« いろいろ | トップページ | 近藤貴之:こんどーム〜ン控訴棄却 »

加藤智大:最終陳述見逃した・・・

こんにちは〜

すごい雪ですね!

と、傍聴仲間情報なんですが、、、この毎日新聞の報道見て下さいよ!

横浜中華街強殺:熊谷被告への上告審判決 期日は3月1日
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110211k0000m040066000c.html

1審横浜地裁は無期懲役としたが、2審東京高裁は死刑と判断が分かれ、今月1日の上告審弁論では弁護側が「自首し、反省もしている」と死刑回避を求め、検察側は上告棄却を主張し結審した。

とありますが、一審は、横浜地裁じゃなくて東京地裁でしたよ・・・
毎日新聞!間違ってますよ!!!!w

この書きぶりからおそらく「横浜中華街店長射殺事件」が第一の事件だから、神奈川県警が逮捕したんだろう、と思われているのかもしれないですが、、、そのまえにも東京駅放火未遂事件とかありますからね・・・

やばいね!

-----

【被告人名】加藤智大
【日時】201/02/09(水)1330~
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】殺人、殺人未遂、公務執行妨害、銃刀法違反

この日もまた今井亮一さんにお願いし、一緒に交付所に並んでいただきました(いつもありがとうございます!)

いつものパターンなら、
2人とも当たる
私だけ当たる
どちらも外れる

この3つだったんですが、、、なんと!!ついに今井さんだけ当たり、私が外れる、というパターンが発生しました!!!!!
ものすごい感謝です!!!
ありがとうございます!

この日の加藤は弁論でしたが、最後の陳述で被告人が何を言うか聞こうと法廷に入りました

ラストに向け、ふたたび熱気が高まっているのか、法廷は満席(傍聴券の倍率も5倍くらいでした)、そしてその期待に応えるためか?被告人も髪型を整えてきており、なんかもうビックリするくらい整ってまして、行くとこ行けばアンタそれヤンキーヘアだよ、って感じの髪型になってました
思いっきり角刈り風味です
不運な事に、ナチュラル剃りこみもある被告人なので、そのヤンキーヘアぶりが際立ちます

ちなみに弁護人に、いつもやっかいな刑事裁判でよく見る、ヒゲのルンペン風な男性がいるのですが、そちらのかたもナチュラル剃り込み入ってますよね・・・
しかもこちらの弁護人、数年前はもっと髪型もボサボサで、本当に薄汚れていたのですが、ここ半年、急激にオシャレボーイ化しております
何があったのでしょうか???

色々と妄想してしまいますが・・・ってこんな弁護人話どうでもいいですね!すいません!

で、弁論ですが、まあものすごく長くて、要約しますが、結局のところ、争点について、検察側と全く逆の主張をしておりました
当たり前ですが・・・
被告人には死刑を課すべきではない、被害者人数ではかるべきではない、みたいなかんじでした
あとは母親の不適切教育というところと、ネット掲示板の荒らしについて、すごく強調していました

こんなに責任を押し付けられて、母親と、ネット掲示板の住人たちはいまどう思っているのか、気になります
母親のほうは確かにちょっとアレですが、ネット掲示板がらみの人々は、この件(なりすまし、管理人へ訴えたが対応してくれなかった等)が動機の1つとして語られているのであり、とんだとばっちりではないか・・・?
ネットがらみの人々に、証人尋問してほしかったです(むちゃくちゃな要求)


と、被告人が最後に何を言うか、それだけを聞きたく、ずっと弁論が終わるのを待っておりましたが一向に終わる気配がありません(汗)
わたしは、15時半から別の判決を見たく、それまでに終わってほしいと、また超勝手な希望を持っておりました

でも、まだまだ続きそう・・・・

ということで、加藤の最終陳述はあきらめ、別の法廷へ向かいました・・・・

(次のエントリにつづく)

|

« いろいろ | トップページ | 近藤貴之:こんどーム〜ン控訴棄却 »

20代」カテゴリの記事