宗教

菊地直子:「中川への恋心を利用した」井上死刑囚

お久しぶりです!

霞ヶ関では一週間の公判予定が非公開になり大打撃を受けております。
事前にあれこれ調べて傍聴…というのが少し難しくはなってきますが、これからも細々とやっていきたいとおもいます。

【日時】2014/05/12
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】爆発物取締法違反幇助、殺人未遂幇助

17年に渡り逃亡していた「走る爆弾娘」こと菊地直子の公判が先週から東京地裁で行われています。
第二回公判である12日、井上死刑囚の尋問を傍聴してきました。

以前のように一言一句文字起こし…的なスタイルはちょっと時間的に難しくはなってしまいましたが、要点をまとめて更新していきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。


まず菊地被告人はグレーのスーツに、肩までの髪を後ろで束ねていました。メガネをかけてます。相変わらず手配写真とは似ても似つかぬ、かといって逮捕当時の写真ともまた少し違う感じで、個人的にはすごく可愛く見えました。とてもじゃないけど42歳には見えません。28歳ぐらいに見えます。

特注といわれる透明のアクリル板がバーにそって10枚、並んでます。
その向こうにさらに、遮蔽のときにつかうパーティションが並べられ、奥に井上死刑囚が座りました。
姿は全く分かりませんが、声は適度に大きく早口で聞き取りやすいです。

ふとみると弁護人は、さいたまの星…から東京にやってきたという噂の、村木さん!
被告人質問が見ものです。

警備の裁判所職員も普段とは桁違いの数そろっている超〜ものものしい雰囲気でスタートした井上死刑囚尋問、内容は当時の教団と井上死刑囚の置かれていた状況(平成7年の元旦に、上九一色村のサティアン周辺からサリン残留物が検出されたという読売新聞のスクープ、その後同サティアンに強制捜査が入り、麻原逮捕も秒読みと言われていた。その年の秋まで麻原が逮捕されなければ『予言が成就する』からなんとか麻原逮捕を食い止めるように、とお達しが出ていた…)などがあれこれ話題に上っておりました。

菊地被告人は、都庁小包爆弾事件において爆弾の材料を上九から八王子のアジトまで複数回運搬したとして起訴されており、それについては材料と知らなかったと否認しています。

井上死刑囚によれば菊地被告人が運搬役となった経緯は「中川から、『菊地を使って運べないか試したい』と聞いた」とのことでした。
また当時、中川死刑囚と菊地被告人については、
「当時、男女の戒律を破った関係と認識していたので、どうかなと思ったし、そこが都合がいいかもしれない、とも思いました。要するに誰かが運んでくれないと事件を起こせない。しかし勇気のいる危険な作業。中川と男女の仲にある菊地さんなら頑張ってくれるかも、と思いました。また、中川が菊地さんにこだわっていたこともありました。その中で、菊地さんの気持ちを知りながら女性としての心を利用した面があり、申し訳ないと思っています」
と、男女の仲であったこと、また菊地被告人の恋心を利用して材料を運ばせた面があることを詫びていました。

女性の出家信者は通常、サマナ服とよばれる白衣を着ているそうなのですが、運搬時は普通のOLのような『変装』をして、ヨーグルトのパックやウェットティッシュの箱の奥に材料をひそませ、警察の目を逃れていたそうです。
また、菊地被告人は八王子のアジトに材料を運搬してくるたび、中川死刑囚と和室にこもり、2人で過ごしていたそうです。泊まることもあったといいます。

また菊地被告人は自分の運んでいる物を材料だと認識していたとおもうか、という質問については、認識していたと答えていました。
「当時、林泰男さんが私に『これからワークを手伝うサマナは逮捕の覚悟がないと手伝わせられないので、手伝いを依頼する時はその了解をとれ』と言っていましたので、私は○、●に了解を取り、中川さんは菊地さんに了解をとったと認識していました」
ほか、『長年の信者としての感覚』として何度も言っていたのは、危険なワークであればあるほど、その内容を、手伝ってもらう信者に明らかにする傾向がある、そのため今回菊地被告人が運んでいたものが何になるかぐらいは認識していただろう、といったようなことでした。

そんな具合に進んでいった尋問、話は気づけば井上死刑囚自身の話にうつり、
当時『女性に触れられると自分のエネルギーが抜ける』として、女性信者に触られることを極度に嫌っていた、という話題になったとき…
「ええ、そういうことは●●(他の信者)も言っていましたが、私はいまでも童貞ではあるんですが、ケースバイケースでした」
とサラッといきなりの童貞宣言。
驚きのあまりメモに下線を引きました…!
隣に座っていた傍聴人も「童貞」と書いて線を引いていましたw
この人は童貞のまま人生を終えるのかぁ…

翌日行われた中川死刑囚の尋問では、菊地被告人に、ワークの説明はしていないということを述べていたようですから、二人の話は食い違うわけですが、果たして実際はどうだったのでしょう。

しかし、報道では、林泰男に恋心を抱いていたとか、逃亡中は平田とのセックスについてメモを残していたりと報じられていたり、なんか宗教団体で修行しているわりにけっこうビバヒルっぽいなぁと思ったりもしたのでした。

|

北澤優子:求刑は懲役…

【被告人名】北澤優子
【日時】2011/03/08 1000~
【場所】東京地裁425号法廷
【罪名】傷害致死

この日はついに論告弁論です!
長かった北澤優子裁判も集結であります。

前回のエントリはこちら
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-7bfc.html
信者を竹刀で叩きすぎて殺したという容疑で逮捕起訴されている被告人です。

論告に先立ち、証拠が採用されまして、ケロヨンクラブの信者たちの調書が読み上げられていました。
(超貴重です)
乙号証もここで採用されておりましたが、被告人質問の主張とは少し違っておりました。

そしてご遺族の意見陳述です。
上品な初老の女性が書面を読み上げておりましたが、まあこれが本当に立派な文面で…
娘さんを事件で亡くしたあと、もう1人の娘さんも自殺したそうです。
ざっくりした内容としては、
「共犯から何度も手紙が届きました。そこにはハッキリと、北澤優子の命令で、と書かれていました。それでもあなたは命令していないと言えますか?叩いた人たちは、自分も同じ立場になるのが怖くて叩いたんじゃないでしょうか。クスリで極楽浄土に送るなんて、聞いた事がありません。人を痛めつけ、金を搾り取り、人をボロ雑巾のように捨てる。邪教としか言いようがありません」
こんな感じでした。

そして求刑は懲役10年。
弁論は「被告人は実行行為を行っておらず共謀もない。T(共犯)の証言も信用できない」と、傷害しか成立しない、と主張しておりました。

最後には被告人が「行為はまったく把握していない。もし知っていたなら必ずやめさせていた。止められる事ができたと思うと残念でならない。私は腹水で苦しんでいた中で裁判が行われ…裁判が停止…生きる可能性に賭け手術をし、どうにか…まだガンの進行は続いており、放射線と抗がん剤で下半身マヒ…それもNさんの死に比べれば…」と、やはり反省は述べつつも自分の責任は軽いと訴えて終了しました。

判決はどうなるのでしょう…取り調べの段階であのような調書が取られている以上、被告人の言い分が通るのは、なかなか難しそうな気がしますが…

|

北澤優子:ついに被告人質問終結!

【被告人名】北澤優子
【日時】2010/12/10(金曜) 1330~
【場所】東京地裁425号法廷
【罪名】傷害致死

ここのところいつも15時からとかの北澤優子裁判でしたが、この日は午後いっぱいあるようです!

これは、絶対に、逃せない!!!!!

いつも北澤優子の公判の傍聴券交付所は定員割れorちょっと超えぐらいの人の集まり具合なのですが、逃せない!と前のめりになった私は締め切り10分前に今井さんに電話をしてしまいました!
そして昼休み中の今井さんを呼び出し、一緒に並んでもらいました…(本当にいつもありがとうございます!)

で、定員割れかなと思いきや、なんと定員を超え、抽選が行われる事に!

ヒィ~

今井さんに連絡しててよかった…!

そして結果は!

私が当たり、今井さんが外れという、なんともな結果でした…
「来た意味がないよぅ〜」とおっしゃっておりましたが、そんなことはありません!今井さんが来て下さったおかげで母数が変わり抽選の結果も変わったのです…とお礼を言い、法廷へ向かいました

この日はなんと検察側からの被告人質問です!

この裁判を傍聴して早6年…赤ん坊も小学生になるぞ!(とか言ってみただけ)


と、もうアンヨウの記事を書いて疲れ果てたのでざっくりと書きますが、検察官からの質問ではかなり被告人の過去が明らかになりました
新宿生まれの都会っ子である被告人は女子校を中退(鞄からタバコが出てきた事が原因だそうですが、そんなのヤンキータウン北九州だったら何回中退することになるやら…)、その後パブの店員などをやって、平成2年に結婚、そしてオウム入信・・・という流れのようです

平成8年に脱会し窃盗の前歴あり(高千穂の寺院から金の紙幣と写真を盗んだという事案だそうです。起訴猶予)でそれからケロヨンクラブができたそうであります

そういえば、こちらのwikipediaに
http://ja.wikipedia.org/wiki/ケロヨンクラブ

全国各地の神社巡りを行っており、1996年9月には宮崎県の神社から歴代天皇の肖像画を盗んだ容疑で逮捕されている。

ってあるんですが、平成8年=1996年ですし、この件ですかね…?


病気については、至急肉腫、多発性肺がん、腹膜炎(聞き取れなかったけど多分)が現在もあり、平成21年1月に手術、現在は末期がんの人が入る施設みたいなところにいたり、ということでした

勾留されているときより元気そうに見えましたが、そんなにヒドい病気だとは…かなり心配になりました

で、事件についてのことやケロヨンについてのことは、やはり自分がリーダーであると判断されそうな事柄についていろいろと否定しておりました
過去、違う女性の弁護人だったときは、本当は尋問とかで「違う」と思う事柄も色々あったものの、あまりに体調が悪かったため、反論もできず、また、体調を慮って弁護人との面会もできてなかったので十分な打ち合わせができていなかったと主張、
被害者にクスリを飲ませて修行させた事についても「リラックスしてほしかった、クスリを使ってると力もすごい出たり、普段持てないようなものも持てるようになる」などと述べてました
その死亡に至った修行を始めたのは、共犯として逮捕されて以前に(つっても5年くらい前)証人で出ていたTという女性らしいのですが、病気がその頃はひどく、本来だったら「なんで連絡なしに始めるのか」と問いつめるべきだったが、そうできなかったとのことでした

そういえば今、こちらの被告人についている新しい弁護人、けっこう好きです
ソツがないというか、弁護人なのに変じゃないっていうか、、、

なんかかなり割愛しますが、だいたいそんなかんじです
いつかどこかでまとめて書きたいところです

共犯の名前がいっぱい出てきたりして、傍聴しても分かりづらいのか、気づいた頃には傍聴席がガラガラになっておりました・・・・・

来年はいよいよ論告!終わりが見えてきました!

|

北澤優子:長々続く弁護人からの質問

こんばんは〜!

月曜、林貢二の判決がありましたね〜
アキバ加藤智大の公判もありましたね〜
でも、東京地裁に疲れた私はどれにも行かず仕事をしておりました…
たまに傍聴人との付き合いに疲れ果て、別の裁判所へ逃避行する時期がありますが、今はそんなときかもしれません

林は予想通りというかなんというか無期懲役でしたが、初めて死刑が求刑された裁判員裁判として何やら注目を集めているようで、記者会見の詳報もいろいろなところに出ております
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101101/trl1011011917015-n1.htm

傍聴していて6番の裁判員の方は、けっこう被告人にキツい質問をしていたので、個人的に記者会見のコメントも気にして読んでしまいました
なんか思うんですけど、今回みたいに遺族が強く死刑を望んでいる裁判で、そうではない判決を出したときって、裁判員、大変だなぁと思います
あくまでも裁判官3人と、裁判員とで出した判決だけど、この裁判員への注目ぶりで、非難も何もかも裁判員に集まるのでは…と心配したりしてしまいました
こりゃ負担だよなぁ…
評議は必ずしも判決と同じ意見の人ばかりではなかったと思うので、そういう方々が「私はご遺族の望んでる死刑の意見だったのに、ご遺族を落胆させてしまった…」とか思っちゃったりするんでないかと…
しかし会見で被告人の反省ぶりについて述べているところがありましたが、私はこの被告人は反省しているというよりも、自分の置かれている状況に途方に暮れているというのが大きいように見えたので(自分の母親の尋問では大泣きしてたけど、ご遺族の陳述のときはそこまでではなかったりとか)やはりその辺の感じ方は人それぞれですね

と、更新しておりませんでしたが金曜日は北澤優子の裁判をみてきました
【被告人名】北澤優子
【日時】2010/10/28 1500~
【場所】東京地裁425号法廷
【罪名】傷害致死

毎度おなじみ、修行中の被害者を竹刀で叩きすぎて死なせてしまったという事件で、このグループのトップとされていた被告人が裁判を受けているというものです
かれこれ5年…てか6年目くらいか?見てます
被告人は前回持っていた携帯型の酸素ボンベみたいのも持っておらず、見た目、体調はよさそうでした
事件と関係ない話ですが、その時期被告人が実践していたという行為として、健康のために起き抜けに4リットルの塩水(ぬるいやつ)を飲んでいたという話をしてました
かえって不健康になりそうでビックリです
事件の話は、やはり事件のときには現場にはいなかったという話などでした
他にも色々話しておりましたが、ブログを読んでくださってる方がそこまで知りたいか…?と少し不安なので書かずにいときます〜

明日は早起きです!
自分が明日どこへ行くか、きっと薄々分かる方もいらっしゃるでしょうが…がんばります

続きを読む "北澤優子:長々続く弁護人からの質問"

|

ふ〜

こんばんは〜
すっかり更新がおろそかになっておりました!

今週のY字路は、村木厚子氏の事件で逮捕された特捜検事にちなんで(?)検事の不祥事モノです〜
【裁判傍聴】厚生労働省の郵便不正事件だけじゃない! 元検事によるトンデモ事件
http://www.menscyzo.com/2010/09/post_1805.html

よろしく〜

spa

先週はいろいろと傍聴してましたがうっかり書くのを忘れておりました
なんか眠くて法廷に入っても寝てしまうことが多かったです…週の後半はスッパリあきらめ体力温存しました…

まず火曜日!北澤優子!
5年前から見ている(古すぎです)宗教がらみ、信者を竹刀で叩き殺したという疑いで逮捕起訴されている事件です
この日も被告人質問でしたが、いつものように被告人の体調を慮って、昼下がりから1時間半程度の審理でありました
昔、この裁判以外でも、こういうユッタリめの時間割が多かったような気がするけど、裁判員裁判が始まってから、毎日朝から夕方まで開廷とか、やたら前のめりなスケジュールになったので、困りますrain

被告人はかつて、呼吸器をキャリーで携帯していたり、車いすで出廷したり、果ては体力が最大に落ち込んだとき、被告人が座る長椅子に寝て(毛布&呼吸器つき)裁判をやっていた過去があるのですが、以前より調子がよいのか、きちんと座っています(携帯のスプレー型の呼吸器を持っていますが)

と、肝心の審理でありますが大部分記憶があやふやな状態でした…すみません
でも全体的にそのグループのトップとしての行動はとってないというようなニュアンスのことを言っておりました
本当のところはどうなのでしょう


そして次の日、水曜日!
私は昼から会社の会議でしたが、この日は昼から宇多田ヒカルのお父さんの道交法違反(新件)があったのです!(傍聴マニアの方から教えてもらいました、ありがとうございます!)
しかし、会議が入っているので全部見ることはできないでしょう…なので知人に傍聴を託し、私は判決言い渡しのときに滑り込みで法廷に入りました(でも、ラスト3分くらい見ただけです!)
宇多田パパは背の高い団塊世代の男性でありました
法廷は霞ヶ関で一番小さいとこでしたが、いくつか空席がありました
法廷に入ってあっという間に言い渡しも終わったので、裁判を見ていた知人、今井さん、阿曽さんなどなどから、裁判の様子をうかがいましたが、なんと法定速度83キロオーバーという強者だったようです
反省している様子もあまり感じられなかったという話でした
やっぱり団塊世代は国のルールよりも自分らしさを大事にするのかなぁ〜(偏見)

せっかくなのでその後、殺人の裁判員裁判を覗こうと、法廷に行ったところ、なんと満席で行列ができておりました
目当てはこの被告人の裁判です

「【東京】マンションで女性刺殺、三帰釈迦容疑者を逮捕」
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1248356654/


普段は満席のときに並ぶことはしない主義の自分ですが、この日は他に見るものもなかったのと、幸い、時間つぶしのための本を持ってきていたのもあり、読書をしながら座り込んで待ち続けたところ、1時間くらいしてやっと入れました
被告人はけっこう横にも縦にも大きな若者でして、弁護人が、たまに見かけるヒゲ&白髪&メガネの男性でした
途中からなので認否は聞きそびれましたが、おそらく、かなりいろいろなことに対して争っているようで「包丁が犯行に使われたのか分からない」と凶器だとされている包丁を検察が証拠申請したのに異議を唱えており、さらには、この問題に関連して証人で呼ばれたらしい、包丁の見分をした警察官の尋問でも、シマダ検事よろしく異議を唱えまくっておりました
キレる弁護人が担当していることで、なかなか骨のある裁判になりそうな気配です

そんな感じです!

最近は高村薫さんの本にハマりまくっておりまして、もう大変です
合田雄一郎が出てくる「レディ・ジョーカー」「マークスの山」「照柿」読破しました・・・
私の中で合田といえば合田裁判官でしたが、今や合田裁判官か合田雄一郎かって話です・・・

レディ・ジョーカーも好きだけど、↑こっちもかなり、好きです
しかし高村薫さん、わたしはずっと男性だと思っていたのですが、女性だったことに驚きです
ビックリするほどしつこい描写も好きですが、よくある最近の小説のように、伏線をすべて回収して終わる、みたいな感じじゃないところもすごく好きです
とある年代のとある都市での話を記録した、みたいな雰囲気で、そのせいで色々と後に残り、言ってみれば読後感が悪いんですが、それがまた病み付きになる理由かもしれません

明日は早起きします では〜

|

ひさしぶりの北澤優子

どうも!
原稿を3本一気に書き上げ、すがすがしい気持ちの真夜中です

やっと風邪がだいぶ治ってきました…
歳をとると治りが遅いよね〜(自虐的発言)

snail

きのうはシー・シェパードの判決公判で、裁判所にはアブナそうな傍聴人がたくさんつめかけていて怖かったです!

そしてなんと今日は、あの北澤優子の傷害致死裁判がひさしぶりにありました!
北澤優子…ご存知でしょうかっ!
ケロヨンクラブというオウムの分派とされている集団が起こした事件で、修行中の信者を竹刀で叩きすぎて殺してしまったというものです
傍聴を始めた年(2005年)からすでに審理をやっていて、被告人の体調不良により、前回の公判は去年かそれくらい昔でした
超スローペースで進んでいるのです
その驚きの修行の内容や、被告人質問の様子は「霞っ子クラブ〜娘たちの裁判傍聴記〜」に詳しく載っております!

↑この表紙なつかし〜

そしてなんとウィキペディアに「ケロヨンクラブ」の項目ができています!
びっくりです!
http://ja.wikipedia.org/wiki/ケロヨンクラブ

他にも、全国各地の神社巡りを行っており、1996年9月には宮崎県の神社から歴代天皇の肖像画を盗んだ容疑で逮捕されている。

って、何がしたかったんだい…!


で、公判は、きょうも被告人質問だったのですが、弁護人が変わってお
りました
ていうか弁護人が変わったと気づいたのは法廷に何人いたことでしょう…
そして被告人は保釈されておりました

続きを読む "ひさしぶりの北澤優子"

|

傷害致死、犯人隠避:森久里子、奥野和宏 紀元会まさかの原審破棄

【被告人名】森久里子、奥野和宏
【日時】2008/07/29 1330~
【場所】東京高裁 715号法廷
【罪名】傷害致死、犯人隠避

この日、初公判でした。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1192411181/473-573

長野県小諸市荒町のすし店経営、奥野元子さん=当時(63)=がで先月25日、同市の宗教法人「紀元会」の信者に集団で暴行され、死亡した疑いが強まったとして、
長野県警は15日朝、傷害致死の疑いで、紀元会の本部などの家宅捜索を開始した。
幹部や信者の女性らから事情を聴いており、容疑が固まり次第逮捕する方針。
奥野さんの死亡当日、夫ら家族4人が犯行を認めて逮捕されているが、その後の捜査で、紀元会の宗教施設内で多数の信者が奥野さんを踏みつけるなどの暴行を加えた疑いが強まった。
現場には当時、信者ら数十人がいたとみられ、幹部の指示のもとで行われた集団暴行だったとみて、県警は全容解明を進める。
事件は先月25日未明に発生。奥野さんが顔面や両腕、両足などに殴るけるの暴行を受け、傷害の疑いで、夫のすし店従業員、奥野和宏容疑者(35)と長女、二女、二女の夫の計4人が同日逮捕されていた。
紀元会は昭和45年に設立された神道系の宗教団体。「紀元水」という水を飲むと不治の病が治るなどと宣伝していた。

紀元会裁判、一審は、裁判所の遠さと関係者の多さで傍聴してないですが、高裁にやってきました。
奥野被告人は被害者元子さんの夫のようですが、すごい年の差カップルだったんですね…
そして、森被告人は被害者の娘…しかも奥野被告人より年上というイリュージョン…叔父と姪の関係なのにこんなことが起こるんですね…

森被告人は恰幅のよい女性でストライプのシャツを着ており、奥野被告人は色黒、スーツの男でした。
一審判決は懲役3年&執行猶予5年だったようなので、勾留はされていません。

量刑不当で検察側が控訴したようです。

続きを読む "傷害致死、犯人隠避:森久里子、奥野和宏 紀元会まさかの原審破棄"

|