« 小村航:見逃せない弁護人トリオ!&異議! | トップページ | 小村航:やっぱり責めるシマダ検事 »

小村航:弁護人トリオはおとなしく…

ちゃ〜す
仕事から帰って刑事訴訟法を眺めていたらこんな時間になっちまったわい…

水曜も小村航を傍聴しました

火曜日に早起きをしすぎて、水曜は寝坊しました
ゴハンも食べず裁判所についたのは13時10分…世界一まずい地裁地下の薮伊豆でカケソバ大盛りを超早食いし、法廷についたのは13時20分でした…暑い日に熱いソバを早食いしたので汗ビショです
この日も裁判は朝からやっていたのですが、午後は何時からはじまったのでしょう
法廷に入るとシマダ検事が、共犯である未成年の男子(証人)に尋問してて、しかも佳境でした…

ガックリ

やっぱり早起きは三文の得なんだなぁ〜

そして前日に強烈な存在感を放っていた弁護人トリオ、残念ながらこの日はおとなしかったです
私が見てなかった午前中などに見所があったのかもしれませんが…

こちらの弁護人、観察すればするほど人間的魅力が満載で、なんかもう結構釘付けです
たとえば刑事ドラマ風にあだ名つけてみると、、、
訛りのある松尾スズキ系の弁護人はやっぱり「照り焼き」
太ってて『(主尋問の範囲)超えてませんよぉ〜!』の弁護人は、外国の映画とかでピザ食べてそうな風貌なので「ドミノピザ」
あとお一人、声が良いのですが目の下にクマのある弁護人は「帰宅部」
でしょうか…

太った弁護士は、スーツの袖を肘までめくりあげてて、あのやっかいな裁判でおなじみの大熊弁護人と同じスタイルです
ぽっちゃりしすぎていて口が富士山みたいになっております
子供の頃はかわいかったんだろうなぁ〜

なんか、20歳前後の若い被告人って、弁護人がたくさんつくことが多いような気がします

あっそんな弁護人たちのことはここまでにして、小村の裁判の様子ですが、そういや昨日のエントリでは小村がどんな役割をこの事件で演じたかは書いてなかったですね
彼はこの計画を持ち込んだ山本剛と同じとこで働いてて、後の実行犯となる他のメンバー、いわゆる千葉グループに声をかけたんだったっけな、たぶんそうです(違ったら後日追記します)
でもなんと当日、用事ができたといい実行に加わらなかったという男です
でも被害者を拉致、置き去りにしてきたあとに、奪ったクレジットカードで40万を引き出して帰ってきた他の千葉グループらと直後に鴬谷のガストで落ち合い、分け前(2万+立て替え分の1万=合計3万)をもらってます

この人たぶん分け前もらってしまったことが人生最大の後悔になるんじゃないかな…

被告人が仲間に声をかけ、事件前に山本とも一緒に顔合わせしたとき、被害者については「高級マンションと別にもう一つ部屋を持ってる。サイト運営で2億もうかってる。同じマンションに妻とAV女優を住まわせてる」とか説明されたそうです
マンガみたいな話で、到底信じる気にもならないと思うんですが、なんでこんなフンワリした説明信じちゃったんでしょうかねぇ

結局実行の日に同行はしてないけど、いちおうマンガ喫茶でみんなの帰りを待ちつつ連絡を取り合ったりしていたそうなのですが、そのときに「オオタブ橋から被害者を落とすと山本さんが言い出した」と連絡をもらい、それについては電話で強く止めてもらうように言っていたようです

そして本日行われた弁護人からの被告人質問の最後で「今回の事件、自分の責任が重いって分かってますし、判決も素直に受け入れるつもりです。控訴するつもりは全くありません。
ただ、覚せい剤の共謀をしてないっていうのは事実なんで、ソレ信じてもらいたいって気持ちあります」
と言ってました

被告人は認否で、覚せい剤の使用についての共謀は否認してます

いったいどうなんでしょう
この辺の感触が自分じゃまだ分からないので、もうちょっと審理を追いかけようと思います

あっ
ところで法廷にいつも設置されていた記者席について!
昨日は数席ある記者席に誰も座ってないと激怒してましたが、本日の審理ではひとつも記者席ありませんでした
ヒュウ〜
ほんと、「誰も座らない記者席を撲滅したい会」ってのがあれば会長になりたいですね


そういえば今週のおそらく目玉、江戸川虐待死事件ですが
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100929/trl1009291821005-n1.htm
ずっと傍聴券交付の予定のようです
なぜこんなにマスコミが親による虐待事件を追いかけ始めたのかなぁ???
そこが気になります

傍聴人仲間から小耳に挟んだとこによると、傍聴券は定員割れだったのに余った券を配ってない疑惑があるようです
本当でしょうか…??本当だったら話が違う!

明日試してみるか!

|

« 小村航:見逃せない弁護人トリオ!&異議! | トップページ | 小村航:やっぱり責めるシマダ検事 »

20代」カテゴリの記事