« 北澤優子:ついに被告人質問終結! | トップページ | 鬼束ちひろさん暴行事件の被告人 »

安洋(アンヨウ):「中国で生活か分かりませんがしっかり更生してほしい」by裁判長

メンズサイゾーは虚偽告訴です

不倫相手の出張中にうっかり他の男とセックス、一転レイプされた! 虚偽告訴罪で逮捕
http://www.menscyzo.com/2010/12/post_2076.html

よろしく〜


【被告人名】田中洋こと安洋ことアンヨウ
【日時】2010/12/13(月曜) 1600~
【場所】東京地裁810号法廷
【罪名】殺人未遂

やっと更新が実生活に追いつきました…ひぃ〜

今日はこちら、アンヨウ被告人の判決公判に行って参りました
被告人の身上が気になり、おもわずのめりこんだこの事件…判決のため45分待ちしちゃいましたよ(待合室で)

報道のカメラ撮影が入ったのですが、なぜかどこも報道していません

ちなみに13分遅れで判決は始まりました
裁判員裁判になってから、遅れる事が多い気がします

「懲役1年以上だと強制送還になる。執行猶予を」という弁護人の主張むなしく、主文は懲役8年6ヶ月、未決勾留日数110日算入でした
未決入れたらほとんど8年ですね

言い渡しの間、これまで堂々としていた被告人もさすがにうつむいていました
青いカバーのかかった席に座っている、被告人の近しい人たちと思われる方々も、うつむいております

おおむね、クラブの店員さんの証言が信用できるといわれてました

「左頸動脈離断、被害者は若く、血管に弾力性がある。ハサミの刃は厚みがあり、鋭くない。ハサミは相当強い力で突き刺さったと考えられる」


しかし半田裁判長はいつも判決のとき、何言ってるか分かんないしゃべり方(声が小さいだけじゃなくて、語尾がむにゃむにゃしていて、何を言ってるかホントに分かりません)をするので、7割くらいしか聞き取れませんでした!(怒)
裁判長に近い席の弁護人でさえ、耳元に手をあてて、聞こえないよ、っていうジェスチャーをしておりましたよ!!!!!!(半田さん、気づけ!)

必死で聞き取りさらに身上や被告人の過去が分かりました
前科は平成16年4月、東京地裁で傷害&監禁罪で懲役1年2月だったようです

「被告人は中国残留孤児三世、11歳で来日……(むにゃむにゃ)……親族の中で唯一国籍がない……(むにゃむにゃ)……懲役1年を超える実刑を受ければ強制送還……(むにゃむにゃ)……重大性に照らすとそういった理由で執行猶予を与える訳にはいかない……(むにゃむにゃ)…真摯に向き合ってなく反省が不十分……」

ホント半田さんがむにゃむにゃ言っててよく分かりませんでしたがこういったことを言ってました

ところが説諭のときはちょっと声が大きくなり、若干聞き取りやすくなりました(と言っても他の裁判官と比べて全然です)
「以前、1年2月の懲役刑、更生できなかった…(むにゃ)…家族みんな心配…(むにゃ)…よく分かってると思う…(むにゃ)…今度こそしっかり更生して下さい」


言い渡しが終わると、青いカバーのかかった席に座っていた男性が立ち上がり、右手で拳をつくり、左の手のひらにそれをパシッと当てながら、被告人に何か話しかけていました
その直後、青いカバーの席に座っていた、比較的年齢の高めな女性が、顔を覆って泣いていました

被告人の1ヶ月に及ぶ逃亡、公判での態度は、たぶん強制送還をなんとしても回避したかったからだろうと私は想像しますが、だったら、こんなことをはじめからするな、と言ってやりたいです
素手のケンカにハサミで応戦、油断させて近づいてから首をめがけて突き刺すっていうのは、かなり危険な気がします
後先考えなさすぎなところが非常にコワイです
この、あまり先を考えずに行動する傾向が治らない限り、服役を終えてもまた何かしでかすのではないか、と心配です

|

« 北澤優子:ついに被告人質問終結! | トップページ | 鬼束ちひろさん暴行事件の被告人 »

20代」カテゴリの記事

ケンカ」カテゴリの記事