« 中小路大輔:判決は懲役24年 | トップページ | 映画ざんまい »

加藤智大:悪魔の所行に死刑求刑

ちゃ〜す
しつこいほどの連続投稿で〜す

【被告人名】加藤智大
【日時】201/01/25(火)1330~
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】殺人、殺人未遂、公務執行妨害、銃刀法違反

そして中小路大輔の判決を傍聴した後、色々他にも気になる裁判がありましたが、そちらは今井さんと阿曽山さんにおまかせして(??)私は加藤の裁判の傍聴席抽選に並ぶ事にしました
例によって?いつも抽選でお世話になっている、今井さんにも並んでいただきました(本当にいつもありがとうございます!)

倍率4倍くらいでしたが、なんと当たりました!

久しぶりに加藤、傍聴します〜
といってもこの日はもう論告なんですけどねっ

ところで、メンズサイゾーの記事ですが、
犯罪者に魅かれるオンナたちの心理
http://www.menscyzo.com/2011/01/post_2215.html
この加藤の裁判で常々気になっていた現象について書きました


久しぶりにナカヤマ検事を拝見です!
そして午前でも中小路の裁判に立ち合われていたカジワラ検事!
弁護側にも同じく午前に中小路の担当されていた、サカネ&フジワラ(+女性1名)弁護人!

相変わらずの強烈な美声でナカヤマ検事が論告の文面を読み上げ始めました
被告人も相変わらずの無表情で、体を20度くらい前に倒し、聞いてるのか聞いてないのかってかんじであります

いろいろニュースに出てる通り死刑求刑でした

弁護側は
・被害者の1人に対しての殺意は持っていなかったので、こちらの方への殺人未遂は成立しない
・被告人は、逮捕した警察官が警察官であるという認識をしていなかったので公務執行妨害は成立しない
・何らかの精神障害の影響で、犯行当時心神喪失ないしは心神耗弱の状態だった

と主張していたようです

こちらについては色々と根拠を示し、全て否定されてました

(この論告2時間ちょっとあったので、もうかなり割愛します)

「悩みや苦しみを無視され、マトモに扱ってもらえない事に怒りを感じて、自分の存在をアピールし認めさせようと、大きな事件を起こして、その原因が自分を無視した者、掲示板の荒らしや成り済ましなどにあると思わせ、それらの者たちに復讐したいと思った。
 しかし被告人より苦しい境遇にある人はいくらでもいる。正当化する理由になり得ないことは言うまでもない。
 掲示板で思いやりのない返事がなかった事など、論ずるに値しない出来事」

と動機を一刀両断、「身勝手で自己中心的」と言われてました(その通りです)

ほか、
「休日の歩行者天国を一瞬で地獄に変えた、人間性のかけらを感じる事のできない悪魔の所行と言わざるを得ない」
とか、以前被告人質問でナカヤマ検事が怒りながら質問していた「被害者の痛みを自分のおなかの痛みに例えたこと」や「PTSDになった被害者に理解のない手紙を送りつけたこと」とかも盛り込まれてました
確かにあのやり取りは、被告人に腹立ったもんなぁ…

ところで被告人は公判で、出会い系サイトで出会った女性に股間を押し付けた事を否定したり、恥ずかしいと思う事を否認する事が顕著でしたが、これについて起訴前に鑑定をした医師は
「不細工とかに話の焦点が当たりすぎる事は被告人の本意ではない。〝自虐的ネタ〟と言いつつも悩んでた事は確か。違うと話す部分もあるが、事件と直接結びつけてほしくないという気持ちの表れ」だと判断しているそうで、なるほどと思いました

書面の朗読は検察官が順番に行っていましたが、最後はやはりリーダー格?のナカヤマ検事が立ち上がり、求刑してました
なぜかこのときナカヤマ検事はメガネを外していましたが…近眼の人がメガネしてると近くのモノを見るのが辛いからでしょうか…??

内省が深まっていない事や、重大な結果を引き起こした自覚がないことなども挙げられ、改善は困難だとし、最後は
「命をもって罪を償わせるのが相当であり、それこそが正義」
この一言で締めていました

死刑求刑を出す方も、被告人に対してお前死んだほうがいいよ、って言ってるのと同じなので、キツいだろうなあ…検察官の方々は、そう思わせる沈痛な面持ちでした


裁判が終わってから、なんとなく自分も重苦しい気分になりつつも、調べもののために国会図書館へ急ごうと裁判所を出たところでテレビ局に捕まりました
「加藤の裁判を傍聴されてましたか?話を聞かせてほしいんです」的な感じで押しが強すぎです
「話す事は何もないです!」と言いましたが「様子とかだけでも」と引き下がりません
「私の席からは加藤が見えなかったんで!」と逃げようとしても「いやいやいや…」みたいになりまして
結局ちょっとオシャベリしてしまいました…orz
そして次の日の朝、ズームインスーパーで流れたといいます…
友人らから「観たよ!」と言われてしまい、死にたいです…
イカれた帽子かぶってた上にスッピンで…世間に出せる顔じゃないんです!

なんかテレビの人ってやっぱり本当に苦手です
断ると悪い事をしてるみたいだし、かといって、気の利いたコメントできないと、しらけた雰囲気を醸し出されるしで…
断っても受けても、一方的に罪悪感を感じされられるんだよ!!!!
特に女は、相当な美人じゃない限り、絶対叩かれる存在なんだよ!

テレビはやはり罪深い存在だとおもいます

|

« 中小路大輔:判決は懲役24年 | トップページ | 映画ざんまい »

20代」カテゴリの記事