« 珍しい不同意堕胎罪を傍聴 | トップページ | 裁判の一番の見どころは… »

判決はどうなる

ちゃ〜

以前も書いた通り、今週は殺人裁判ウイークなのですが、風邪がヒドく今日はお休みして家で原稿を書いております…涙
肝心な時に病気になる性分です…
今日は千葉に行きたいな〜と思っていたのに…え〜ん

ところで千葉ストーカー殺人仲田の裁判長、彦坂さんですね
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20100729ddlk12040079000c.html
彦坂さんはあの昆虫っぽい不思議顔で、かつては清水大志率いる?詐欺グループ仲間割れ殺人の一審公判も担当されてました…


で、千葉ではその仲田やらの公判があった昨日、わたしは個人的にプライオリティ一番高い、とある公判の傍聴のため仙台高裁に行ってきました
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1175720326/l50
被告人は伊藤嘉信!
ブログにこれを書くのはもしかして初めてなのでしょうか…?地味に控訴審を追ってます!
そして途中までの様子は、かのマーダーウォッチャーシリーズ(本ブログ左のリンク参照!)に掲載されています!必読!(って自分で言ってる!)

あらましを書くと…ってものすごい書きづらい話なんですが
小学生のころに近所の親戚(男・今回の被害者です)にフェラチオや肛門舐めをさせられたことがトラウマとなり、大人になって復讐殺人をしたという事案です
模造刀を研いで使えるようにして(ってこの辺すごいですよね)親戚宅に忍び込み、その親戚と父親を殺害、母親にも模造刀を貫通させる重傷を負わせました

性的暴行は一審判決で認定されており、二審では、その性的暴行がどの程度犯行に影響を及ぼしたか、つまり犯行時の被告人の精神にどれくらい影響を与えていたかというところに焦点があてられています
控訴審始まってから一度、裁判所が職権で精神鑑定を行い、その結果は「被告人はPTSD」だというものだったのであります
この裁判、一審判決は無期懲役です
でも双方控訴でして、検察側も死刑にしたいというなみなみならぬ決意があるようです

自分はほかの事件と比較する性分がありまして、前科なしの若年で複数人の殺害(同じ2名)だとほかには志村裕史とかもいるじゃないですか
彼は、被害者との接点が全くない上に金目当ての犯行で無期懲役だったし、となると伊藤へも無期かそれ以下の刑がふさわしいんじゃないかと考えている次第なのです(事情があった上に金目当てではない)
ただ志村との違いは被害者遺族に賠償が行われてないというところです
逆に、この事件は被害者側から損害賠償の民事裁判を起こされて、被告人に2億を超える支払いが言い渡されているという有様です
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d00b.html
ちなみに民事裁判では「やった事に変わりはない」という被告人の心情から性的暴行について特に触れないままだったそうです

なんとなく、やっぱり最後はお金なんだなとシミジミ思わせられます
金持ちだったら罪を犯しても軽い罰ですむ可能性があるような…

前回の公判は数ヶ月前に行われていたのですが、ちょっと自分は用事で行けず、そして、昨日は審理も大詰め、被告人質問でシメという流れだったのですが…
ところが!
検察側が再々度の精神鑑定を請求し、なんとそれが採用され、また公判がストップするハメになりました
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100728/trl1007281714011-n1.htm

長年見ていると、この公判における検察側の、被告人を死刑にしようというやる気は半端ないものがあります

ところで、この公判、人事のせいか、裁判官が3名とも変わっておりました
裁判長は飯渕進さん!
http://www.e-hoki.com/judge/131.html?hb=1
東京高裁にいたんだ〜

http://plaza.rakuten.co.jp/kazuhaya/diary/200509090000/
こんな判決も出されてます

いったいいつまでこの公判続くのでしょう…そして判決はどうなるのでしょう…


金もないのでバスで仙台に行きましたが、この日は死刑執行があったのですね
たくさんの知人から死刑執行のメールが届きました
以前、高速バスで同じように遠方の裁判所に行った時も、同じように宮崎勤に死刑が執行され、いろんな知人からメールが届いて、そのニュースを知りました
自分が高速バスに乗ると死刑が執行されるのではないかと心配になります

そして、夕方まで審理があると思い、帰りのバスは17時半発を予約してたのですが、まさかの20分で終了してしまったので、余った時間で、初めて仙台簡裁の裁判を傍聴してみました
住居侵入罪のジー様です
親の遺産を相続したけど使い果たしてしまい、また兄妹から金をひっぱろうとして、兄妹に詰め寄ったり脅したりしていたらしく、ケーサツを呼ばれて、敷地内に立ち入りを禁止されてしまったのにもかかわらず、敷地内に侵入した、という事件でした
年金は納めてなかったのでしょうか…

その裁判も14時半には終わってしまい、行くあてのない自分は、いつも仙台に行ったとき時間つぶしに立ち寄るベローチェで読書をして帰ってきました…
風邪も悪化しましたweep

みなさまも夏風邪には注意してください…では〜


あ、そういえば不同意堕胎の話を詳しく書くとかいって、またもや、なし崩し…すいません

|

« 珍しい不同意堕胎罪を傍聴 | トップページ | 裁判の一番の見どころは… »

荒くれ者」カテゴリの記事