« 2011年8月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年11月

松永太:上告審口頭弁論

【日時】2011/11/21 1330〜
【場所】最高裁第一小法廷
【罪名】監禁致傷、詐欺、強盗、殺人、傷害致死

ついにやってきたこの日!!!!!

事件のあらましはここで!
http://ja.wikipedia.org/wiki/北九州監禁殺人事件

高校の同級生である緒方に松永が電話をかけてきたことが地獄の始まりだった…

というような事件です。
私の故郷、北九州で発生したということもあり、控訴審はほとんど傍聴しています。
地元に住んでいる大学の先輩に車を出してもらい現場をまわったのも思い出深いです…

昔のブログに全部記録をアップしていたのですが、消してしまった後、こちらのブログには移してなかったですね。
もしご覧になりたい方がいましたら、ご連絡頂ければと思います。
それかそろそろ始めるメルマガにでも再録しようかな…

大変な事件だから傍聴人がつめかけるのでは!?
この日の午前にオウムの遠藤判決があったので、それを傍聴した人たちが「じゃあ午後も…」って並んじゃうのでは!?
不安に駆られ、いてもたってもいられず50分前に到着すると、そこには誰もいませんでした…

-----

緒方とは分離されているようで、被告人名のところに松永の名前しかありませんでした。
これは被告人による上告で、その理由は判例違反、量刑不当、事実誤認などのようです。
あれ、でも量刑不当や事実誤認って上告の理由にすることができないはずでは…

28分で弁論は終了し、双方が色々意見を述べていましたが、要約すると弁護側は
・被告人は謀議に加担しておらず実行行為にも加担していない
・客観的証拠を事実認定の基礎にしていない
・支配や監視の不存在
・松永の処世術を過大評価

などなどの理由で「真相を見極め破棄を求める」と死刑回避のために頑張っておられました。

対する検察側は
・上告事由にあたらない
・支配の不存在というが、緒方の話は全体の経緯を説明するモノとして具体的かつ詳細。甲女、乙女との話とも符合しているので信用性が高い
・詐欺等の事件で被告人は警察の追求を恐れ、緒方を連れ逃亡した。以前から緒方には暴行を働いており、その理性は破壊されていた。生活資金を得る目的で被害者らを取り込んだ。親族殺害は家族同士を対立させ疑心暗鬼に陥らせ、他方に通電や暴行を加えさせ、排泄の回数や姿勢などを制限し、厳しく監視させ、それをネタにまた通電行為を行った。精神的支配の上に金をかすめとり、足手まといになるや否や娘を親が、親が子供をなど、家族に家族を殺害させ、皆殺しさせ、完全犯罪を企図し、徹底的にその遺体を解体させ、証拠隠滅を図った。忠実な僕として緒方を使い、自らの手は汚す事なく犯行を行った。緒方は従前からの虐待により、逆らう事は出来ない。精神的に自由を奪い、意のままに操り支配していたに他ならず、そこに緒方との共謀が認められる

などなどと述べていました。

検察官は最後に量刑不当について大切な事を述べました。
「暴行、虐待の限りを尽くし支配下に置いた家族の自由を奪い、過酷な食事制限を行い、数千万という多額の金を詐取した。虐待や暴行により家族を死亡させ、さらに残っている家族の利用価値がなくなると純子をして残りの家族を殺させた。殺人6件、傷害致死1件などの犯罪を敢行した事案である。
その上で被告人は『自分だけ罪を免れよう』としており卑劣きわまりない。
事件発覚後も純子に罪を押し付け、不自然な弁解に終始している。
改悛の情は全くなく、それゆえ遺族の処罰感情も顕著である。
純子より罪が重い事は明らかであり、原判決は適正である」

緒方は控訴審で一審破棄、無期懲役となりましたが検察側から上告されています。
この裁判を傍聴していた方々にとっては、松永はさておき、緒方の判決がどうなるかが最大の関心事ではないかと思うのですが、私なこの言葉を聞き、検察側は上告していながらも、緒方が無期懲役となっても致し方ない、と考えているのではないか、と推測しました。
確かに控訴審での2人の態度は雲泥の差で、松永は本当に、反省がないという言葉が似合わないというか、当事者意識がないというのに近かったです。

ちなみに松永の処世術というのは控訴審でも出たのですが「リスクを冒さずに目的を達成する」です。

判決は追って!

|

木村義昭:判決は求刑通りの無期懲役

民事裁判を傍聴した後は、こじらせた中耳炎の治療のため耳鼻科へ行き…
そしてまた昼下がりに裁判所に戻るというグッタリな1日でした。

【日時】2011/11/18 1530〜
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】強盗殺人、銃刀法違反、強盗傷人、住居侵入

傍聴券交付でした。また今井亮一さんに並んでいただきましたが(いつもありがとうございます!)定員割れです。。。
結局この裁判は初公判しか抽選が行われず、あとは全て定員割れだったようです。
でも、このくらいのほうが毎回確実に見れるので有り難いですね…

被告人は髪の毛を切っており、かなり短い坊主頭で法廷に現れました。
そして判決ですが主文は無期懲役、未決勾留日数150日算入、ペティナイフ1本没収、です。
訴訟費用は不負担です。


またかなり長くメモってしまったのですが要約すると、裁判所が認めた罪となる事実はおおむね起訴状の通り。

↓ここにも概要がありました
「韓国の妻子への送金は身勝手な動機」被告に無期懲役判決 東京・目黒の夫婦強殺
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111118/trl11111818370007-n1.htm

要旨を読み上げている間、証言台の前の椅子に座っていた被告人のアタマはだんだんうなだれていき、被害者宅の奥様への犯行態様についての読み上げのところになると、どうも泣いているっぽかったです。


「日本に妻子がいながら韓国にも妻子をもうけ、収入が減少した事から韓国の家族への送金資金を得る目的で安易に犯行に及んだ。短絡的で身勝手。
百貨店配達員を装い、見ず知らずの家族を殺害した。近隣住民を含め、社会全体への影響は大きく、責任はきわめて重い」

としながらも、有利な事情として、
計画を思いついた当初から殺意を有していたわけではないこと、前科がないこと、手紙を書き被告人なりの反省を深めていることなどを挙げましたが

「責任の大きさからすれば、酌量減刑すべき事案とはいえない。無期懲役に処し、被害者や遺族に一生償いをさせるべきという……」

ということで減刑はされず求刑通りです。

そして最後に裁判長は被告人を立たせ

「ご主人の無念さ、遺族の悲しみ、これ十分考えてほしい。一生をかけ心から償いをしていってほしい。コレ、裁判官、裁判員全員の考えです」

と、言葉をかけていました。

被告人は途中から泣いていましたが、申し訳ない事をしたという涙なのか、それとも、こんな事をしたために韓国の家族に会えなくなってしまった自分の運命を呪っているのか、どっちなのでしょうか…

|

長い一日の始まりは631号法廷

2011/11/18

こんばんは!

1つ前のエントリに書いた野村総研の民事裁判はこの日の10時半からです。かなり眠い目をこすりながら法廷にたどり着きました。

(私、民事裁判っておそらく10回も見た事がないと思いますので、そんな程度の人間が書いているのだと思いながら読んでいただけると幸いです)

概要は前回のエントリとその関連記事の通りですが、
今回は原告が訴えを一部取り下げると言ってました。(ライブドアの記事が云々と言っていましたが、どんな内容だったのか気になります)

また原告が問題にしている何らかの記事について、前回エントリで挙げた女性Aさんの関与について争っていたようなのですが、被告側がそれについては関与していないという旨の事を述べており「じゃあそれを書面にしてきてください」と裁判所に言われてました。

この裁判は被告Bさんが本人訴訟で頑張っておられて、また、裁判の合間にも「ちょっとよろしいでしょうか!」と割って入り自分の述べたい事を述べ始めるので見逃せません。
刑事裁判で被告人がコレをやると、私の頭の中で要注意のランプがつきますが、民事だとむしろこのように声が大きく、ある意味空気を読まないようにして自分の言いたい事をとにかく言う、という姿勢で臨む事が有効のように見えました…

Bさんの「ちょっとよろしいでしょうか!」に対し、何度か裁判所が「それは書面にしてきてください」と言っていたりする場面がありましたが、民事はホントに書類ベースで物事が進むんですね〜

そんな感じでした。
次回は12月2日です。

|

殺人でも刑事裁判でもないですが…野村総研の民事裁判

こんばんは〜

本日は殺人裁判を傍聴していないのですが…
たまには民事の話も、ということでこれを。。。

続報! 幹部が強制わいせつ疑惑の野村総研が被害者女性を逆提訴!
http://www.cyzo.com/2011/06/post_7665.html

↑この記事の下の方にある有志の方のブログがリンク切れのようなのですが…

簡単に言えば野村総研対、野村総研に勤める男性からセクハラ被害をうけたという女性Aさん、そして「野村総合研究所(野村総研)のわいせつ、セクハラ被害者を救う会」の男性Bさん2名の訴訟です。
(原告のところ、ちょっと修正しました 20111118)
上記リンクほか、日刊サイゾーにはこの話題の記事がまだいくつかありますので、見てみてもらえればと〜


8月に傍聴しましてメモも取ったのですが、なぜか今、そのメモが見当たりません…(´Д⊂グスン

金曜日10:30〜に次回期日が入っているので、お知らせの意味もこめてアップしてみました。

ではでは!

|

木村義昭:親から借りた300万の使い道は…

ちょっと更新が遅れました。

【日時】2011/11/11 0950〜
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】強盗殺人、銃刀法違反、強盗傷人、住居侵入

この日は被告人質問、傍聴券交付でしたが、傍聴希望者がつめかけて…ということもなく、ものすごい定員割れでした。裁判所も拍子抜けなのではないでしょうか…

前日は証拠調べが行われて書面の読み上げなんかを行っていたようです。

そして月曜日は求刑がありましたが自分は傍聴しておりません。。。
無期だったようです。

無職男に無期懲役求刑「強固な殺意あった」 東京・目黒の夫婦殺傷
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111114/trl11111412360002-n1.htm

朝9時50分スタート、終了が17時10分、ノートは13ページに渡りまして、全部報告するととんでもないことになるのでサワリのみを。
まず前回のエントリで「検察官が物足りない」とこぼしていた私ですが、この日は前言撤回せざるを得ない状況となりました。かなりガチガチにやってくれました。
ただ被告人が変な供述しているときに、検察官があからさまにニヤニヤするのは、ちょっと意地悪が過ぎるのでは…という気がしないでもないですが、質問が鋭かったのでヨシとします(←何様?)

弁護側からの被告人質問ではあらためて、争点となっている、殺害されたご主人に対しての殺意はなかったと述べ、奥さんのほうへの強盗傷人についても、記憶がないと述べておりました。
先日、4名の目撃者が現場の様子を詳細に述べておられましたが、それとは違う内容です。
時折涙を見せるなどして、ソツなくこなします。

そして私が一番待っていた検察官からの質問です!
初公判からずっと風邪を引いていてマスク姿がまぶしいシブヤ検察官という方がこの日、ついにマスクを取るときがやってきました!
まずショッパナから、被告人の通話記録を示し、被告人が事件後にこれまでの取引先に金の請求をしたり、親戚に金の無心をしたりしたことを挙げ「聞きたいのはね、なんで強盗をやろうとする前に、金の請求をしなかったんですか?」と突っ込みました。
これについて被告人は見当違いの返答をしており、質問に真正面からは答えないという高等テクニックを披露です。

また親戚というか実父に(被告人が60代ですから、いったい何歳なのでしょう…)「韓国の子供が病気で手術費用が必要」とウソをつき、300万円を借りています。
これについても「必死にお願いして、ウソをつけばお金出してくれましたよね?」となぜ事件前にそうしなかったのかのツッコミが入りました。

「……私は、必死でした!」

と、これまた答えになっておりません。

そしてコレ以降、肝心な質問になると
「そこまでアタマ、回らなかった」
「そこまで考え、及びませんでした」
「記憶がありません」
「無我夢中でした…」

この四段活用で逃げ切ろうとします!

これには法廷からもため息がもれていたりしました。

ところで被告人は、上京し、中目黒駅を降りて強盗に入る家を物色している間はマスクをしていたのですが、被害者宅に配達員を装って侵入する直前、マスクを外しています。
これについてこんな質問が出ました。
「ご遺族が疑問に思ってるんですけどね、あなた初めから被害者を殺すつもりではなかったんですか?」

確かにそうかもしれん…そう思うのは無理もない…
そんなことを私も傍聴席で色々考えましたが被告人は
「とんでもないです!!!!」
と必死になって否定しておりました。

ところで、その実父から借りた300万、逮捕当時も所持していたそうなのですが、これについて問われると
「その後、韓国の妻に弁護人を通じて送金しました」
その額は270万円。残りの30万については「東京拘置所にあります」とのことです。
なんとご遺族には渡していないようです。
さらに、日本の妻とは先日、正式に離婚したようなのですがそのときの条件として、妻から毎月13000円を送金してもらうというものがあったそうです。
これについても使い道を問われ「衣類買ったり…その他もろもろです」と悪びれる事もなく答えてました。

検察官「謝罪の示し方として些少でもお金を提供する考えは?」
被告人「申し訳ございませんでした」←やはり答えません
検察官「聞いてるのは、あったのか、なかったのか、ってことです」
被告人「そこまで気が回りませんでした」

被告人質問を聞いていると、事件の動機は金欲しさ、事業がうまくいかなくなったことで韓国の家族に定期的な送金ができなくなってきたことからの焦りが相当あったような気がしましたが、これまで、慰謝の措置のために自宅を売ったりしている被告人の家族なんかを見てきた身としては、これじゃあ裁判員に良い印象はもたれないだろうと思ったし、その額がわりかし量刑に反映されるのを見てきた身としては、かなり厳しい刑になるような気がしました。

また被告人はこの被告人質問の間に供述が変遷する箇所がいくつかあり、そのせいで供述がどんどんウソ臭くなるという状況に陥っておりました。

そんな感じです。
あっ、ところでひとつ、気になったことがあります!

被告人は逮捕後、上申書を作成し、犯行についての概要を自分の言葉で書いているのですが、その内容は
「バーさんが奥から出てきて、カマをジーさんに渡しました。その後無我夢中で……」
という内容のようでして、この「バーさん」「ジーさん」表記を被告人はあわてて
「私は会津の男ですから、ジーさん、バーさんは普通の言葉なんです!」
と釈明し、検察官に「いや今そこ責めてる訳じゃないんで…」などと苦笑いされる場面がありました。

会津の男は「ジーさん」「バーさん」が普通なんでしょうか??
ちょっと疑問に思っております。
しかし、警察に提出する書面なのに「ジーさん」「バーさん」って……

|

木村義昭:目撃者4名の証人尋問

【日時】2011/11/09 0950〜
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】強盗殺人、銃刀法違反、強盗傷人、住居侵入

こんばんは!

今日も朝から傍聴券交付所に並んだところ、すさまじい定員割れで難なく法廷に入る事が出来ました。
定員割れって本当に有り難いですね…

昨日は医師の尋問や被害者である妻の証人尋問が行われたようですが、私は別の裁判所に、かつて傍聴した事のない大規模なチーム男子の一味の審理を見に行っておりまして、そんなわけで昨日はこの裁判を傍聴しておりません。
ちなみにその某チーム男子公判はまた何かの機会にでも…

今日は目撃者…というか、被害者宅から聞こえた妻の叫び声を聞いて、いろいろと手助けをした4名の勇敢な方達の尋問でした。
ひとりめは、クリーニングやさんの帰りに偶然叫び声を聞いてかけつけ、被害者(夫)に馬乗りになって右手にナイフ、左手にカマを持っているという最凶の状態の被告人を、被害者から引きはがし、さらにナイフを持った被告人ににじり寄られながらも逃げ、刺された被害者を励まし続けたという、勇敢にもほどがある男性でした。
まぁこの男性の尋問は本当にすさまじかったです。

ふたりめは、同じく叫び声を聞いて駆けつけた隣人で、被告人が左手に持っていたカマを取り上げたという、こちらも勇敢な男性です。
さんにんめは、少年野球チームのコーチをやっている男性が近くを通りかかったところ偶然叫び声を聞き、逃げる被告人を途中まで追った、というこれまた勇敢な男性です。
よにんめも、叫び声を聞いて駆けつけ、家の前で被告人と対峙したという男性でした。

勇敢すぎる男たちが勢揃いです。

ところでこの事件では、このように4人の男性がこの事件に遭遇しそれぞれ重要な役割を果たしましたが、どうしたことか犯人は逃走し、これが私にはとても不思議だったのですが、カギを握る三人目の証人によれば、この証人は被告人が当時、拳銃を持っていると思っていたとのことで、至近距離にいると撃たれるのでは、という思いから、かなり距離をあけて被告人を追尾したそうです。
その追尾の途中で被告人は下りの階段を降りて行ったそうなのですが、土地勘のある証人、ここで階段を一緒に降りると撃たれる、と思い、ここでとどまったということでした。
そうしたところ、パトカーのサイレンが聞こえたので、警察に事情を話し捜索に同行したということです。

自分だったら、拳銃を持っているかもしれない、しかも人を殺した直後の状態の男を追えるか?と聞かれたら、無理だろうと思います。。。
家の前の階段を下りたところには自分と同じようなヘタレの野次馬が10人ほど固まっていたということでした。これを見た3人目の証人は「自分が追うしかない」と思ったそうです。

各証人はそれぞれ覚えている箇所が偏って(っていう表現がふさわしいのか微妙ですが)おり、たとえば1人目の証人は被告人が左手に持っていたカマを2人目の証人が取り上げた事を全く記憶していなかったり、逆に2人目の証人は1人目の証人が被告人の体のどの部分を掴んで被害者から引きはがしたのかということについて、1人目の証人の証言と食い違っていたりします。
こういうことから、当時の緊迫した状況がひしひしと伝わってきたり、証人たちが命の危険を感じながら事に当たったんだろうなぁと思わされたりしました。。。

ひとり目の証人については最後驚きの情報も出たりしましたが、これはメルマガが始まったら書こうかな、なんて思っています。


この裁判は、ややこしい裁判員裁判でお馴染みとなったサカネ&フジワラコンビが弁護をつとめておりますが、なんかサカネ弁護人って昔よりずいぶん小ぎれいになりましたよね。。。
憎たらしい被告人の弁護をつとめているときなんか、サカネ弁護人まで憎たらしくなりそうな勢いだったりしたこともありましたがw、最近では「あぁ今回もこんな面倒な刑事事件の弁護をやられて…」と温かい目で一方的に見つめております。

対する検察官たちは、開廷表に書いていないので全員のお名前が分かりませんが、これまたよく見かける顔ぶれです。
でもややこしい裁判員裁判を担当するにはちょっと役不足ではないか…と、検察官に意地悪さや、こなれた感を求める私は多少物足りないものがあります。。。
シマダ検事&ナカヤマ検事+ハラ検事のようなかつての黄金時代がおとずれることはあるのでしょうか…

そして最後に裁判官、こちらは刑事11部ですが左陪席の田原さんという方がフレッシュすぎて質問がぎこちなすぎですw
確認の質問をすることなく勝手な前提を作って質問をして、検察官に注意されていたりと、なかなか見逃せない存在です。

今日はこんな感じです。では!

|

木村義昭:中目黒強盗殺人初公判

お久しぶりです!

いろいろと個人的な用事でブログの更新が滞っておりましたが、ようやく落ち着きましたので、再開させていただきます。
近々、メルマガも開始する予定です。


【日時】2011/11/07 1310〜
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】強盗殺人、銃刀法違反、強盗傷人、住居侵入

この裁判、なぜか傍聴券交付でして、またもや今井亮一さんに並んでいただきました…いつもありがとうございます。

裁判員は傍聴席向かって一番左の方が女性、他は中年orそれ以上の男性でした。
被告人はやや遅れて法廷にやってきましたが、姿を見せるなり泣き顔で、ご遺族に深々とお辞儀しておりました。
その他、この日行われた証拠調べの間など大部分、泣き顔だったんですが、実際に涙を流していることはほとんどありませんでした…ふっと見ると、泣き顔が弛緩したのか、ただのしかめ面になっていることもあり、この泣き顔がガチなのか演技なのか気になるところです。今後の審理で注目したいです。

事件概要はこちらにて!
目黒夫婦殺傷事件 殺意を否認「殺すつもりなかった」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111107/trl11110717120004-n1.htm
今年1月、いわきから上京した被告人が見ず知らずの男性宅に百貨店配達員を装い侵入、男性を殺害しその妻についても顔面を殴打、足をナイフで刺して逃走したという事件です。

さらに本日の今井亮一さんのメルマガに詳細は載っておりますが、被告人は強盗殺人については殺意を否認し強盗致死にとどまると主張、強盗傷人についても、何らかの機会に被害者に傷害が生じた事は争わないが、殴りつけた事実はなく、暴行行為しか認められないと主張しました。

そんなわけで本日は双方の冒頭陳述のあと検察側の証拠調べ(書面読み上げ)が行われました。。。

感想を言わせてもらえば、この殺害態様で殺意を否認するのは難しいのではないでしょうか。。。


今日は短いですがこんな感じで!
また明日〜!

|

« 2011年8月 | トップページ | 2012年2月 »