« 林貢二:耳かき店員殺人初公判 | トップページ | 林貢二:ストーカー気質の人間に共通する違和感 »

佐藤こと土屋聡こと佐藤聡:懲役26年

ちゃ〜す
昨日は眠くて更新もできずに寝ました・・・・今週の耳かき店員殺人裁判はハードです(交付所締め切り時間が)
今井さんのメルマガで「56年の人生で得た語彙にない表情で」林裁判で被告人を見つめていたと書かれ、まんざら悪い気もしてない自分です…グフフ

と、昨日は耳かき店員殺人裁判の傍聴を産経の法廷ライブに一方的に託し、別の裁判を傍聴してきました〜
こちらの元会社役員死体遺棄事件の一味、佐藤こと土屋聡こと佐藤聡(名前変わりすぎです!)の判決です
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/318302/
あまりニュースになってないなあ・・・・しかも判決の報道もありません
法廷は始まるギリギリまで空席だらけでしたが、開廷と同時にスーツの男性集団が入ってきて、少しにぎやかになりました

【被告人名】佐藤こと土屋聡こと佐藤聡
【日時】2010/10/20 1400~
【場所】東京地裁706号法廷
【罪名】殺人等

なんとこちら、事件番号の数字が666だったんですよね
オーメンです
そして検察官がナカヤマ検事&ハラ検事&あと名前知らないけどよく見る検事(シマダ検事とも一緒に法廷立ち会われていたような…)ですよ 大注目ですよ

被告人は相変わらず前から後ろからだんだん薄くなってきている頭髪で、ガニマタのヤンキー歩きをしながら長椅子に座っていました

主文はタイトル通り懲役26年、未決勾留日数570日算入です

以下ざっくりとした説明ですが、二回にわたり、被害者の殺害の実行犯探しを再三求められ、それに応じたという感じです

罪となる事実は
寺岡誠吉、喰田(しょくた)康裕、野崎稔ら他と共謀の上
1: 平成18年9月7日17時頃、江戸川区のタワービルパーキングにて、被害者(66)の顔面を殴打するなどして車に乗せ拉致
2: 同日18時過ぎ、被害者の頸部と頭部にビニールをかぶせ、粘着テープをまきつけ窒息死させた
3: 20時45分頃、富士市の山林に死体を投棄した

みたいな感じです、判決言い渡しは30分の予定でしたが1時間近く続きました
共同正犯が成立するか、実行犯が殺害するということを被告人が認識していたか、というのが争点で、それぞれ成立する、認識していたという判断を下されてました

認定事実は
1)寺岡による殺害計画および中国での殺害
 平成11年頃から親しく交際していた寺岡から被告人は数年後、事業資金や小遣いとして一億円程度の金をもらっていた
 平成17年4月、寺岡から「トチノが多額の金を勝手に使ってる」と頻繁に不満を漏らすようになりエスカレートしていった
 寺岡から実行犯探しをもとめられ、兄弟分の喰田に話す
(略)
みたいな感じで進んでいき、被害者が中国にいるときを狙い、中国のマフィアに殺害を依頼、マフィアからは成功したとの連絡をうけたものの、後日、被害者が会社に出勤してきたため叱責を受けたそうです
で寺岡から「今は不動産取引を成功させるため殺せない」となんだか勝手な都合で殺害計画が中断されました

2)再度の殺害計画
 平成18年4月、再び実行犯探しを寺岡に求められ、喰田に話す(報酬は2千万)
(略)
野崎が引き受けたという連絡を喰田から聞き、寺岡に伝えると、殺害したという証拠になる写真を持ってくるように言われたそうです

3)8月29日、計画と実行
 8月下旬、喰田から「野崎が駐車場での殺害実行は難しいと言っている」と言われた
 それを伝えたところ、自分の会社の敷地内でやるようにと寺岡に言われた
(略)
このあたりでは、かなり綿密に実行犯〜寺岡との間をつないでいました
で結局、この日は会社の防犯カメラを停止できないので中止するように寺岡から言われました

4)1と3の犯行
 9月初め、拉致現場となるタワービルまで喰田を案内し、野崎もそこにつれてゆき、拉致の了解を得た
 野崎の希望である9月7日を犯行日とすることを寺岡に連絡した
(略)そして実行されました

またおもわず丁寧に書いてしまった・・・・

途中から裁判長は被告人をたたせ、言い渡しを続けました
「遺族の処罰感情は峻烈で、慰謝の措置も見込みもない。自己の責任を軽視するかのような不合理な弁解に終始している。しかしながら、実行犯への承諾を取り付けたのは喰田で、野崎が積極的に応じ、他の共犯者を誘い入れ、入念に準備を行い、具体的な計画を立てた。被告人が事件を主導的にまとめあげたとまでは言えない。首謀者的立場と評価することはできない」と懲役26年になったそうです

あれ、求刑って何年だったのでしょう(ご存知の方教えてください!!!!)
どうも自分、傍聴していないような気がする…

しかし、この裁判での野崎の証人尋問は、本当に歴史に残る裁判だったと思います…今年ナンバーワンです
とにかくすごかった!

|

« 林貢二:耳かき店員殺人初公判 | トップページ | 林貢二:ストーカー気質の人間に共通する違和感 »

判決」カテゴリの記事

荒くれ者」カテゴリの記事

金がらみ」カテゴリの記事