報道

熊谷徳久:上告棄却

こんにちは〜

渋谷駅で発砲の男 死刑確定へ
http://www.nhk.or.jp/news/html/20110301/t10014378091000.html

きょう私は見に行けずでしたが、上告は棄却されてしまったようです…

被害者1名で死刑かぁ…

熊谷徳久の一審での様子は、もう霞っ子ブログの記事を消したのでネットでは見れませんが、新潮社の書籍に一部掲載されていたかと思います

また、熊谷徳久は書籍「奈落」を出版しており、なんと私は二冊も購入しました(1冊は貸したらなくされました)

↑絶版になったんだよ!
しかし当時の叩かれっぷりを見直すと笑えますねw

spa spa spa

ま〜当時はホントに裁判とか分かってなかったんでトンチンカンなこと思ったり書いたりしていますが、だいたい誰でも最初はそういう状態でしょう 古参のマニアだってそんな時期があったはずです
分かんないということを分かんないって表明するのは結構恥ずかしいことだけど、これからも恥知らずでいこうと思います
そもそも自分は事件のその後や動機を知る手段として裁判を見ているだけなので、特に傍聴そのものにこだわりはないのです
なので他人の傍聴ブログもほとんど見なければ、傍聴本も献本以外は読みません


とりあえず、当初よりはだいぶ知識も身に付いた(と思う)のですが、
司法や裁判について、門外漢でありながら専門家ぶって知識をひけらかしたり、専門用語を羅列したりするのは、ちょっと、好きじゃないですね
少なくともブログは、裁判が分かんない人に理解できてこそだというポリシーでもって、やっております
自分のこういうスタイルは、エセ専門家には嫌われるだろうと思いますし、ネットの世界では女ってだけでバカにされますからね、でもとりあえず、のんびりやっていきます

思い出話ついでに書きますが、霞っ子ブログのタイトル下にキャッチコピーみたいに書いてた文章があって(浮ついた集団で〜すみたいなの)、なんかやたらそれも「ふざけてる!」とか言われたもんです
しかし自分としてはあれは秀逸の出来ではないか…?と今でも思います(たまには自画自賛させてください!)
あれを字ヅラごとまっすぐ受け止めて、ヤケドのときの反射みたいに、考えを脳まで届かせることなく「けしからん!」っていう人たちってセンスがないな〜って思ってました
一般人と犯罪との距離感を表現してるんだと察してくれた人は、ものすごく少ないですね
「けしからん!」なんて言ってる人は、本当であれば、裁判を見るたびに事件のことを我が事のように考え、落ち込んでしまって、傍聴なんて二度とできないはずです
でも、そういう人もマニアだったりして、嬉々として裁判所、通ってたりしますし…
自分は粛々と傍聴をしていて被害者の感情が分かってるんだという勘違いをしている人や、「犯罪が好きだなんて、けしからん!」と言いつつワイドショーに興味津々の矛盾に気づかない人って、一番罪深いです
実際に事件関係者と接すれば、自分がいかに犯罪や、関係者の苦しみから遠いところにいるのか分かるはずです
警察だって検察だって、そもそも悪人の存在なしには存在価値のない組織ですから、いろいろ因果なものだなと思いますよね


あっ辛口になっちゃったかな

ではでは〜

|

うわっ

こんにちは

本日の判決、これを読んでくださっている方は並ばれたのでしょうか…
報道の人たちに負けず券をゲットできていればよいですが…

「裁判員裁判初の死刑判決、遺族の処罰感情に言及」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101116-OYT1T00348.htm?from=y10

朝山裁判長は「あなたは法廷ではいかなる刑にも服すると述べているが、重大な結論ですから、裁判所としては控訴することを勧めます」と最後につけ加えた。

なんか控訴をすすめるとか、今までの判決でほとんど聞いた事ないんですけど…

この一文から、評議がおそらくかなり割れたのではと推測します
無期懲役の意見だった裁判員or裁判官も結構いたのではないでしょうか

spa spa spa

続きを読む "うわっ"

|

28歳の大学8年生が単位も取らずストーカー

ちゃ〜またもや連続投稿で〜す

そして本日もできれば林の裁判を傍聴したかったのですが、日曜日に改めてゆっくり寝てしまったところ、睡眠不足だと体が気づいてしまったようで…(この感じ分かりますでしょうか…)本日は起きれませんでした〜

求刑はやっぱり予想通り、死刑でしたなぁ…
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101025/trl1010251652014-n1.htm
判決、どうなるでしょう
本日の鑑定医の尋問を観れていないので、ちょっと分からない感じだなぁ…


と、そういうわけで、
残念ながら別の法廷に行ったところ、今井さんほかマニアの方々がいろいろといらっしゃいました
本日傍聴したのは、林の裁判を傍聴してから気になってる、ストーカー事件です

表題のとおり被告人は28歳の大学8年生、塾のバイトで知り合った女性に好意を持ち、待ち伏せなどのストーキング行為のあげく、7月にその女性の髪や服をひっぱるという暴行罪で逮捕されました
そして釈放後、またもや被害者に電話やメールをした、というので今度はストーカー取締法違反での逮捕となったようです
で、これだけじゃなく、留置されてた警察署で、調書を取って読み聞かせてもらい、確認してもらうために被告人に調書が手渡されたところで、被告人はその調書をびりびりと破いてしまいました(公用文署毀棄)

そんな被告人、もじゃもじゃ頭にメガネ、スーツ姿(勾留されてる)でふんぞり返って堂々としており、法廷での供述もまあもうホントに早口で、悪びれた様子一切なし、聞いてる感じ、妙なプライドが全面に漂っている語り口で、疲れ果ててしまいました
どこの大学なのか心底知りたかったですが、分かりませんでした…

「今はもう被害者に親しみも感じませんし、魅力も感じない、ほとんど他人みたいなもんです」
とか上から目線で言っちゃってましたけど、ヤレヤレってかんじです
その前に一言被害者に謝るということができない、ってのは、何なんでしょうかねコレは

しかし28歳の大学8年生って、入学したのは20歳ですよね、二浪でしょうか…?
フツー大学順当にいけば22で社会に出るのに、もう30になろうとしている被告人…
親の仕送りと塾のバイトで、学校に行く年もあれば、いかない年もあり(精神的にちょっと…とか言ってましたが、バイトや映画とか、学校以外のことはフツーにやってたそうです)、30目前にして親のスネかじってて、それで得意げに法廷で語り散らす…
早く社会の荒波にもまれてしまえ、って思いましたbearing

最近、ストーカーの裁判2件、林の裁判、ってかんじで傍聴したけど、ストーカーは概してプライドが高いですなぁ…

では〜

|

高柳和也:控訴棄却

ちゃ〜
なぜかこの件で検索かけて来る人が今日はべらぼうに多いようなので情報を…

5年前に兵庫県相生市で発生した2女性バラバラ殺人の高柳和也、控訴棄却されたそうです
判決をみに大阪高裁へ行きたかったのですがいろいろあって無理でした…

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/101015/trl1010151308007-n1.htm
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201010150046.html

被告人質問のときもなんかいろいろ話が変わってて、変な人だなという印象でしたが、結局まだ発見されていない遺体がどこにあるか言わないで終わってしまったのでしょうか
報道では情報少なく、その辺全然記載されてないので、裁判所が判決文を公開してくれることを祈ります…

|

こりゃ大変だ…

午前中から傍聴をして、昼に裁判所を出て、会社に行くと、背中合わせに座っている社長から「タカハシさん、今日地裁行ったの?」と聞かれました

ハイ、行きました、と答えると「今日、裁判所前で逮捕者が出たみたいだよ〜」と、このニュースを教えてもらいました

「裁判所批判の男が職員に暴行、逮捕」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3999501.html

あ〜!!

裁判所に行った事のある方なら誰でも知っている、あのオヤジ、いつも地裁の前で「デタラメ判決を許すな〜!」って夕方まで怒鳴っているあのオヤジが逮捕です!!!!


そういえば、今日地裁を出るとき、入り口で職員さんとあのオジさんがすごいモメてたんですよね…
その直後に逮捕だったのでしょうか

つ〜か、なんで裁判所に入ろうとしたら止められたのかな〜
あのオヤジ、たま〜に地下のコンビニでゴハン食べてるんですよね…w
いつもいる場所が決まっている人が、その場所にいないときって、すごいビックリしますが、地下のコンビニで見かけた時はホントにビックリしました

あとは、自分の話ですが先日朝日新聞に載りました
まあしかし、この写真がまた相当恐ろしい出来映えらしく(暗い中フラッシュをたいて変なポーズをとらされております)、会う人会う人に「朝日新聞見ましたよ…ププッ」と笑われております
写真よりも実物のほうがイイと思われるからイイのか…?
しかし、それはあまりにもポジティブシンキングでは…?

3日で7人に笑われました

アハハハ


最近寒いのか、ネコがmacbookのキーボードの上で寝る事を覚えてしまい、心底困っています
テキストを編集しているときだったりすると発狂しそうになります

ではでは〜

|

鈴木一範の控訴審判決は

筑豐にある赤村という、いかにも不吉そうな村の産直販売みたいなところで買ったカリントウを食べながら清田裁判の更新をしていたら顎が痛くなりました


またもや今日も寝坊して(起きる気がなかったとも言います)裁判所に着くと14時でした
もう鈴木一範の判決終わってたので、裁判所の中から裁判所に電話をかけて問い合わせました(まったく意味不明の行動ですが、エレベーターに乗るより、この方が早いです)

鈴木一範とはホステス殺しの右翼で、一審は懲役20年の判決でした
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_de19.html

控訴審判決は、控訴棄却、未決勾留日数130日算入、訴訟費用は被告人に負担させない

というものでした。

800万も示談金払って、全く意味がなかったようです
けっこう不思議でした


清田龍也の傍聴記は今まさに山場なので最後まで書こうかな〜と悩みましたが、明日は会社の人とカラオケに行くことになったのです
カラオケ嫌いが揃っている会社で、奇跡のようなイベントです
万が一にそなえて、氣志團をたくさん歌える状態にしておこうと(張り切りすぎです)、今日はiPodで氣志團を聴きながら密かに踊りつつ歩いていたのですが、さっぱり忘れていることが発覚しました
全盛期はけっこう踊れたのに…
なので、これからDVDを観ながら振り付け練習をするため、更新はまた明日にさせていただきます

こういう、無駄な事をするから夜更かしして遅刻するんですね、きっと…
しかも氣志團ってもう古いですね…でも好きです

また明日〜

|

信じられない…

今日は傍聴記を更新できそうにないのでニュースなどを…

「大阪拘置所で自殺の男性被告、キタの女性殺害犯と判明」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080927/crm0809272327027-n1.htm

押谷さんが死にました


福岡から帰ってきてこのニュースを知って、腰を抜かしそうになりました
ショックで体中の毛が全部抜けそうです

なぜ殺人しちゃったのか、なぜ下着をばらまいたのか…知りたい事がたくさんあったのに、全部分からないまま終わってしまいました
一番待っていた裁判だったのに…
よりどころがなくなってしまった…

最近、関東近郊でも自分が待っている裁判が全然始まらず、裁判所も足が遠のいていたりします
去年は吉井誠とか、いろいろあって、かなり熱心に通っていたのになぁ…


公判前整理手続、長過ぎなんだよ!!!

|

高柳和也の求刑

高柳和也に死刑が求刑されました。
近頃地方づいている自分はさすがに自重し、今回は傍聴しておりません…
http://www.asahi.com/national/update/0916/OSK200809160066.html

まだ見つかっていない遺体の一部分、どこにあるのか教えてほしいです!

|

内藤こと吉岡正行の判決

傍聴していませんが、無期懲役だったようです。

『埼玉・杉戸町の知人女性殺害、吉岡被告に無期判決』(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080904-OYT1T00310.htm


『女性殺害の男に無期=「矯正余地ある」死刑回避−さいたま地裁』(時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008090400050


矯正の余地があるとは…傍聴していて全く思わなかったけどなぁ…
この人は殺意などいろんなことを否定していたので(そういうところからも矯正の余地を感じませんでした)、控訴するのかもしれません。


過去、傍聴したときの記事は以下
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/cat20496153/index.html

|

求刑の情報ですが

元妻を殴ったり、知人女性をハサミで刺し殺したり、ナンパして断られた女性を半殺しにしたりした、内藤こと吉岡正行の論告弁論が本日さいたま地裁で行われたようです。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080826-401539.html

自分は傍聴してません。が、死刑求刑だったようです。

「動機に酌量の余地はなく、矯正も不可能。極刑を避ける理由は何ら認められない」と指摘。

確かに酌量の余地もなく矯正も不可能といった雰囲気でしたが、極刑かどうかは微妙なところだと思います。


荒くれた事件を散々傍聴している自分ですが、なぜかこの事件は本当に傍聴していて気分が下がります。
そんなわけで、判決を傍聴するかは悩んでいますが、何度か傍聴した事件でもあるので、時間が合えば最後まで見届けようかと思います。


今週は月曜だけで傍聴は終わりで、来週から本格的に傍聴ライフが復活の予感です!

そして、何度も書いてますが、週末はWIRE08、さらに、9月1日は武道館でヒムロック!
ライブハウス武道館ついに行っちゃうyo〜
ライブハウス武道館へようこそ!って言われたらどうしよう〜!

そんなわけで、9月は自分の夏のイベントが一気におしよせる月でもあり、傍聴がまた慌ただしくなる月でもあり、と、バタバタしそうな予感ですが、体力つけて頑張ります。
残暑で体調を崩しやすいこのごろですが、氷を食べて乗り切りたいですね…

|