地裁、求刑懲役15年の判決懲役12年です。被告人側の控訴です。

こちらの南部に呼び集められて遺棄を手伝わされた3人組の裁判の様子はこちらに書いてます。
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-82c2.html

↑この裁判で、被告人が地元の奴らから恐れられていると聞いた記憶があるので、どんな荒くれた被告人が現れるんだろうとドキドキしていましたが、ガタイのよいガチムチ大男で、なるほどこれはちょっと怖いと思っちゃいました(でも若いです)。
黒いぴったり目のジャージ上下で、上着はなぜかチャックをちょっと開けて、下に着ている黒いTシャツの胸にプリントされているアルマーニ風のなんかロゴみたいなのを敢えて見せている・・・・というヤンキースピリットあふれる装いで法廷に現れました。

控訴の理由は量刑不当と法令適用の誤りです。

そして被告人が書いたという上申書が証拠として採用され…

それで終わっちまいました!!!!!

せめて「情状に限って」でもいいからさ〜弁護人も被告人質問請求しようよ〜

実はこの裁判を待ちに待っておりまして万全の状態で臨んだんですけど5分で終わりましたよrain

これも棄却かな…

そして、このやる気の持って行き場所を求めた私はすぐに、別の殺人裁判の法廷へと赴いたのでありました…

|

横浜港BB殺人・主犯格の初公判なのに…

ちゃ〜す

最近バラバラ殺人をBB殺人と略して、手帳に書いたりしています…

そう、火曜は昼から横浜港BB殺人、主犯格である池田容之(ひろゆき)の初公判だったのです!
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-82c2.html
↑拉致と遺棄をやらされた男たちの公判の様子です…つっても、大事なこと全然書いてないし!過去の自分、ツメが甘いよ…

上記公判でだいぶ大まかな流れは知りましたが、やはり主犯格の話を聞きたいところです

事件の概要は、麻雀店の経営を巡り、金でもめた元早大生の男から依頼されて、池田らの実行犯が殺害と遺棄を実行…という流れでして、元早大生の男は未だ海外逃亡中です
で、池田は他の実行犯らに指示し、殺害後に被害者の自宅などから麻雀店の売り上げ金など計1340万円を奪ったということです(逮捕当時にパソコンに保存しておいたネットのニュースより)

逮捕当時の報道です
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/kanagawa/091015/kng0910152122007-n1.htm

こんな実行犯が多くて荒くれててややこしい事件はガラガラじゃないか…?
そう思って余裕で横浜地裁についたところ・・・・まさかの傍聴希望者多数!
なんか行列できてました!
そして傍聴席は28席・・・・少なすぎだろ!
で、100人くらい集まりまして、軽く倍率3倍です
棒引きの抽選が行われました

この日、集合場所が外ではなく横浜地裁のロビーだったので、棒引きをする瞬間をロビーのみんなに見られる、という羞恥プレイでありました!
そして、はずれの瞬間もみんなに見られ・・・・恥ずかしいです!

そんなわけでとても見たかった公判、見れませんでした
ガックリです

初公判の様子はこの辺りなどでみれますが
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/kanagawa/101012/kng1010122237008-n1.htm

どうやら、死刑求刑&判決もありうる事案だからということで、にわかに注目が集まっているようです
タイミングが悪いです・・・・
そんなこと関係なく、事件に注目してる自分からすると大きな迷惑なんだよっ!

そんなわけで交通費を消費してわざわざ横浜に来たものの、目当てのものは見れず(横浜の抽選に当たった記憶がありません!)、ゲンダイの記事のため、児童買春の裁判を見て仕事に行きました…
30代の男性が14才の女の子と3回セックスしたという事件で…「断りきれなかった」とか言ってましたが、そんなもん、断れるだろ!って思っちゃいました


ではでは〜

|

野崎浩:長岡裁判長おなじみの原審破棄!

ちゃ〜す

さっき会社から帰宅したのですが、帰りの電車で向かいに座っていた男性がハナクソをほじって飛ばしていました…
電車内での女性のメイクについてはいろんなところで問題視されてますが、これはいいのか…?
中年男性がハナクソをほじって飛ばしているの、ホントよく見るんですが…

spa

本日は午後から野崎浩の判決を傍聴してきました〜
ブログで一度も書いてないのですが、実は一審からずっと傍聴しています
欠かしたことなかったんじゃないかな…

こちらの被告人、ものすごく個性の強いおかしな男で、迷言も多かったんですが、やはり秀逸だったのは以前も書いたとおり「ボクはまな板の上のコイ・・・さばき方を間違えると、とんでもないことになる…」でしょうか
魚のさばきと法の裁きをカケている渾身のギャグです

他にも細かいところ色々と見逃せなくて、
エルダさん事件で遺体をバラバラにしたあと、骨片をなぜか車の植木鉢の中に入れていたり、頭髪を実家に置いてたりと、なんか意味のあるようなないようなことをしていて、あとはハニーさん事件のとき、一緒に住んでいたハニーさんのいとこが邪魔なので、不法滞在であることを入管にタレコんで追い返そうとしていたりしてます
まぁでも野崎の一番の特徴は法廷での振る舞いですかねぇ…
認めたと思えば否認したり、かと思えばまた認めたり、そして控訴審では死刑になりたいみたいなことを言ったり、話が一貫してません

【被告人名】野崎浩
【日時】2010/10/08 1330~
【場所】東京高裁102号法廷
【罪名】殺人、死体損壊、死体遺棄

エルダさん事件とハニーさん事件は時期が違うので別々の事件という扱いになっており、エルダさん事件では懲役14年、ハニーさん事件では無期懲役という一審判決でしたが。。。。。

やはりというか、まさかというか、原審破棄でおなじみの長岡裁判長、ホントに野崎も原審破棄し、死刑判決がくだされました

報道:
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2EAE2E09E8DE2EAE3E2E0E2E3E29191E3E2E2E2;at=ALL
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/201008026.html
↑わたしも映ってます

しかし下の方のリンクの映像で思いましたが、やっぱり長岡裁判長、痩せたような気がする…
こないだは土色みたいな変な顔色だったし、体調は大丈夫なのでしょうか
なんか村上裁判官が亡くなられてからというもの、裁判官の健康をいちいち気にしてしまうおせっかい人間になっております

被告人はもともとロンゲで前髪もいっしょに後ろに1つに束ねてたんですが、この日は若干、髪の毛を切りそろえているようで、後ろでまとめている髪が少し短くなっていて、さらには前髪がちょっとだけできてました
その髪型がまたヘンテコリンで…

そういや産経ニュースには
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101008/trl1010081844003-n1.htm

野崎被告は黒のスーツ上下に、黒いシャツを着用。肩まで伸びた髪を後ろで束ね、口ひげをたくわえた姿で出廷した。

ってかいてますが、野崎はいつも黒じゃなくて紺のスーツです
『肩まで伸びた髪』ってのも、切りそろえてるから、前より短くなってますし、むしろ普通に『肩までの髪』って書いといた方がよかったんじゃないでしょうか
口ひげもそんなにあったかなあ?なかったと思うんですが…

なんかこの記事、ちょっと不思議です

続きを読む "野崎浩:長岡裁判長おなじみの原審破棄!"

|