« 満席の裁判員裁判で、誰も座ってない記者席を一般傍聴人に開放してほしい! | トップページ | 映画秘宝〜 »

東横線で傍聴マニアに遭遇

ちゃ〜す

金曜も押尾に並びましたが、まあまるで祭りのような騒ぎで、すごい傍聴希望者でした(いかにもバイト&記者さん多数)
そしてあっけなくハズレ…泣きそうです!
押尾とシマダ検事のコラボが見たかった…見たかったんです!

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100917/trl1009171921022-n1.htm
判決は思ったより軽くて地味にビックリってかんじでした
致死が成立しなかったのかぁ…福岡の医者の尋問が効いたのでしょうか(毎度おなじみの勝手な想像)


そんな傷心気分で仕事をしたあと、友人との飲み会に向かうため、渋谷から東横線(特急)に乗ったのですが、、、、
乗り込んだ電車は時間帯がサラリーマンの帰宅時間とかちあったため、けっこう人が多く、わたしはフツーに座席の前に立ってつり革につかまっておりました
右側には、立っている女性と、その目の前で座っている女性の2人組が、向かい合ってトークしてました
と、その2人は満員電車で近況を話し合っていて、座っている女性が立っている女性に「最近何してんの?」と聞いていたのですが、立っている女性は、なんと
「最近、傍聴にハマってるんだ〜」
と発言!

まさかの傍聴マニアに遭遇です!

しっかし…わたしは傍聴にひたすら通いはじめた時期、あまり人前で、傍聴してるという事を言えずにいましたが(基本シャイです)、最近の傍聴マニアはカジュアルなんだなぁとドキドキしました

「誰でも見れるの?」
「うん」
「どんなの傍聴してるの?」
「殺人とか〜?」←仲間!
「そうなんだ〜」
「でも勉強になるよ〜。今は覚せい剤を見てて、常連さんとかと裁判官の話をしたりしてるの。阿曽山を超えるくらい見なきゃ…」←なぜか阿曽さんをライバル視!


東横線下り列車だったのと、会話の内容から、その女性のホームは横浜地裁のようです
この広い東京で偶然傍聴マニアが遭遇、、、もう隣から声をかけたくなっちゃいましたが、田舎のオバさんみたいになりそうだったので(実際そうですが)、我慢して電車を降りました…


自分が傍聴を始めた頃は
「ユキちゃん、そんなとこ行って、大丈夫・・・?」←ついに私の頭がおかしくなったんじゃないか的な雰囲気で
とか
「そんなコワいところに行ってるの…?」
とか、もうヤバい女扱いされていたのですが、やり取りを聞いていると、相手の女性も「面白そう〜」などと言っており、傍聴好きが世間に受け入れられるようになってきたのかなって思いました

ではでは〜

|

« 満席の裁判員裁判で、誰も座ってない記者席を一般傍聴人に開放してほしい! | トップページ | 映画秘宝〜 »

その他」カテゴリの記事