« 相葉勝之:フィリピン人ホステスをお台場のマンションで… | トップページ | 加藤智大:悪魔の所行に死刑求刑 »

中小路大輔:判決は懲役24年

【被告人名】中小路大輔
【日時】201/01/25(火)1130~
【場所】東京地裁806号法廷
【罪名】営利拐取、監禁、強盗致死、覚せい剤取締法違反、窃盗

連続投稿で〜す

こちら板橋の男性を拉致して山中に放置した結果死亡したという事件、一連の共犯者の中の最後の被告人です

ちなみにこの日10時半から山本剛の控訴審判決があったのですが見逃しました
どなたか判決主文をご存知でしたら教えていただけると嬉しいです

法廷に入ると、裁判員の方々が、1名の女性を除き全員パリっとしたスーツだったので本当に驚きました
しかも黒っぽいです
例の、法廷画家さんが言っていた、判決が近づくにつれ…っていう法則、注意して見ていたのですが、今回目の当たりにしました
癒し系のアーガイルニットを初公判では着ている方もいたのに…すごい変化です
やはり判決は裁判員の方も緊張するだろうなぁ…

主文は懲役24年、未決勾留日数370日算入です

争点の、
・覚せい剤の注射が強盗の機会になされたか
・覚せい剤の注射は横紋筋融解症の要因となったか

二番目の争点は他の共犯の裁判でも争点になってましたが、こちらは両方とも、そうだ、という結論になってました

「覚せい剤で記憶を飛ばすという話は聞いてない」と被告人は主張していたようですが、こちらは他の共犯らが違う認識を持っており、被告人だけがそういう認識だったとは言えない、的な流れでした

被告人の役割としては、、、
そもそも山本が計画立案を行い、千葉グループは従属的な役割だったが、金品を得る目的で、犯行に積極的に加担した。
被害者が逃げようとした際に金銭トラブルを臭わせたり(?)、車のナンバーを見られないようにしたり、被害者に貼ったガムテープに指紋を付けた共犯がいないか確認したり、発覚を免れるための様々な行動を取っている
と、他の千葉グループの面々よりはやや悪質だという認定のようでした

「実行行為に主体的、積極的に関わり、発覚を免れる行為を自発的に行った」という理由で共犯の吉松、増田より重くしたようです
「被告人なりに反省しているが、覚せい剤を打った理由を言えないなど供述しており、内省を深めているとは言えない」
などなど反省も足りないところが考慮されたっぽいです

有利な情状としては
・山本が首謀者。山本との関係においては従属的だった
・山本がヤクザであると考えながらも、殺害を思いとどまるよう説得した

この2点のようです


「社会復帰をするために何をすべきか、しっかり考えて…」

と裁判長から説諭がありました
被告人は泣いてました

思うんですけどハンパないエリートで老後の生活も約束されてるような人に、こう言われても、自分だったらかえって腹が立ちそうです
社会復帰っつっても、この人出所したらおそらく40代前半ですし、そこで社会復帰…って、もう仕事も限られますし、人生においてよほどのバクチを打たないと(発明品を売り出すとか全く新しいビジネスを考案するとか)成功はできないでしょう
一生が終わったな…と思って泣けてくるのかもしれないです


被害者の無念やご遺族のお気持ちなどありますし、たぶん自分が遺族だったらこれでも軽いとは思います、、、

それは一旦置いて、あくまでも判例の1つとして見た場合、なんというか、判決ちょっと重くなってきたのではないか、と思ってしまいました
かつての裁判官裁判時代、判決は8掛けとか言われてまして、この事件だと求刑は懲役25年なので判決は懲役20年かそこらかなと、そういう感じでしたが…
殺害を思いとどまらせたことはもっと有利に働くのかと思ったりしてしまいました…

さらに常々思うのですが、例えば自分の家族が被害に遭ったとして、被害者遺族として裁判に関わるとすると、最近だと損害賠償命令制度とかありまして、被害者遺族による損害賠償命令の申し立てが迅速に行えるようになりました
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji_keiji11-4.html
これで過去、裁判員裁判第一号の被告人には2千万円の賠償命令が下されたりしてます

ただ、被告人には資産のない者が多いので、命令が下されても、その後どうなってるんだろう?ちゃんと支払えるのか?ってすごく気になっています
加えて、刑事の被告人は裁判が終わったら刑務所行きなので、自然、一時的に支払い能力が極端に下がります

刑務所にも行って、損害賠償の支払いも、というのは現実的にかなり厳しいのでは?と推測するのですが…
制度自体は整ってるけど現状、ホントにうまくいってるのか、そこのところ、どうなんでしょう
例えば、ご遺族の意向を酌んで、どちらを重要視するか決めてもらう、とかのほうが、まだ現実的な気がするのであります
もう一生刑務所から出てきてほしくない、っていうのが第一なのか、それとも、大黒柱を失った生活をなんとかしていくために賠償金を、というのが第一か、と順位付けしてもらったほうが良いのでは…
とにかく被告人に苦しんでほしい、という気持ちも分かるんで、今の仕組みも理解しますが、いろいろな裁判でご遺族の尋問などを見聞きしてるとやはり、生活が大変になってしまうご家族もあったりして、ご遺族が今後、少しでも幸せになるためには先に賠償じゃないのか…?っておせっかいながら思ってしまうこともあるんですよね…

あっまたアツくなっちゃいました 暑苦しくてすいません

ではでは

|

« 相葉勝之:フィリピン人ホステスをお台場のマンションで… | トップページ | 加藤智大:悪魔の所行に死刑求刑 »

荒くれ者」カテゴリの記事

集団」カテゴリの記事