« 野口圭也:取り調べはなく結審、その理由とは… | トップページ | 中小路大輔:最後の1人の初公判 »

近藤貴之:髪と爪を守るために控訴した、こんどーム〜ン

こんばんは〜

【被告人名】近藤貴之
【日時】2011/01/12(水曜) 1330~
【場所】東京高裁622号法廷
【罪名】殺人

千葉で発生したネット予告殺人の控訴審第一回公判です

詳細はこちらでご覧ください

ニュー速で殺人予告をし実行→逮捕のこんどーム~ンこと近藤貴之が起訴
http://news109.com/archives/754058.html

2009年の事件のようです
判決は昨年10月、懲役9年6月(求刑懲役13年)、裁判員裁判

裁判員裁判:地裁 大多喜の父刺殺 被告に9年6月判決 /千葉
http://mainichi.jp/select/jiken/saibanin/archive/news/2010/10/20101002ddlk12040139000c.html

彦坂孝孔裁判長は「被告人は統合失調症ではなかった。広汎性発達障害ではあったが、主な動機は被害者への憎しみであり、精神障害との関連はうかがわれない」と指摘。弁護側の「統合失調症で責任能力がなかった」との主張を退けた。

一審は彦坂裁判長だったんですね〜
ていうか、統合失調症かそうでないかって、心神耗弱or喪失の判断に大きな影響を与えるようなんですが、なんでそもそも統合失調症だけ別格なのか、そこが気になります


事件を起こす前の書き込みや、判決報道からも感じられますが被告人はどうも精神的に不安定のようです
高裁の法廷に現れた被告人も、一見して、あ、不安定…と思えるような不安定オーラが出まくっておりました

まず車いすで登場!
そして背中の下の方まである長い黒髪、阿曽さんみたいに伸びてるヒゲ、、、
さらには爪まで伸びていたようです(近眼で見えませんでしたが、同じく傍聴していた今井さんから教えていただきました)

被告人側の控訴で、控訴趣意は責任能力に関する事実誤認、量刑不当(完全責任能力があったとしても重すぎる)です
弁護人は精神鑑定の請求と情状の被告人質問を請求しました
まず被告人質問を行ってから精神鑑定の採否を決めることになり、被告人は車いすを押され証言台の前に移動しました

弁護人「なぜ控訴しようと思ったんですか?」
被告人「髪と爪のこと、ちょっと……あるし、あと、ちょっと、受刑者、なるまで時間、、、ほしかった……髪と爪、ずっと、そばっていうか、なんか、あるから……」

被告人はおおむね声が小さく、言葉にもあまりまとまりがなく、1つの文章を話すのに時間がかかるタイプです
きっと今日も緊張してるのかなぁ…


弁護人「一審との重複できないんで聞くけど、髪と爪を守るために控訴したんですか?」
被告人「それに関しては大事にしてて……受刑者になるのと髪……ちょっとそこ……ん…ま…ま、……」

弁護人「一審判決が出て、厳しい刑でしたね。お母さんについてはどう思ってる?」
被告人「……ま、えっと……差し入れてもらって、読んで……(一審判決後に母親の調書全文を、控訴審担当の弁護人から差し入れてもらったそうです)……まあ、……な、な……ボクの存在…まあ……苦しめてるし……うん、まあ…(ちょっと泣いてる風の声で)…な……な……な……まあ、ずっと……。
 今でも苦しんでんだな、と……ん……この2月に書いた、と……ん……
 読んで初めて、あー、なん、んー、すごい、こう、苦しんでたのか、と……なんか……ん……」

と、このような調子でした

弁護人「今の姿、お母さんに見てもらいたい?」
被告人「会ってないから…5年とか…5年半とか、会ってないから……この姿…ちょっと、見てほしいってのある……」

報道などからは被告人の家族構成が分からないのですが、母親とは何らかの理由で事件当時、別居していたようです

左陪席「お母さんが苦しんでることが分かったと言ってましたが、被害者の父親に対しては?」
被告人「…あんな殺され方するのは、ベストではなかったのかなと……ま、ちょっと…ま…ちがうのかなと」
左陪席「望むところではないと?」
被告人「ま、そういう感じ…」

方や、父親に対してはまた違った思いがあったようです
一審を傍聴してないのでなんとも分かりづらいですが…一審の内容、知りたいなあ…


そして終わった被告人質問、鑑定請求は必要ないと却下されました

09年に逮捕されて11年の現在も勾留されてるとは結構長いですね
拘禁症とかになってるんじゃないか、とちょっと気になりました…
髪と爪伸ばす理由とか、もうちょっと色々聞いてあげてもいいじゃん…とか思っちゃうけど、一審できっとやったんでしょうね…(自分が知りたいだけなんですが)


裁判員裁判って、実質一審制じゃないか?と控訴審を見てると思うときがあります
裁判員に気を使い過ぎでしょう
長岡裁判長みたいに、ちゃんと取り調べしてくれる人なんて、この先もっといなくなるのではないでしょうか…


明日、早起きなのにこんな時間に更新しちまった…!
ではではっ

|

« 野口圭也:取り調べはなく結審、その理由とは… | トップページ | 中小路大輔:最後の1人の初公判 »

家族殺し」カテゴリの記事