« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

加藤智大:悪魔の所行に死刑求刑

ちゃ〜す
しつこいほどの連続投稿で〜す

【被告人名】加藤智大
【日時】201/01/25(火)1330~
【場所】東京地裁104号法廷
【罪名】殺人、殺人未遂、公務執行妨害、銃刀法違反

そして中小路大輔の判決を傍聴した後、色々他にも気になる裁判がありましたが、そちらは今井さんと阿曽山さんにおまかせして(??)私は加藤の裁判の傍聴席抽選に並ぶ事にしました
例によって?いつも抽選でお世話になっている、今井さんにも並んでいただきました(本当にいつもありがとうございます!)

倍率4倍くらいでしたが、なんと当たりました!

久しぶりに加藤、傍聴します〜
といってもこの日はもう論告なんですけどねっ

ところで、メンズサイゾーの記事ですが、
犯罪者に魅かれるオンナたちの心理
http://www.menscyzo.com/2011/01/post_2215.html
この加藤の裁判で常々気になっていた現象について書きました


久しぶりにナカヤマ検事を拝見です!
そして午前でも中小路の裁判に立ち合われていたカジワラ検事!
弁護側にも同じく午前に中小路の担当されていた、サカネ&フジワラ(+女性1名)弁護人!

相変わらずの強烈な美声でナカヤマ検事が論告の文面を読み上げ始めました
被告人も相変わらずの無表情で、体を20度くらい前に倒し、聞いてるのか聞いてないのかってかんじであります

いろいろニュースに出てる通り死刑求刑でした

弁護側は
・被害者の1人に対しての殺意は持っていなかったので、こちらの方への殺人未遂は成立しない
・被告人は、逮捕した警察官が警察官であるという認識をしていなかったので公務執行妨害は成立しない
・何らかの精神障害の影響で、犯行当時心神喪失ないしは心神耗弱の状態だった

と主張していたようです

こちらについては色々と根拠を示し、全て否定されてました

(この論告2時間ちょっとあったので、もうかなり割愛します)

「悩みや苦しみを無視され、マトモに扱ってもらえない事に怒りを感じて、自分の存在をアピールし認めさせようと、大きな事件を起こして、その原因が自分を無視した者、掲示板の荒らしや成り済ましなどにあると思わせ、それらの者たちに復讐したいと思った。
 しかし被告人より苦しい境遇にある人はいくらでもいる。正当化する理由になり得ないことは言うまでもない。
 掲示板で思いやりのない返事がなかった事など、論ずるに値しない出来事」

と動機を一刀両断、「身勝手で自己中心的」と言われてました(その通りです)

ほか、
「休日の歩行者天国を一瞬で地獄に変えた、人間性のかけらを感じる事のできない悪魔の所行と言わざるを得ない」
とか、以前被告人質問でナカヤマ検事が怒りながら質問していた「被害者の痛みを自分のおなかの痛みに例えたこと」や「PTSDになった被害者に理解のない手紙を送りつけたこと」とかも盛り込まれてました
確かにあのやり取りは、被告人に腹立ったもんなぁ…

ところで被告人は公判で、出会い系サイトで出会った女性に股間を押し付けた事を否定したり、恥ずかしいと思う事を否認する事が顕著でしたが、これについて起訴前に鑑定をした医師は
「不細工とかに話の焦点が当たりすぎる事は被告人の本意ではない。〝自虐的ネタ〟と言いつつも悩んでた事は確か。違うと話す部分もあるが、事件と直接結びつけてほしくないという気持ちの表れ」だと判断しているそうで、なるほどと思いました

書面の朗読は検察官が順番に行っていましたが、最後はやはりリーダー格?のナカヤマ検事が立ち上がり、求刑してました
なぜかこのときナカヤマ検事はメガネを外していましたが…近眼の人がメガネしてると近くのモノを見るのが辛いからでしょうか…??

内省が深まっていない事や、重大な結果を引き起こした自覚がないことなども挙げられ、改善は困難だとし、最後は
「命をもって罪を償わせるのが相当であり、それこそが正義」
この一言で締めていました

死刑求刑を出す方も、被告人に対してお前死んだほうがいいよ、って言ってるのと同じなので、キツいだろうなあ…検察官の方々は、そう思わせる沈痛な面持ちでした


裁判が終わってから、なんとなく自分も重苦しい気分になりつつも、調べもののために国会図書館へ急ごうと裁判所を出たところでテレビ局に捕まりました
「加藤の裁判を傍聴されてましたか?話を聞かせてほしいんです」的な感じで押しが強すぎです
「話す事は何もないです!」と言いましたが「様子とかだけでも」と引き下がりません
「私の席からは加藤が見えなかったんで!」と逃げようとしても「いやいやいや…」みたいになりまして
結局ちょっとオシャベリしてしまいました…orz
そして次の日の朝、ズームインスーパーで流れたといいます…
友人らから「観たよ!」と言われてしまい、死にたいです…
イカれた帽子かぶってた上にスッピンで…世間に出せる顔じゃないんです!

なんかテレビの人ってやっぱり本当に苦手です
断ると悪い事をしてるみたいだし、かといって、気の利いたコメントできないと、しらけた雰囲気を醸し出されるしで…
断っても受けても、一方的に罪悪感を感じされられるんだよ!!!!
特に女は、相当な美人じゃない限り、絶対叩かれる存在なんだよ!

テレビはやはり罪深い存在だとおもいます

|

中小路大輔:判決は懲役24年

【被告人名】中小路大輔
【日時】201/01/25(火)1130~
【場所】東京地裁806号法廷
【罪名】営利拐取、監禁、強盗致死、覚せい剤取締法違反、窃盗

連続投稿で〜す

こちら板橋の男性を拉致して山中に放置した結果死亡したという事件、一連の共犯者の中の最後の被告人です

ちなみにこの日10時半から山本剛の控訴審判決があったのですが見逃しました
どなたか判決主文をご存知でしたら教えていただけると嬉しいです

法廷に入ると、裁判員の方々が、1名の女性を除き全員パリっとしたスーツだったので本当に驚きました
しかも黒っぽいです
例の、法廷画家さんが言っていた、判決が近づくにつれ…っていう法則、注意して見ていたのですが、今回目の当たりにしました
癒し系のアーガイルニットを初公判では着ている方もいたのに…すごい変化です
やはり判決は裁判員の方も緊張するだろうなぁ…

主文は懲役24年、未決勾留日数370日算入です

争点の、
・覚せい剤の注射が強盗の機会になされたか
・覚せい剤の注射は横紋筋融解症の要因となったか

二番目の争点は他の共犯の裁判でも争点になってましたが、こちらは両方とも、そうだ、という結論になってました

「覚せい剤で記憶を飛ばすという話は聞いてない」と被告人は主張していたようですが、こちらは他の共犯らが違う認識を持っており、被告人だけがそういう認識だったとは言えない、的な流れでした

被告人の役割としては、、、
そもそも山本が計画立案を行い、千葉グループは従属的な役割だったが、金品を得る目的で、犯行に積極的に加担した。
被害者が逃げようとした際に金銭トラブルを臭わせたり(?)、車のナンバーを見られないようにしたり、被害者に貼ったガムテープに指紋を付けた共犯がいないか確認したり、発覚を免れるための様々な行動を取っている
と、他の千葉グループの面々よりはやや悪質だという認定のようでした

「実行行為に主体的、積極的に関わり、発覚を免れる行為を自発的に行った」という理由で共犯の吉松、増田より重くしたようです
「被告人なりに反省しているが、覚せい剤を打った理由を言えないなど供述しており、内省を深めているとは言えない」
などなど反省も足りないところが考慮されたっぽいです

有利な情状としては
・山本が首謀者。山本との関係においては従属的だった
・山本がヤクザであると考えながらも、殺害を思いとどまるよう説得した

この2点のようです


「社会復帰をするために何をすべきか、しっかり考えて…」

と裁判長から説諭がありました
被告人は泣いてました

思うんですけどハンパないエリートで老後の生活も約束されてるような人に、こう言われても、自分だったらかえって腹が立ちそうです
社会復帰っつっても、この人出所したらおそらく40代前半ですし、そこで社会復帰…って、もう仕事も限られますし、人生においてよほどのバクチを打たないと(発明品を売り出すとか全く新しいビジネスを考案するとか)成功はできないでしょう
一生が終わったな…と思って泣けてくるのかもしれないです


被害者の無念やご遺族のお気持ちなどありますし、たぶん自分が遺族だったらこれでも軽いとは思います、、、

それは一旦置いて、あくまでも判例の1つとして見た場合、なんというか、判決ちょっと重くなってきたのではないか、と思ってしまいました
かつての裁判官裁判時代、判決は8掛けとか言われてまして、この事件だと求刑は懲役25年なので判決は懲役20年かそこらかなと、そういう感じでしたが…
殺害を思いとどまらせたことはもっと有利に働くのかと思ったりしてしまいました…

さらに常々思うのですが、例えば自分の家族が被害に遭ったとして、被害者遺族として裁判に関わるとすると、最近だと損害賠償命令制度とかありまして、被害者遺族による損害賠償命令の申し立てが迅速に行えるようになりました
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji_keiji11-4.html
これで過去、裁判員裁判第一号の被告人には2千万円の賠償命令が下されたりしてます

ただ、被告人には資産のない者が多いので、命令が下されても、その後どうなってるんだろう?ちゃんと支払えるのか?ってすごく気になっています
加えて、刑事の被告人は裁判が終わったら刑務所行きなので、自然、一時的に支払い能力が極端に下がります

刑務所にも行って、損害賠償の支払いも、というのは現実的にかなり厳しいのでは?と推測するのですが…
制度自体は整ってるけど現状、ホントにうまくいってるのか、そこのところ、どうなんでしょう
例えば、ご遺族の意向を酌んで、どちらを重要視するか決めてもらう、とかのほうが、まだ現実的な気がするのであります
もう一生刑務所から出てきてほしくない、っていうのが第一なのか、それとも、大黒柱を失った生活をなんとかしていくために賠償金を、というのが第一か、と順位付けしてもらったほうが良いのでは…
とにかく被告人に苦しんでほしい、という気持ちも分かるんで、今の仕組みも理解しますが、いろいろな裁判でご遺族の尋問などを見聞きしてるとやはり、生活が大変になってしまうご家族もあったりして、ご遺族が今後、少しでも幸せになるためには先に賠償じゃないのか…?っておせっかいながら思ってしまうこともあるんですよね…

あっまたアツくなっちゃいました 暑苦しくてすいません

ではでは

|

相葉勝之:フィリピン人ホステスをお台場のマンションで…

こんばんは!
今日は寒いですね〜

【被告人名】相葉勝之
【日時】201/01/24(月)1315~
【場所】東京地裁531号法廷
【罪名】殺人

今更、月曜日の記事ですが…

【社会】台場のマンションから腐乱した女性の遺体…男を逮捕 - 東京
http://yomi.mobi/read.cgi/newsplus/tsushima_newsplus_1279494792/85-185

逮捕時の報道が産経ニュースのウェブにあったようなのですが、以前も書いた通り、リニューアルに伴い記事が消えてるふうです
被害者はフィリピン人ホステスの女性(41=当時)です

どこかで聞いたような話だな…と思った方は多いと思いますが(多いかな?)、野崎浩もお台場の自宅マンションでフィリピン人ホステスを殺害してバラバラにしていましたよね…
こちらの被告人は、死体損壊は行っていません 殺人のみでの起訴です

30分くらい前に法廷についたら、またもやすごい人だかり!
裁判員裁判は、内容によっては休廷のタイミングでゴッソリ傍聴人が減ることがありまして、たぶんこの裁判もそうだろうと思っていた自分、とりあえず最初から入れなくてもいいや、とあきらめ気分で行列に並んだところ、この日は最後の1人で法廷にすべりこめました!
ふぅ〜
マジで命がけです…

馬ヅラでうつむいて入廷した被告人、裁判員裁判なのに珍しくスーツじゃありませんでした
裁判長は土人?の若園さんです!
わたし、若園さん、かなり好きなんです〜
被告人にも分け隔てないところと(まだ罪が確定していない被告人という立場を考えたら本来はそうあるべきだと私は思います)、休廷のときの対応が不条理じゃないってところが…

起訴状などから分かった事件の概要は…
バツ2で3度目の妻とも別居中の被告人、当時、無職で貯金を切り崩しながらお台場のマンションに居住しておりました
ふらっと入ったフィリピンパブで接客してくれた被害者のことを気に入ります
ほどなく2人は肉体関係を持つようになり、たぶん不倫の仲になったと思うのですが、被告人はかいがいしく送り迎えなどしつつ、自宅でセックスして被害者を自宅に帰す…みたいな日々を送って、事件当時は、月のほとんど顔を合わせていたという話でした

でも被害者の家族が、被害者の帰宅が遅いことで不倫を疑うようになったので、少し早めに帰宅するようになったそうです
事件の日、食事して被告人の自宅に戻りセックスした後、被害者は「1時に起こして」と言い眠ってしまいます
普段ならいつも1時に起こしていたそうなのですが、その日はうっかり横で一緒に寝てしまい、気づいたら3時半でした
「なんで起こしてくれなかったの!」と口論になり、しまいには被害者の怒りも大きくなって「殴ればいいでしょ!警察呼んで、慰謝料もらって、あなたとは別れる」と言い放たれてしまいます
それに激高した被告人が被害者の首を絞めて…

という内容でした

被告人は、被害者を殺害してしまったことを苦にし、手首を切って睡眠薬を飲み、被害者の隣で自殺しようと眠りにつきますが2日後に目を覚ましてしまいました

なんかこういう「あぁ罪を犯してしまったのでオレも死のう」みたいな被告人の自殺がまるっきりうまくいかないのは何故なんでしょう

そして母親や友人に説得されて警察に電話をかけ逮捕、という流れだそうです


割愛しまくりますが、この日は被告人質問までやりまして、水曜にはもう判決が出てるのですが、まだ内容は問い合わせてません〜
好きだった被害者の遺体が腐敗していき悪臭を放ち始めたので、遺体に香水をふりかけたりしたそうです
被告人は冒頭陳述のときも被告人質問のときも泣いてました

しかし「なんで起こしてくれなかったの!」って私も子供のとき、家族に言ったりしたことあるなぁ…
それで殺されてしまったら、私とか何度死んでる事か…

|

リンゴの自販機

こんばんは〜

月曜からいろいろと殺人裁判を傍聴しておりまして、書く事はたくさんできたのですが、ちょっと明日に…すいません
メンズサイゾーの連載のおしらせしようとおもってたのに、なぜか今メンズサイゾーのサーバが混み合っていてリンクもはれませんorz

なので、霞ヶ関のはみ出し情報を…

今井さんのメルマガで知った、霞ヶ関駅構内に突如設置されたリンゴの自販機!
さっそく傍聴帰りの今井さんに案内していただきました!

ニュース検索したらいっぱい出てきました 話題だったんですね!
東京メトロに県産リンゴ自販機
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20110119110142.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f

同商事担当者は「オフィスでの朝食やおやつ代わりに、毎日手軽にリンゴを食べてもらいたい。青森リンゴのPRと消費拡大になれば」と話している。

と、青森のリンゴのPRの一環のようでありまして、写真を見ると分かると思いますがお金を入れて指定のボタンを押す仕組みなのに、全てリンゴでした(皮付き、皮なしが選べるけど…全部リンゴ!)

もっと、サクランボとか、ほしいなあ…
福岡のPR自販機もほしいなあ…明太子とか、いれてほしいな〜
「明太子のPRと消費拡大になれば」とか〜


などなど要望はいろいろありますが、せっかくだから買っていく事にしました!

自販機を見に行ったときにはすでに人だかり(真面目そうな大人ばかりが集まっていました)ができていて、スーツのおじさんたちが大量購入しているところでしたw
自販機で買っては、持参してるビニール袋に詰めまくってますw
大人買いを目の当たりにしました…

眺めていると、大量購入中のおじさんが
「自分、たくさん買うんで先に買っていいですよ」
と自販機を譲ってくれたので、購入です

ジャ〜ン


P1040314_2


皮付きだよ〜!

カットされてるのに変色していないのはビタミンCでコーティングしてるからだそうです(とパッケージに書いてました)
若干不気味な感じですが…味は美味しかったです

明日いっぱい更新します!

ではでは〜

|

傍聴ライフにおける最大の敵(?)、それは学生!

ちゃ〜す

殺人、死体遺棄、死体損壊、業務上過失致死以外の致死系、を主に傍聴している私ですが、金曜日はめずらしく死体遺棄のみで起訴されている女性被告人の初公判がありました
(フツーは殺人とセットになっていることが多い罪名なのです)
なので、もちろんそれだけを目当てに裁判所に行ったとです

すると…なんと法廷の前は長い行列!!!!!!
しかも学生さん(制服を着ている)と引率の先生、合計7人も含まれてます!!!!!

ギャァ〜〜〜


この、小〜高校生くらいの学生さんたちによる集団傍聴は、傍聴人がいちばん恐れる人種です!!!!!!
すごいときには、こりゃ1クラスまるまる全員傍聴してんじゃないか?ってくらい大量に小学生が座っていたときもありました・・・しかも強盗殺人の初公判でです
小学生に強殺見せてどうするんじゃ!窃盗に行ってくれ…!(←超自分勝手)
このように集団の学生さんは神出鬼没、自分の傍聴したい裁判でカチ合うと地獄を見ます
散らばる事なく(高校生くらいになると、クラスの半分くらいに分かれたりもしてるようですが、それでも人数が多いです)とにかく大勢で法廷に来るので「この事件は報道されたし法廷はこれくらいの大きさだから、これくらいの時間に並んでおけば、まあ法廷には入れるだろう」という経験を元にした読みも、全く役に立たなくなるのです!

ロビーに大量の学生さんたちが先生に引率されて整列とかしてるのを目撃したら「もしかして私が今から行く法廷に来るのかもしれない!!」と青ざめ、そりゃもう何をおいてもダッシュで法廷まで走って、なんとか学生さんたちよりも先に法廷に行こうとしてしまいます

で、私はその学生さんたちの集団のすぐ次に並びました…
しかし、死体遺棄のみの裁判っていうのはなぜか小さい20席の法廷でやる事が多く、こちらの公判もそうでして…
列の一番前にはおなじみ、一番に並ぶのが大好きなことや、最前列に座りたがる事や、その他色々なことで有名な男性傍聴人が列を仕切っていました
「学生さんたちまでは大丈夫だよ、後ろの方は入れねーよ!」
と、いつものように上から発言です
傍聴したいのにできそうにない、っていう悲しさと、分かってることを大きな声でわざわざ言われてるっていう面倒臭さが合わさって、もう私は怒り沸騰でした!

まあ、案の定、傍聴席は学生さんたちが入ったところでちょうど満席となり、私はあえなく傍聴席争奪戦に敗退…

この行列の中でたぶん一番、これを傍聴したがってたのは私だと思うよ!!!!!!
(↑思い込み)


閉められた法廷のドアに耳を押し当て、検察官の冒頭陳述を聞きました…(これも入れないときによくやりますが変態ですね)
出会い系サイトで出会った男の子供を妊娠して…というかなり驚きの内容が聞こえてきましたが、この内容的に、絶対満席のまま、途中退席者はでないだろう、と踏んで、30分くらい耳をドアに押しあてていましたが、諦めて立ち去りました…

結局薮伊豆でマズい蕎麦を食べて裁判所を出ました 私は何をしにいったのでしょう
あと5分早く家を出れば良かった…

この事件です
【社会】「便器から人の頭のようなものが見える」…アパート共同トイレに乳児遺体、警視庁が死体遺棄容疑で捜査
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1290490073/l50


引率の先生方!!!
もっと生徒たちをバラけさせてください!!!!
仲良しグループごとに2〜3名とかで…先生は引率とかしなくていいから(その分傍聴席がなくなるんで)!
じゃないと、マジでキツいです…

|

笑いと恐怖は紙一重

ちゃ〜
連続投稿DEATH〜
(↑この書き方w 超〜時代を感じる〜w)

特に何も裁判ネタはないのですが、原稿を書き終えても手が止まらないって感じで…w

そんなわけで地獄の一丁目に引っ越した私ですが、新居でも相変わらず本を読んだりしています
最近の自慢はこの「マージナル」という伝説のムック(?なんですかね)をコンプリしたことです!
http://www.gendaishokan.co.jp/tC1303101.htm
民俗学好き、特にサンカ好きには名の知れた本なのでご存知の方も多いかと思います
「スケベの民俗学」「湿地帯ルネッサンス」とかタイトルもグッときます!

天皇の墓守のルーツとかちょっと気になったりしてまして、ちょいちょい読んでます
そんなことしながらも、改めて電車の中で1冊目から読んでるんですが、いきなり三角寛の娘さんとその旦那さんが講演会的なものに出てしゃべったやつを文字に起こしたものが載ってて、めちゃめちゃ面白いです
次の目玉は、最近亡くなられた朝倉喬司さんと新宮の星・中上健次の対談でしょうか…
しばらく通勤が楽しくなりそうです


あと個人的にものすごく楽しみにしているのは、楳図かずお先生の展示会でしょうか…
http://www.parco-art.com/web/factory/umekowa1101/index.php
この規模の展覧会は…まだ私が福岡で大学生やってる頃、北九州で観たことがありますが、それっきりだったので本当に楽しみです
楳図先生の本は、昔は再販とかされてなくて、古本屋を巡りまくってやっと手に入れたりしてました
で、手に入れると愛蔵版みたいな感じで再販されるんですよね…
マニアの性でそれも手に入れると今度は文庫版が出たりして…もうきりがありません!
そんなわけで漂流教室は2セット持ってます
ちなみにサインも2つ持ってます

そんな楳図先生は数年前NHKの「4コマ漫画入門」で先生をやっておりまして、録画していたものをついこないだじっくり観てみたのですが
「恐怖は笑いに変えやすい」的な事を言っていたのが印象的でした
楳図先生はこれよく言ってますが、確かにそうだよなぁ〜と裁判を見ていたりすると思います
コワイという感情と面白いという感情はかなり近かったりするんではないか…
関根元とかホント恐怖と笑いが混在した存在ですよね…

眠くなってきました〜
また明日

|

中小路大輔:求刑懲役25年

おっとお伝え忘れてましたが今回のメンズサイゾーは
知っておいて損はない 判例の少ないネットによる名誉毀損について
http://www.menscyzo.com/2011/01/post_2187.html
ネットでは誹謗中傷し放題!という記事で〜す
ユキさんが引っ越したのは地獄の一丁目なんですね、と知人にツッコミもらいました…

☆ ☆ ☆

【被告人名】中小路大輔
【日時】201/01/19(水)1000~(傍聴したのは13時半〜)
【場所】東京地裁806号法廷
【罪名】営利拐取、監禁、強盗致死、覚せい剤取締法違反、窃盗

そんなわけで色々と見れない日々が続いたこちらの公判、やっと午後から傍聴できました
前日と、この日の午前のうちに検察官からの被告人質問は終わってしまったようです
情状に関する被告人質問が弁護人から行われました

被告人は公判でいろいろ争いがあるようだったのに、情状の被告人質問では、自分が悪いとしきりに反省し、事件前の交通事故で降りる保険金を、ご遺族にお支払いする旨の供述をしておりました
この保険金は被告人にとって、タイミングのよいラッキーアイテムのように思われます
やはり裁判ではお金をどれくらい払ったかというのは重要視される傾向があるからです
裁判員裁判ではどうなるか、それがちょっと注目ですが…

そして被告人の幸福ではない生い立ちについてなど語られました
(小1で母が死去、後妻と父にいじめられ施設で育ち、中学時代から祖母に育てられる、など)

この不幸な話なども全部拾って責めるのが検察側です
本件一連の被告人らの公判でおなじみのムカイ検事が質問しました

個人的な話ですがムカイ検事って、日刊ゲンダイでお世話になってる方になんか似てて、勝手に親しみ感じてます!

そんな親しみのある?ムカイ検事からは被告人がなぜそこまでして犯行を犯したのかということを長い時間聞かれてました
被告人の動機はやはり金です
そしてなぜ、金のために他人のモノを奪おうとそこまでのことをするのか、ってことについては
「感覚というものが、世間一般の人と違った……まずお金が欲しい……目先のことしか考えられない」と語っておりました

施設で育った事と本件が関係あるのか?と聞かれた際にも
「あると思ってます」
と答え「金欲しい、それが第一になってしまい…」
と、貧困育ち故の金への執着があったかのような供述をしていました

確かに、幼少期に家庭が複雑だったりすると裕福な環境で成長できない可能性は高く、そのため大学までいけなかったりすることは、やっぱりあると思います
大卒でも仕事のない時代なので、中卒、高卒で高収入を目指すには仕事が限られるでしょう
そういう被告人を見るにつけ、貧困は連鎖するんだな〜と感じます(逆に金持ちも連鎖するな〜と思います)

金への執着、あこがれが大きいのは分かるししょうがないとも思います
施設での生活がそれに影響を与えたのもあるかもです
でもそれでなぜ他人を攻撃してまで金を奪おうと思ったり、それがオッケーになってしまうのかは、施設育ちって関係あるのか…?とちょっと気になりました

共犯については「そういった方々と関係を持たない、それが自分の今後の…関係持たないのが一番」
と、共犯に流されたとでも言いたげなことを言ってましたが、それって逆に共犯も被告人に対して思ってるよ、と思います
特に犯行態様が悪い被告人ですし…

ちなみにムカイ検事は、シマダ検事がいないときのほうが落ち着いて公判やってるような気がしました…

いろいろ割愛しますが、求刑は懲役25年です
自分は仕事のため、求刑が終わると法廷を出ましたが…判決はどうなるでしょうか!


ところで法廷画家さんの忘年会でテレビ朝日の法廷画家さんが「裁判員裁判では、審理終盤になるにつれ裁判員の服装が黒っぽくなる」とおっしゃっていたというのは昔書いたと思いますが、こちらの公判でも本当に裁判員たちの服装が黒っぽくなっていて、ビビリました

|

東京地裁の空調事情は…!?

ちゃ〜

本日も昼から裁判所に赴きまして、中小路の被告人質問を傍聴しよう…という予定だったのですが、どうしても傍聴しなければいけない(自分的に)、かと言ってブログにも書けない(自分的に)、という別の裁判が午後イチにありまして、まぁちょっと色々やってまして、その後15時に中小路の法廷に入ったところ、まだ思いっきり弁護人からの被告人質問の真っ最中でありました

アキバ加藤の弁護人コンビ(サカネ&フジワラでしたっけ…)で、汗かきのフジワラさんのほうが延々被告人質問やってたんですが、法廷がものっすごく暖かくて…そして、これまでの別の共犯らの公判を散々傍聴してきたことで知ってる話が多い、というのもありまして…かなりものすごく寝てしまいました…

いちおう眠る前の自分は何かをがんばろうとしていたようで、ペンを持ったままメモしながら寝てて、起きたら手にインクがベッタリついておりました…


だめだ、帰ろう…


ところで、本日の法廷(806)は異様に暖かかったですが、ロビーで今井さんにお伺いしたところ、今井さんが傍聴していた別の法廷も暖かかったそうです
何年か前とか、いつも法廷が寒かったような記憶がありますが…
特に20席の法廷なんか、まだ椅子が白くて金属みたいなヤツで、冬はその椅子が冷たくて、座ると体の芯から冷えましたw

そして、夏はものすごく法廷が暑かったですよね…満席の法廷で汗かいて傍聴してさぁ…ワキガのオジさんとか隣に座ると地獄でした…


冬に法廷が暖かくなったのは裁判員のためなのでしょうか…
ちょっと気になりました
夏も快適になればいいなぁ〜


今日も昼に薮伊豆の蕎麦を食べて、地下を歩いていたら海老蔵の一件でおなじみ、元リーダーの元弁護人wでもあり、鷺谷輝行の弁護人でもあった、藤本弁護士がエレベーター周りをうろうろしてましたw
そんな1日でした…


☆ ☆ ☆


はみだし情報ですが、、、

日比谷公園にある日比谷グリーンサロン、フリースポットがある喫茶店(しかもオーダーしなくても求刑…じゃなくて休憩できる)として霞ヶ関の人々には有名(?)でしたが、こないだ裁判と裁判の空き時間に仕事しようとグリーンサロンに赴いたところ、なんとフリースポットがなくなってました…orz

時代に逆行しとるやないか…!
ネットのつながらない日比谷グリーンサロン…価値半減じゃい…!

霞ヶ関で無線LANが使える場所をもっと探そうと思います、がんばるぞ〜

では〜

|

21歳で母を亡くし、その遺骨を…

ちゃ〜す

「冷たい熱帯魚」で当ブログに来て下さる人が多くて恐ろしいです!
そういえば紅白で「河内おとこ節」出てましたね〜
(河内おとこ節とは、愛犬家連続殺人の風間博子が、被害者の遺体をポッポハウスで解体するときにハミングしていた歌であります)

↓これを解体時にハミングするとは…すごか女ばい
http://www.youtube.com/watch?v=zkPherRET7c

  


1月14日(金)は、相変わらず中小路の審理を傍聴しつつ、この裁判を傍聴しました

嫌がらせで元交際女性方に母の遺骨 男逮捕
http://ameblo.jp/impact-snow/entry-10696970382.html
産経のウェブがリニューアルしてURLが色々変更になったようで、産経ニュースのリンクを見つけられませんでした…

今井さんのメルマガでこちらの裁判情報知りました!
最近はもう殺人以外はノーチェックで今井さんのメルマガに頼りっきりです…非常に重宝しております!(怪しい程の宣伝ですね…すいません)

こちらの裁判はゲンダイに書く予定で、あまり詳しく書きませんが、被告人は母親を乳がんで亡くし、父はすでに母親と離婚していたため、21歳の若さで天涯孤独の身になってしまったそうです

20席の小さい法廷だったので、席取りのため1つ前の裁判から傍聴しました…気合い十分です!
1つ前の裁判は中国人の被告人が仲間らと窃盗を繰り返していた…っていうものだったのですが、この20席の傍聴席に、中国語も日本語もしゃべれる(待合室でバイリンガルってました)方々がたくさん座っておられました
通訳の入った裁判でしたが、通訳なくてもわかるのか〜
どちらの国の言葉もしゃべるなんて、もしかして通訳の方々なのでしょうか…(勝手に想像&尊敬)

遺骨遺棄の裁判が終わって中小路の法廷に戻りましたが、もう終わってました

☆ ☆ ☆

1月17日(月)

そして今日、ちっと午前中から15時くらいまで予定が入ってまして、終わってから慌てて裁判所に着いたのですが…
急いで中小路の法廷に行ったら、今日も終わってました

ショックです…!

でも、うなだれてロビーに降りたら、中小路の裁判をみていたという傍聴仲間から声をかけていただき、ちょっとだけ裁判の様子が知れました
橋本遥が証人出廷したようです
しかし、証言拒否したそうで…本人まだ控訴中だからかな?

火曜こそはじっくり傍聴したいです…

  

と、土曜から始まった「デカワンコ」に阿曽さんがちょっと出演されてましたね!
なんと、激レアなズボン姿で…!
てか男性なのにズボン姿がレアってw
バッチリ録画しました♪では〜

|

中小路大輔:最後の1人の初公判

【被告人名】中小路大輔
【日時】201/01/13(木) 1000~
【場所】東京地裁803号法廷
【罪名】営利拐取、監禁、強盗致死、覚せい剤取締法違反、窃盗

共犯ら大体傍聴しているこの事件…
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100316/trl1003161825007-n1.htm
板橋の男性を監禁し覚せい剤を注射、その後山中に放置したという事案です

先日はこの事件のトップ的な存在とされている橋本遥の公判も終わりましたが、まだ1人、公判が行われてないメンバーがいました
それが今回の被告人、今日が初公判です
公判前整理手続で争ったりしてたのでしょうか?

と、少し遅れて法廷に入ると(なので人定も聞けず、被告人の年齢が分かりません)弁護人席にはあの厄介な裁判でおなじみ、ヒゲの弁護人と汗かきの弁護人がいました
アキバの加藤などでおなじみのコンビです
この2人だから、公判まで長引いたんじゃ…こりゃ争点も面倒くさそうだ…

そして、検察官席にシマダ検事はいませんでした…超ざんねんです!

起訴状の内容などは他の千葉グループの面々と同じだろう、でも争点はしっかり聞きたい、と思い30分遅れくらいで法廷に入りまして、狙い通り争点はバッチリ聞けました

・強盗致死の成立を争う
 被害者への覚せい剤注射は強盗の機会に行われたか
 注射と強盗が時間的、場所的に接着していたか
 犯行を隠そうとする動機が覚せい剤の注射にあったか
・横紋筋融解症は覚せい剤の注射が原因もしくは要因になっているかどうか

事件の詳しいあらまし、共犯などは、過去の記事からご覧いただければと思います
と、最近思うのですが、このように共犯が多かったり、控訴したりいろいろと1つの事件がいくつもの記事にかかるので、インデックスみたいなページを作ってもいいのかなぁ…

どうでしょう?

と、誰からも返ってこないのに問いかけてみました…


被告人はなんか運動部の男性みたいに若くて屈強な感じでした
そして、ニキビ痕がいっぱいありました


法廷に入ったとき、汗かきの弁護人が冒頭陳述を行っていたのですが

「被告人は高校を中退し、内装業などで生計を立てていた。当時、小村と暮らしていました。
 もともと被告人が聞いていた計画、どういうものか。
 山本が『あいつは2億持っている。悪い事して稼いだ金だ。奪っても被害届を出せない』と言っていました。実行に移すが、全くの間違いであることが分かります。アパートに行ってみると、普通の1人暮らし。金なんて、ありませんでした。これ以上金を奪おうとは考えていなかったのです。
 次に強盗致死が成立するかということについて。……」

 橋本遥に言われた山本が、オオタブ橋の上から被害者を落とすつもりになってたとき、必死に止めた、今回の事件で被害者が亡くなるとは思っていなかった。横紋筋融解症はいろんな原因が考えられる。覚せい剤の注射で横紋筋融解症を発症するのはまれ。強盗致死ではなく、保護責任者遺棄致死が成立する……と述べておりました

こちらの被告人は実行犯の中でも、けっこう重要な役割を果たしています
一度、別の共犯者が山本から、被害者に覚せい剤を打つように促されたとき、打った振りをしました
様子の変わらなかった被害者を見て不審に思った山本はもう一度覚せい剤を打つように千葉グループの面々に促します
そこで二度目の(実質一度目の)注射をしたのが被告人です
また橋のたもとまで被害者を連れて行ったとき、被害者の衣服を橋の上からダムに捨てたのも被告人です

千葉グループの他の共犯者らは、懲役23年確定が2名、懲役17年控訴中1名、懲役23年控訴中が1名です
他の共犯者らとの刑のバランスを、と考えると、懲役23年か…?もうちょっと重くするか…?

そんなわけで、いろいろ争いがあるので共犯らの調書はおそらく不同意になったと思われます
今後の審理で共犯らが続々証人出廷する事になりました

で、証拠調べが行われましたが…今まで傍聴してきた他の共犯者らのものと全く同じなので、割愛です…

ところで、このように集団で逮捕&起訴された場合、罪を認めて争わない被告人は整理手続きも早く終わって、裁判も早く終わることになります
争いのある被告人になればなるほど公判が始まるのは遅くなり、もう他の共犯の判決が出てからになることが多いです
となると、他の共犯のときはこう認定したから…とかで、いくら争点があっても結局被告人側の主張が通りづらくなるのではないか…とふと思いました

で、午後から山本の証人尋問があったのですが自分は原稿があり途中で帰りました、すいません!
ちなみに橋本遥のときに証人出廷したときみたいに、証言拒否はしてなかったですwww
あのときの証言拒否、なんだったんでしょう…

|

近藤貴之:髪と爪を守るために控訴した、こんどーム〜ン

こんばんは〜

【被告人名】近藤貴之
【日時】2011/01/12(水曜) 1330~
【場所】東京高裁622号法廷
【罪名】殺人

千葉で発生したネット予告殺人の控訴審第一回公判です

詳細はこちらでご覧ください

ニュー速で殺人予告をし実行→逮捕のこんどーム~ンこと近藤貴之が起訴
http://news109.com/archives/754058.html

2009年の事件のようです
判決は昨年10月、懲役9年6月(求刑懲役13年)、裁判員裁判

裁判員裁判:地裁 大多喜の父刺殺 被告に9年6月判決 /千葉
http://mainichi.jp/select/jiken/saibanin/archive/news/2010/10/20101002ddlk12040139000c.html

彦坂孝孔裁判長は「被告人は統合失調症ではなかった。広汎性発達障害ではあったが、主な動機は被害者への憎しみであり、精神障害との関連はうかがわれない」と指摘。弁護側の「統合失調症で責任能力がなかった」との主張を退けた。

一審は彦坂裁判長だったんですね〜
ていうか、統合失調症かそうでないかって、心神耗弱or喪失の判断に大きな影響を与えるようなんですが、なんでそもそも統合失調症だけ別格なのか、そこが気になります


事件を起こす前の書き込みや、判決報道からも感じられますが被告人はどうも精神的に不安定のようです
高裁の法廷に現れた被告人も、一見して、あ、不安定…と思えるような不安定オーラが出まくっておりました

まず車いすで登場!
そして背中の下の方まである長い黒髪、阿曽さんみたいに伸びてるヒゲ、、、
さらには爪まで伸びていたようです(近眼で見えませんでしたが、同じく傍聴していた今井さんから教えていただきました)

被告人側の控訴で、控訴趣意は責任能力に関する事実誤認、量刑不当(完全責任能力があったとしても重すぎる)です
弁護人は精神鑑定の請求と情状の被告人質問を請求しました
まず被告人質問を行ってから精神鑑定の採否を決めることになり、被告人は車いすを押され証言台の前に移動しました

弁護人「なぜ控訴しようと思ったんですか?」
被告人「髪と爪のこと、ちょっと……あるし、あと、ちょっと、受刑者、なるまで時間、、、ほしかった……髪と爪、ずっと、そばっていうか、なんか、あるから……」

被告人はおおむね声が小さく、言葉にもあまりまとまりがなく、1つの文章を話すのに時間がかかるタイプです
きっと今日も緊張してるのかなぁ…


弁護人「一審との重複できないんで聞くけど、髪と爪を守るために控訴したんですか?」
被告人「それに関しては大事にしてて……受刑者になるのと髪……ちょっとそこ……ん…ま…ま、……」

弁護人「一審判決が出て、厳しい刑でしたね。お母さんについてはどう思ってる?」
被告人「……ま、えっと……差し入れてもらって、読んで……(一審判決後に母親の調書全文を、控訴審担当の弁護人から差し入れてもらったそうです)……まあ、……な、な……ボクの存在…まあ……苦しめてるし……うん、まあ…(ちょっと泣いてる風の声で)…な……な……な……まあ、ずっと……。
 今でも苦しんでんだな、と……ん……この2月に書いた、と……ん……
 読んで初めて、あー、なん、んー、すごい、こう、苦しんでたのか、と……なんか……ん……」

と、このような調子でした

弁護人「今の姿、お母さんに見てもらいたい?」
被告人「会ってないから…5年とか…5年半とか、会ってないから……この姿…ちょっと、見てほしいってのある……」

報道などからは被告人の家族構成が分からないのですが、母親とは何らかの理由で事件当時、別居していたようです

左陪席「お母さんが苦しんでることが分かったと言ってましたが、被害者の父親に対しては?」
被告人「…あんな殺され方するのは、ベストではなかったのかなと……ま、ちょっと…ま…ちがうのかなと」
左陪席「望むところではないと?」
被告人「ま、そういう感じ…」

方や、父親に対してはまた違った思いがあったようです
一審を傍聴してないのでなんとも分かりづらいですが…一審の内容、知りたいなあ…


そして終わった被告人質問、鑑定請求は必要ないと却下されました

09年に逮捕されて11年の現在も勾留されてるとは結構長いですね
拘禁症とかになってるんじゃないか、とちょっと気になりました…
髪と爪伸ばす理由とか、もうちょっと色々聞いてあげてもいいじゃん…とか思っちゃうけど、一審できっとやったんでしょうね…(自分が知りたいだけなんですが)


裁判員裁判って、実質一審制じゃないか?と控訴審を見てると思うときがあります
裁判員に気を使い過ぎでしょう
長岡裁判長みたいに、ちゃんと取り調べしてくれる人なんて、この先もっといなくなるのではないでしょうか…


明日、早起きなのにこんな時間に更新しちまった…!
ではではっ

|

野口圭也:取り調べはなく結審、その理由とは…

【被告人名】野口圭也
【日時】2011/01/11(火曜) 1530~
【場所】東京高裁506号法廷
【罪名】傷害致死

本日は2011年初の傍聴でありますっ

まず薮伊豆でマズい蕎麦を一気食いして、上記裁判が始まるまで簡裁でも傍聴しようと728号法廷に入ったところ、女被告人の傷害だからか、傍聴人がけっこう多めでした
ハローワークの前でピースボートのポスターを貼ろうとした人に殴り掛かったという事件でした
「仕事を探している人が来るところ、ホームレスも多いのにそんな目の前で、不正を働いてる(と被告人は思ってるらしいです)ピースボートのポスターを貼るなんて…」みたいな理由のようです
最終陳述のときも、なんかもうすごかったです
甲高い声で
「ハローワークの窓口でありながら、こんな不正!
 日本人は仕事にあぶれてるんです!裁判官に言ってもしょうがないとは思いますが!
 1月中に内閣改造!公安!法務局!ピラミッドの上の人が不正をやってたら…(メモれず)
 1円で生活してるホームレスがたくさんいるのに、まず日本人を助けなければ!」

ともう、スジが通ってるようで全然通ってないんであります…

「ピースボート以前に、淡路震災とか、献金箱!オオイスミエさんにスギヤさん、裁判するんじゃないって言われた!
 30万、どれだけ大変な金かって!……」

ここで裁判官に「もういいですよ!」と言われ「金じゃないんです!」と叫んでました
求刑は罰金30万円だったようです…

今年もアッパーな洗礼をうけました

そして15時半になり、野口圭也の法廷へ赴きました
「裁判員裁判:傷害致死罪の被告、暴行の因果関係認定し懲役3年--地裁判決 /神奈川」
http://www04.mai.vip.ogk.yahoo.co.jp/select/jiken/saibanin/archive/news/2010/09/20100918ddlk14040281000c.html

野口被告は裁判員法が施行された翌日の昨年5月22日、県内の裁判員裁判対象事件として初めて起訴されたが、解剖時に病死と判断されていたため、再鑑定などで公判まで長期化した。

と、当初は病死と判断されていたようです
どういう流れで病死という判断から傷害致死で立件となったのでしょう…そこが気になります

被告人は37歳とは思えないほどの老けっぷりで、かつての池内楯雄を彷彿とさせる男性でした
ヤクザのオフ着みたいな、ダボッとした柄のセーターにこれまたダボッとした黒いズボン、ヤンキー歩きで登場です
アタマは白髪だらけでした

弁護人はポンパにしてる(弁護人にしては珍しい髪型です)なんだか女優みたいな美女でした
系統で言えば、真矢みきみたいです…
検察官は清水利勝さんという方で、こちらもなんか映画で悪役にでもなりそうな人相の悪い男性でw
仁義なき戦いとかで金子信雄の手下とかになってそうな雰囲気の方でした
見た目だけで言えばドラマっぽい法廷でしたなあ…

で、肝心の裁判ですが、、、、
まず弁護側は事実誤認で控訴したそうなのですが、期限がとっくにすぎた、昨年末に、量刑不当という理由も補充してきたそうです
だけど期限がすぎてるので、それは受け付ける訳にはいかないと裁判所に言われてました

となると、控訴趣意は事実誤認のみになるのですが、弁護側が証拠として請求しているものは(被告人質問および書証)は量刑不当に関するもののみだそうです
控訴趣意に量刑不当は含まれないので、当然ながらこれらもすべて採用はできず、、、、

ということで何も行われず審理は終結しました

もっと弁護人が色々がんばるのかな〜と思いきや、彼女は女優風のクールな雰囲気で、裁判所の発言を淡々とメモしておりました…
最初は事実誤認とか言ってたけど被告人がゴネたのでしょうか…(勝手な想像です)
真矢みきばりのセクシーボイスで被告人に「あきらめないで〜」って言うのかな…(これも勝手な想像です)


久しぶりに今井さんとお茶して帰りました

|

あけましておめでとうございます

どうも〜っ

あけましておめでとうございます
やっと新居のネットも開通し、ほっとしているところであります!

メンズサイゾーは今回も特別編です
強姦事件の8割以上は屋内で発生!! 被害を未然に防ぐヒミツとは?
http://www.menscyzo.com/2011/01/post_2166.html

よろしくで〜す


ところで(古い話で恐縮です)、本ブログをご覧になってくださる方にはおなじみ、原審破棄で有名な長岡裁判官ですが…
http://www.e-hoki.com/affairs/376.html?hb=1
12月31日付で依願退官されたようで、とても残念です

今年に入ってから特に目立っていた、あの顔色の悪さ(土色みたいな黄色みたいな…)はこの依願退官に関係あるのでしょうか、ないのでしょうか…
なんか勝手ながら心配になっております


  

さてさて、みなさまはどんな年末年始を過ごされたでしょうか(これまた今更な話題…!)
わたしはもう引っ越しして片付けたら年末年始が終わりました

この年末まで住んでいた街は戸越銀座だったのですが、お気に入りの定食やさんがありまして
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131712/13062052/
↑食べログに写真もアップされてないwレビューもないwもしかして人気ないのかなぁ…w
引っ越し前日も食べてきました
ここは定食が安くておいしいです

08年の年始には通り魔事件も発生した街でして
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1199522118/
この事件の日、この時間、ちょうど現場近くのマンションに住む友人宅で鍋をするため集合予定でありました
しかし正月ボケの私は部屋で寝ていて約束の時間を大幅に過ぎて目覚めてしまい、焦ってテレビをつけたらニュースで戸越が出てて、えらいビックリした思い出があります
命拾いしました
この現場近くのカステラ屋さんには5〜6年前に強盗が入られました
まぁそんな感じでたまに事件も起こる街でしたが、とっても住みやすかったです
深夜にチャンポン食べにいくと、チャーがひとりでチャンポン食べたりしているのに遭遇したりするのも戸越の醍醐味でありました…
と、思い出話なんかをしてみました
自分は引っ越しちゃいましたが、皆様もぜひ戸越に…


とちょっと関係ない話になっちゃいましたが、裁判の話に戻して…
今井さんのメルマガを読んでいると、ご自分で見た裁判をエクセルで表にまとめていらっしゃるご様子であります
なにげにとっても便利そうなのです
実は私も08年にちょっとやっていたのですが、半年で止まっておりました…
判決主文や裁判体を記載しておけば、後からもパッと探せるし、どう考えてもすごく諜報…じゃなくて重宝するだろうなぁと思い直し、また表にする作業を再開することにしました!
がんばるぞ〜っ
って、続くといいんですけど…

裁判所は今週からまた、通います
今年もよろしくお願いいたします!

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »