« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

判決はどうなる

ちゃ〜

以前も書いた通り、今週は殺人裁判ウイークなのですが、風邪がヒドく今日はお休みして家で原稿を書いております…涙
肝心な時に病気になる性分です…
今日は千葉に行きたいな〜と思っていたのに…え〜ん

ところで千葉ストーカー殺人仲田の裁判長、彦坂さんですね
http://mainichi.jp/area/chiba/news/20100729ddlk12040079000c.html
彦坂さんはあの昆虫っぽい不思議顔で、かつては清水大志率いる?詐欺グループ仲間割れ殺人の一審公判も担当されてました…


で、千葉ではその仲田やらの公判があった昨日、わたしは個人的にプライオリティ一番高い、とある公判の傍聴のため仙台高裁に行ってきました
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/court/1175720326/l50
被告人は伊藤嘉信!
ブログにこれを書くのはもしかして初めてなのでしょうか…?地味に控訴審を追ってます!
そして途中までの様子は、かのマーダーウォッチャーシリーズ(本ブログ左のリンク参照!)に掲載されています!必読!(って自分で言ってる!)

あらましを書くと…ってものすごい書きづらい話なんですが
小学生のころに近所の親戚(男・今回の被害者です)にフェラチオや肛門舐めをさせられたことがトラウマとなり、大人になって復讐殺人をしたという事案です
模造刀を研いで使えるようにして(ってこの辺すごいですよね)親戚宅に忍び込み、その親戚と父親を殺害、母親にも模造刀を貫通させる重傷を負わせました

性的暴行は一審判決で認定されており、二審では、その性的暴行がどの程度犯行に影響を及ぼしたか、つまり犯行時の被告人の精神にどれくらい影響を与えていたかというところに焦点があてられています
控訴審始まってから一度、裁判所が職権で精神鑑定を行い、その結果は「被告人はPTSD」だというものだったのであります
この裁判、一審判決は無期懲役です
でも双方控訴でして、検察側も死刑にしたいというなみなみならぬ決意があるようです

自分はほかの事件と比較する性分がありまして、前科なしの若年で複数人の殺害(同じ2名)だとほかには志村裕史とかもいるじゃないですか
彼は、被害者との接点が全くない上に金目当ての犯行で無期懲役だったし、となると伊藤へも無期かそれ以下の刑がふさわしいんじゃないかと考えている次第なのです(事情があった上に金目当てではない)
ただ志村との違いは被害者遺族に賠償が行われてないというところです
逆に、この事件は被害者側から損害賠償の民事裁判を起こされて、被告人に2億を超える支払いが言い渡されているという有様です
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-d00b.html
ちなみに民事裁判では「やった事に変わりはない」という被告人の心情から性的暴行について特に触れないままだったそうです

なんとなく、やっぱり最後はお金なんだなとシミジミ思わせられます
金持ちだったら罪を犯しても軽い罰ですむ可能性があるような…

前回の公判は数ヶ月前に行われていたのですが、ちょっと自分は用事で行けず、そして、昨日は審理も大詰め、被告人質問でシメという流れだったのですが…
ところが!
検察側が再々度の精神鑑定を請求し、なんとそれが採用され、また公判がストップするハメになりました
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100728/trl1007281714011-n1.htm

長年見ていると、この公判における検察側の、被告人を死刑にしようというやる気は半端ないものがあります

ところで、この公判、人事のせいか、裁判官が3名とも変わっておりました
裁判長は飯渕進さん!
http://www.e-hoki.com/judge/131.html?hb=1
東京高裁にいたんだ〜

http://plaza.rakuten.co.jp/kazuhaya/diary/200509090000/
こんな判決も出されてます

続きを読む "判決はどうなる"

|

珍しい不同意堕胎罪を傍聴

どうも〜っ

風邪がとってもヒドいです

今日の東京地裁は大忙し、朝から加藤智大の被告人質問(ついに始まります)、そして15時半から、不同意堕胎罪…と目玉だらけでありまして、早起きすべく傍聴仲間に電話で起こしてもらいましたが、やはりしんどくて加藤は諦めました…
これまでの加藤公判は証人尋問がダラダラ続いていたので、傍聴券は毎回定員割れで、昼からフラフラ行っても法廷に入れたんですが、被告人質問が始まる今日からはもうよほどの事がないと傍聴券はゲットできないだろう…という事情もあり、並ぶのは諦めたところ…やはり250人くらい並んでて倍率4倍くらいだった、と傍聴仲間から報告がありました

傍聴人御用達サイト、産経の法廷ライブによれば、加藤の母親はかなり加藤にイジワルしてたんですね
だからといって加藤がこんなことをして良いという理由にはならないですが、母親の当時のストレスはどういうものが原因だったのか気になりました
傍聴仲間も1人、奇跡的に券を当てて傍聴してきたようなので、後日話を色々聞いてみたいところです

で、15時締め切りの不同意堕胎罪の概要は以下にありまして、慈恵医大の医師が不倫相手との間にできた子供を、不倫相手の承諾を得ずに流産させたという、少し前に話題になった事件であります
(↓なんかこのサイトの色使い、ちょっと怖くないですか…?ドキドキ)
http://2009.itainews.com/archives/2010/05/post-2778.html


こちらも報道がおそらくバイトを相当数雇うだろうと思うので、到底当たらないだろうと予想しましたが、とりあえず並ぶだけ並ぼう、と思っていたところ、友人のフリーライターの方からたまたま「きょう霞ヶ関にいます」と連絡をもらい、久しぶりにお茶することになりました
抽選参加のための頭数を揃えるために必死な私は、お茶する友人にさえも「あとで一緒に傍聴券の抽選に並んで下さい」とお願いし、お茶したあとに一緒に並んでもらったところ…

なんと友人が当てました!(私は外れました)

ヒュウ〜

ありがとうございます!


当たった整理券を私に託し、友人(ツイッターで大人気の畠山さんです)はまたどこかの省庁の記者会見に行くため、消えていきました…


しかしこの不同意堕胎罪、すごい人数の傍聴希望者があつまったのに、法廷は429のフツーの大きさでした
で、けっこうな数の席が報道席にされていたので、一般傍聴席はけっこう少なかったです
っていうか102とか104じゃダメなのかい…?
なんか、のりピーの覚せい剤事件でも、日比谷公園に傍聴希望者がわんさかつめかける事態だったのに、かたくなに1階の大きな法廷を使わなかったし…
罪名によって1階の法廷を使うか使わないかって決めてるんでしょうか?
政治事件と人が死んだ事件だけ1階の法廷、とか…?
「こんな罪名じゃ1階の法廷は使わせられないなぁ〜」的な?
お高くとまってる系でしょうか(想像)


肝心の初公判ですが、書証の読み上げ、そして情状証人(被告人の母親)まで終わりました
次回は被告人質問のようです

報道
http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/200727033.html
法廷画は染谷さん!

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4487666.html
法廷画は根本さん!

不同意堕胎罪は刑法第215条!6月以上7年以下の懲役刑!
http://www.annie.ne.jp/~schim/ultima_ratio/joubun/keiho/229.html

過去、1998年にネズミ駆除剤を混ぜたワインを交際相手に飲ませて同未遂罪で男性が逮捕されたそうですが、不起訴になっています
確かにこの罪名で起訴するのは相当難しいと思います

けっこう上記リンク両方ともくわしく報道されていまして、私が書くことはあまりないですが、

続きを読む "珍しい不同意堕胎罪を傍聴"

|

こんかいのY字路

こんばんは〜
今回のY字路は、あの「自由の天使」金田洋子です
http://www.menscyzo.com/2010/07/post_1565.html

さてさて

続きを読む "こんかいのY字路"

|

山本剛の判決は…

♪つっぱることが男〜の〜
 たったひとつの勲章〜だって〜
 この胸に〜信じて生きてきた〜

きょうはあまりに暑くて、これは夏バテしてしまうのでは…とさすがに心配してしまいました
我が家のネコ(長毛種)もグッタリしております

本日、山本剛の判決を傍聴してきました
ほかの法廷をハシゴしながら、1時間前に何気なく法廷前の様子を伺ってみると、なんとすでに行列が…
夏休み効果でしょうか
それにしてもスゴすぎです
聞けば1時間半も前から並んでいるとのこと…スゴすぎです
夏の傍聴は命がけだということを思い知らされました


山本ですが、主文は懲役28年、未決勾留日数300日算入です

ちなみに、先日のエントリで書いた、千葉グループ未成年のこちらの事件での判決は懲役17年(控訴したらしい)です
未成年で懲役17年って、そういえば数年前に板橋両親殺害事件がありましたが、こっちは未成年で懲役12年(高裁で減刑されました)、それよか重いですね…
さらにちなみに、千葉グループのほかのメンバーのうち、増田と吉松は懲役23年確定です、わたしはこの公判を地味に傍聴したのですが、なぜか、やたらめったら、証拠の画像や映像を傍聴人には見せてくれなくて、真っ黒なモニターを前に延々「○号証…山道の映像です」とかやられて、まったく証拠の内容が分からなくなり、法廷を出たという思い出があります…そんなにプライバシーに関わるような証拠じゃなかったとおもうんだけどな〜
裁判員制度が始まったら傍聴人はもう不要みたいなこの感じ…さみしいですね


http://gameprogramer2ch.livedoor.biz/archives/2299295.html

毎度お馴染み上記リンクを参照いただくとほかにも共犯はいるのですが、中小路、小村、そして橋本はたぶんまだ公判始まっていないと思います
小村というのは被告人と一緒の職場で、千葉グループに声をかけて集めた男なんですが、犯行当日になり「用事ができた」と同行を辞退(本当に用事があったのでしょうか)してます
要領のいい男です

しかし重くてビックリです
こりゃ橋本は今回の山本と同等かそれ以上の刑にならないとバランスが取れないという感じがしてしまいますが、何が起こるか分からない裁判員裁判なので私には全く読めません…
増田と吉松の23年ってのにも驚いたのですが…


事実認定はおおむね起訴状のとおりだったとおもわれます
・小村、吉松、増田、中小路、未成年、橋本と共謀のうえ昨年6月27日20時37分頃、渋谷区道玄坂の路上で被害者に「ホソイさんが管理の人選でお呼びです」と人事の話で上司が呼んでいるとウソをつき車に乗せ発進、げんこつで多数回殴打した
・板橋の被害者方を経由して同日22時5分頃、川口のウイークリーマンション(監禁するために借りた部屋)に連行するため車から降ろすが被害者が騒いだため再び車に乗せ発進、げんこつで殴打し、ガムテープで手足を縛った
その後コダマ料金所から秩父のオオタブ橋経由で翌28日午前4時頃、峠の林道まで、被害者を営利の目的で略取し誘拐した
・昨年6月27日20時37分頃、被害者を車に乗せて発進、逃げられなくした上に脅迫しながらげんこつで多数回殴打、現金9000円、財布、携帯電話を奪い、22時05分頃に到着した被害者方でパスポートを盗取、翌28日午前3時半ごろオオタブ橋で被害者に覚せい剤を打ち、4時頃に林道に降ろした後、被害者に命じて、斜面を沢に向かって降りさせた
被害者は29日から30日にかけ、沢内で横紋筋融解症を発症し死亡した
・小村、吉松、増田、中小路、未成年と共謀のうえ、昨年6月28日の朝、セブンイレブン花園メルシーモール店備え付けのATMで現金40万1000円を引き出した

こんな感じだったかと…
あっ ユルくやっていくと宣言したブログなのに、またうっかり詳細に書いてしまいました
これはもう自分の性分でしょうか…悩

ちなみに横紋筋融解症というのは、

続きを読む "山本剛の判決は…"

|

ひょっとして夏休み…?

ちゃ〜

ゲームセンターCXを観ながら更新しております…

きょうは殺人裁判はなかったのですが、連載の題材ストックのため裁判所に行ったら、なんかとてつもなくロビーにいっぱい人がいて、行く法廷どこも人だらけでびっくりしたのですが、もしかして夏休みが始まったんでしょうか!?

ブルブル…

夏と言えば裁判は少なくなるのに夏休みの学生で傍聴人は激増、そして法廷は暑い、という地獄の季節ですわな!(昨日書いた板野俊哉裁判官のマネ)

8月にあまり裁判所に来なくても大丈夫なように、いまのうちにたくさん傍聴しておきたいところですが、まだ7月なのにこんな傍聴人がたくさんいるとは…
しかも今日なんて、猛暑だったのに…
東京モンは元気ですね…!
こりゃ8月はもっと人が増えるんじゃないか…?ハラハラ


そんな中、地裁の傍聴マニアの方々に混じって、色々見てきました

この日選んだのは、女の公務執行妨害(気になる〜!)と、業務上横領です!
女の公務執行妨害のほうは、大阪の母子寮に娘と住んでいた女性が東京に上京してきて、代々木のホテルに泊まったのですが、ホテル側との認識違いから(被告人は連泊するつもりで、ホテル側は一泊のつもりだった)チェックアウトする、しないでモメて、ホテル側が警察を呼んでしまいました
渋々チェックアウトした被告人、ホテルのカードキーを持ってホテルを出たため警察に後を追いかけられまたモメ、立腹して警察の股間を蹴り上げた、という、今日の天気に負けず劣らずアツい事件でした

続きを読む "ひょっとして夏休み…?"

|

山本剛の求刑は…

どうも〜っ

きょうは昼から山本剛の公判を傍聴しました
いつもこの公判、午後は13時10分とかからで早めなので、あわてて13時頃に法廷の前に着いたら
「午後は14時から開始します」との貼り紙が………

ちょっと焦りましたが、こうやって書いてくれるのありがたいですね!

幸い時間ができたので、その間にまたおむすびを食べました…


そして13時半にもなってない辺りから、なんだか法廷前に傍聴人が行列しはじめたので(今日は傍聴人が多かったです)、私もあわてて並びました
そうこうしていると、仲良しのおじいさん傍聴人が現れたのでご挨拶させていただき、午前に何をやったのか聞きました
午前は被告人の母親、そして被害者のご遺族の証人尋問があったそうです

これまでの公判で証拠として提出されてる被告人の調書には「大学の時は自分で学費を稼いでいた」とあったのですが、母親は「仕送りをしていた」と言っていたそうで、おじいさん傍聴人も「なんだかよく分かんないよ」と言っておられました
どっちがウソをついているのでしょう…

で、午後からの論告弁論で、検察側は無期懲役を求刑しました
(あいかわらずぜんぜんニュースになってないです!法廷には記者も複数人いたのに、なぜなんでしょう…)

志村裕史の事件もそうですが、金目当ての犯行で、こんな風に被害者に何にも落ち度がないっていう事件はやりきれないですね

そのあとすかさず被害者参加人からも求刑が行われまして、そちらでは死刑を希望しているとおっしゃっておられました

そして間髪入れず弁論が始まりましたが、わたしにはちょっと別に見たいものがあるのです
そのためちょっと法廷を離れまして、近所の法廷に移りました
それは!

って煽る程じゃないんですが、この事件に関連している被告人の別件です

http://gameprogramer2ch.livedoor.biz/archives/2299295.html#

こちらに出てる実行犯(千葉グループ)の未成年です(コメント5個目の8番目にカウントされてる人だとおもいます)
なぜか大麻取締法違反で裁かれてて、この日判決です
審理を見逃しました、気づくのが遅かった…
ちなみに、この山本剛と同じ関係では、別の期日ですでに公判は終わってます(判決は後ほど聞いておきます)

こちらの大麻の法廷に行くとなぜか今井さんがいらっしゃいました!

そして判決ですが、懲役4月でした
で、認定された事実としては

自宅に来た警視庁の捜査員に窃盗罪(おそらく山本の事件での、被害者の金品を奪ったという疑いだとは思いますが判決で明らかにはなりませんでした)で逮捕され、自宅の捜索をされたときに、大麻やら吸引具やらが出てきたりしたということのようでした
さらに冷蔵庫からはMDMAが出てきてるんですが、なぜかそちらでは起訴されてないようです

「誘われるままに色々やってたら、とんでもないことになるよ。悪い人たちとの関係を断ち切ってね…」

と裁判長にいわれてました
ほんと千葉グループってちょいワルな奴らが勢揃いだよなぁ…
と思いながらふと検察官席をみると、ナカヤマ検事が座っておりました…!
担当だったとは…審理も傍聴すればよかった…!!!!

判決が終わるとまた小走りでもとの813号法廷に戻りました
慌ただしいです!
戻ると法廷は弁論の真っ最中で
「友人らも〝刑を終えたら再会したい〟と言っており、被告人は善良です」
って言ってましたが、どこをどう見ても善良じゃないよ!
弁論ってトンチきいてますよね…
「純粋だったからこそヤクザに感化された」とかも言ってました 突っ込みどころ満載です
さらには、出所したら社会奉仕をしたいと力説してたんですが、そもそもあんなに金やコネに執着があったからこそこんな事件を起こしたんだからなぁ〜、と、まるっきり説得力がなかったです

そして最後に被告人の言葉ですが

続きを読む "山本剛の求刑は…"

|

かき氷第二弾

こんばんは〜

暑い日が続きますが、そんな日にぴったりなのは、かき氷!
またかき氷記事第二弾が掲載されました〜

「東京の“こだわり”かき氷5選 part2」
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/992

本当はほかにも数軒、気になるお店がありましたがそこは「8月になったら氷始めます…」などとアバウトな感じだったため、ざんねんながらまだ取材できず、載せられませんでした…。
もしかしたらいずれ何らかの形でまた載せることになるのかもしれません。

また補足ですが(氷友達の情報によれば)十条の名店「だるまや」の生イチゴシロップは現在品切れらしいです…ただ、こちらの氷は全て美味しいのでぜひぜひ。

今回は、氷好きがこうじて交流させていただくようになった氷友達であり、氷好きなら知らない人はいない有名ブログ「トーキョーウジキントキ」管理人のあやのさんにコメントをいただいております。
その他の氷友達からも情報をいただけて今回の記事ができました。ありがとうございます。

続きを読む "かき氷第二弾"

|

Y字路と3連休

ちゃ〜

連続投稿ヒュウ〜

日曜更新のY字路は岡本千鶴子!
「【裁判傍聴】平塚5遺体事件 生きている人間より死体の多い部屋」
http://www.menscyzo.com/2010/07/post_1544.html

傍聴して6年目になりますが、訳あって、3月末まで(5年間分)の延べ傍聴回数を数えてみたところ、718回でした
で、そのなかでダントツトップに怖かった女が岡本千鶴子です…

よろしくです〜

   ←小休止的な絵文字

みなさま3連休は楽しくお過ごしでしょうか?
自分は今日休みだということをギリギリまで知らなくて、どうしたらいいか分からなくなってますw

とりあえずあまり体調はよくないので、おおむねゆっくりしていました


平日は夜遅いからあまり料理しないんですけど、休みの日は料理をしたりするのが気分転換になってて、たくさん料理を作ったりしてみています
食べるの大好きです

普段はもうあまり料理本とか見ないで作りますが、最近、ひさしぶりに「この本の料理はイケル!」と思ったものがあるのです!

ジャ〜ン

よしながふみさんのマンガです
ひょんなことから読んだらフツーに話も面白くてハマったんですが、このマンガは家庭料理(?)をゲイのカップルの料理係のほう(弁護士)が作るシーンが必ずあって、まぁその料理が分量とか厳密じゃなくて、しかも簡単で美味しそうなんです
いくつか試してみたらやっぱり簡単でおいしかったです
分量が厳密じゃないから自分好みにアレンジできたり、食材足したりとかもして、またそれも楽しいですよ〜

ではでは〜

|

被告人のキャラが分かりづらい裁判員裁判

ちゃ〜

暑いですね〜

更新遅くなりましたが金曜日も引き続き山本剛を傍聴しました
最近、いくつか法廷を移動して複数の裁判を傍聴する事が多かったですが、久しぶりに1日じっくり傍聴してみました
そして奇跡の午前から傍聴…!

この日は証人尋問(被告人の友人)と、ハイライト・被告人質問でしたが、なんかどこかにも書いたり言ったりしたことがありますが自分は裁判員裁判だとなかなか被告人のキャラが理解しづらいです…
単純に時間的な問題があるとおもいます(以前のように長期間の審理を行わなくなった)

ま〜それでもこちらの被告人、なかなかキャラが立ってたので、若干は性格を認識できたかな…?という感触ですが…

ま〜とにかく話が長くて言い訳がましい男でした!
被告人質問の最後で「じゃあ一言事件について今の気持ち、言いたい事があれば…」と裁判長に促されてから、一言どころか延々しゃべり倒して、ノート1枚消費しましたからね…!!!!!

しゃべりすぎです

「今…ボクは、言われたように、謝る事すら…謝る事すら!……それすら、そんなの聞きたくないという風に言われてしまう…それだけ自分のした事が、とてつもなく大きいという風に思ってますしぃ〜(その後も延々続く)」

↑そして、芝居がかってます
ちょい泣きしながら言ってました

で、被告人の言ってる「謝る事すら聞きたくないと言われてしまう」ってことについてなんですが、こちらは被害者参加の裁判でありまして、検察官の後ろに被害者のお父さん、そして被害者側の弁護人が座っていまして、いつも傍聴しているのです

公判に先立ち被告人は被害者のご家族に、謝罪の手紙を送ろうとしたのですが、拒否されているという経緯があります
また同時に350万(だったっけな)の示談も申し入れして、断られてます

っていうか強盗致死で示談にしようっていう甘さが、ご遺族の神経を逆撫でするってことに気づいてないところもすごいんですが、この被告人の空気よめなさっぷりはまだありまして、
弁護側の立証の場面で、その「ご遺族に送ろうと思って断られた」という手紙を弁護人が読み上げたのであります

「読みたくない」っつってご遺族が拒否した手紙を、ご遺族のいる法廷で読み上げるっていう無神経っぷりなのです
そんなわけでご遺族にとって耳にも目にも入れたくなかった被告人の謝罪の手紙の内容が、ご遺族の耳に無理矢理入ってしまったのです…

そして、被告人質問の最後の方に被害者参加人として被害者のお父さんが尋問をしたのですが、そのとき被告人にその事を問いつめ「あなたの謝罪は聞きたくなかった!あなたに求めるのは死刑なんです!」と立腹、当然です

で、最後に裁判長から被告人に対して、何か一言、と促されたとき「謝る事も許されない…」って言った、という流れです

けどご遺族はそれすらも聞きたくないだろうな〜って思うんですけどね…
しかもむしろ、謝る事を許されてないということに対して、いささか被告人は不満に思っているかのような言いぶりなので、こりゃ心証悪いです(個人的に)
さらには被害者のお父さんのお名前を、弁護側は間違えていたというビックリなミス…まぁこれも相当心証悪いでしょう(おそらく裁判員にとっても)

被告人は法廷でこのように何度も謝罪を口にし、または「それすらも許されない」と言って憂鬱ぶってたんですが、個人的にはこの被告人、かなり裏表あるかな〜って思っちゃいました

続きを読む "被告人のキャラが分かりづらい裁判員裁判"

|

きょうも強盗致死裁判

ちゃ〜

今日締め切りのY字路原稿で取り上げる事件は、けっこう資料が膨大で、時間がかかりそうです…
おたのしみに!

そういえば、昼に裁判所地下の本屋さんに行ったとです(唐突な九州弁)
そして雑誌コーナーを眺めた後、ふと書籍のコーナーを見たら…自分の本がありましたっ!!!!!
むかし、本が出るときに地下の本屋さんに持って行って、「あのう、本を置いて下さい…」っていったら一瞥されて「ダメだね」っていわれたことがありまして、かなりのトラウマとなっておりました
そんなこんなで、地下の本屋さんに行くのも怖くなって(っていうかムカついて)近寄らなかったんですが、地下にコンビニができて本屋さんもキレイになったころから、おずおず通い始めてみたのです
こんなことになっていたとは!
阿曽さんや今井さんの本もあり、おぉ東京地裁の傍聴人を応援してくれてるのかなぁと、勝手に思って、なんだかうれしかったです
でもさ〜 一言「置いたよ」って言ってくれれば…
昔、地下に入ってた本屋と、いまの本屋、同じなんですかね?ひょっとして違うんですかね?


で!先日から購読を始めた今井さんのメルマガなんですが、報道をみて傍聴したい〜!と思っていた、福岡県警の警部補が改造拳銃を所持してたっていう裁判の記事が載っておりました!
さっそく、購読していて良かった…と思う出来事でありますっ!
(個人的に、このような拳銃所持、爆発物所持&製造なども追いかけたいと思っている所存です…が体がついていきません)


そして今日も昼から山本剛の強盗致死裁判を傍聴してきました
法廷そばの待合室でおむすびを食べていたのですが、待合室におまわりさんっぽい人がたくさんいました(なんか雰囲気がカタギじゃないですよね、おまわりさんって)
この事件もおまわりさんがたくさん傍聴してるのでしょうか…
こんなにおまわりさんが待合室にいるなら安心だとおもって、荷物を置いて(盗まれないだろうと…)トイレに行ったりと、ついついのびのびしてしまいました

今日も実行犯たち、そして被告人の友人で一緒の職場で仕事をしていたという男性(超イケメン)が証人として現れました


裁判員裁判って、裁判長がまず法廷にやってきて、合図を出してから被告人や証人(勾留されてれば)の手錠を外し、それから裁判員が登場します
なので、裁判員は手錠をかけられている状態の被告人を見ません
予断のない判断をってやつでしょうか
だけど、法廷じゃ被告人は勾留されてれば手錠をかけられてやってくるもんだってのは、もう周知の事実なんじゃないでしょうか
わざわざ見せないのも、ありのままの司法の姿を裁判員だけに見せてないようで、自分だったら、バカにしてんのかって思って狂犬みたいになってしまいそうです
裁判員だけに見せないってのが、なんかヤラシいです
だったら法廷に被告人を入れる前に、ドアの向こうで手錠と縄を外してしまえばいいのになぁ〜
なんかコレ、矛盾してるとおもうんですよ…うまくいえないですが、つまりまだ判決が下されてない状態の被告人に手錠と縄をかけることは良くない事だとホントは認識してるんだ、いう裁判所のアピールのような…

そんな裁判員制度への愚痴はここまでにして、本日午後からはシマダ検事の尋問はありませんでした…
しかし相変わらず、手際の悪い質問をする弁護人たちに異議をカマしまくっており、痛快でありました
なんかこの事件の弁護人、尋問がヘタですね…

で、きのう色々、拉致した人間にシャブをウツ事の目的について書いたけど、今日起きて、やっぱちょっと違うかもっておもいました

続きを読む "きょうも強盗致死裁判"

|

強盗致死裁判で2年ぶりの尋問傍聴!

ちゃ〜

傍聴した日は極力更新してみようかと…
記事を、霞っ子ブログの最初の頃っぽいスタイルに戻したので、気軽に更新できていけるのではと思います…

昨日知ったのですが、今週末は3連休だったのですね
で、そんな連休のおかげでゲンダイの締め切りが早まりまして、サラリーマンに身近な裁判を今日中に探さなければならなくなりました
通常はもうちょっと余裕があるのですが、今日は余裕なしです

焦りのせいか、奇跡の11時台に裁判所に着き、開廷表からなんとなく『サラリーマンに身近』そうな裁判をピックアップ…
だけど殺人裁判も傍聴したい、そんなわけで、今日の午後は自分の見たいものをみながら、いかにサラリーマンに身近な裁判を探すか、というハードルの高い時間を過ごしました
小さい裁判はなかなか、いきなり追起訴入ったりすると、ガックリしますよね…
そんな事態は避けたいです
昼ご飯を食べながら今日の動きを決めました

まず午後イチ!昨日傍聴した山本剛!
板橋の男性を拉致した強盗致死事件です
裁判員裁判ですが、約1名の裁判員の方がおもいっきり首に巻き物してました…いいんですかね?
傍聴人はダメで、裁判員はオッケーなのかな〜

事件のことに戻りますが、この事件、ニュースソースが少なくないですか?

と、そんな中、強烈に詳しいウェブページ(ニュースサイトじゃないですが)を発見!
http://gameprogramer2ch.livedoor.biz/archives/2299295.html#
なんでもここのサイトによれば被害者のお兄さんがvipperだったらしく自分でスレを立てた、っていうのが取り上げられてるのかな…?
(2ちゃんの知識があまりないので間違っていたらスイマセン)

プロフで写真も見れて情報満載です!

しかし〝山本容疑者が「中村さんがインターネットのサイト運営で稼ぎ、2億円持っているといううわさを聞いて奪おうと思ってやった」と供述〟ってやっぱりアホですね
どんなサイト運営したらそんな儲かるのか、ホント聞いてみたいです
山本はシンクロニシティという会社の従業員だったと、このサイトによればそうらしいですが、その会社、どんな仕事するところなんでしょう…

といいつつも本日の最優先事項は、サラリーマンに身近な裁判を探す事なので、書証読み上げとかだったらすぐ法廷を出ようと思っていたのですが…
なんと昨日書いた、あのシマダ検事が証人尋問やっちゃってくれました!

ヒュウ〜

最後に傍聴したのは2年前の志賀耕二の被告人質問だったっけ…まさかまた見れると思わなかったので感慨ひとしおです!

この日やってきたのは、実行犯の、当時未成年だった男の子でしたが、や〜相変わらずキレのある尋問でした!ピリッとしますね、ピリッと!

シマダ検事といえば、荒くれた集団のコロシとかの公判を(実行犯〜主犯もろもろ)担当する事が多く、主犯クラスの被告人が否認やら不同意やらしてて、で、正直に話しててもう公判も終わってるような実行犯とかが証人で呼ばれるってのがよくある展開なんですが、、、(細かい設定で意味分かんなかったらすいません)この裁判もまさにそんなパターンですね
そして、なぜかそういう荒くれた事件の実行犯が、主犯クラスの公判の法廷に証人として現れると、その実行犯、シマダ検事に深々お辞儀したりしてたんですよ…
古くはフィリピン保険金殺人の稲垣弘二とか、モロにそんな感じでしたが…

今日の証人もそうでした!

荒くれ者たちをことごとく手なずけるシマダ検事…!!!

で尋問もテンポよく進み、ちょっと証人が「あ〜そこは記憶があいまいで…」みたいに言おうものなら
「推測で言わなくていいですからね〜」と注意!

相変わらず、推測でモノをいうことを嫌うシマダ検事!

弁護人が反対尋問?でおかしな質問しようものならすかさず立ち上がって「異議ッ!」!
懐かしい!

相変わらずナイフみたいに尖りまくってます!


ってこんなにシマダ検事について詳しく書いてますが、コレを読んで下さった何人が共感してくれるというのでしょう…!

とにかく健在のようで大満足でありました


シマダ検事の良さはここまでにして、事件の事についてですが

続きを読む "強盗致死裁判で2年ぶりの尋問傍聴!"

|

金がらみデー、そして一方的な再会!

ちゃ〜

今日は会社の仕事仲間?のみなさんと夜にビアガーデンに行く予定だったので昼からがんばってお仕事してまして、中抜けっていうんですかね、ちょっと仕事を抜けて曽根貴九一の控訴審を見に行きました

法廷に入ると別の事件の控訴審判決をやっていて、軽度の知恵おくれの被告人が「アイツらに悪口を言われてる」と思い込み投石した、という事件で有罪(控訴棄却)になっていました
思うんですけどね、こういう感じでひっそりと、精神的に危なそうな被告人やら、軽い知恵おくれの被告人やら、無名の人々がアッサリ有罪になってますけど、これ、もっと話題になった事件だったら、精神鑑定とか、どうなるんだろうってしょっちゅう考えちゃいます
事件発生時にいかに世間の耳目を集めるかが精神鑑定の採用やその行方を左右するところが若干はあるのではないか…とさえ思ってしまうほどです
もともと精神遅滞のあるこの被告人があっさりと責任能力アリで有罪、で、カオリンはもともと精神遅滞もないけど、あんだけ精神鑑定ガンガンにやって、しかも結果が割れたり…なんか納得がいかないです
精神鑑定にこぎつけ、そこで責任能力に問題ありという減刑へのパスポートを勝ち取ることっていうのは、案外、ゴネ得みたいなところもあるのかなぁと思ったりしてしまいます


本題に戻りますが、
曽根貴九一の事件、検索しても自分のブログばかりが出てくるという…(特定の事件でこういう事態がけっこう多くて個人的に難儀します 皆様にもご迷惑おかけしてるのでは…すみません)
2ちゃんの過去ログ?的なやつに詳細が載っておりました
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1170558025/

調べによると、貴九一容疑者は1日正午ごろ、ていさん宅を訪ね、金を無心したが、断られたことに腹を立て、持参した金づちのようなものでていさんの頭部を十数回殴り、殺害した疑い。阿部容疑者は現場に居合わせ、直後に貴九一容疑者から渡された現金数万円を自宅で焼却した疑い。

 貴九一容疑者は容疑を否認。阿部容疑者は「(殺人事件に関係した現金なので)怖くなって焼いた」と供述している。

「怖くなって焼いた」って…w

そんな香ばしいこちらの事件、一審(静岡地裁)の頃から弁護人はたくさんいて、無罪を勝ち取るために頑張っているのですが(こちらの裁判は弁護人も個性豊かで見応えがあります)、この日もあれこれ取り調べ請求を出しており、いまだ続く弁護人たちのガッツを感じました
が、後々行われると思っていた被告人質問、弁護人のほうから「被告人はだいぶ記憶があいまいになってきてしまい…」と、被告人の年齢的なもののせいか、時間の経過のせいか、現在の被告人からはあまり聞くことは得策でないと思ったようで、弁護人は被告人質問をしない、と言い出しました
残念です

たしかに、一審のときから記憶がおぼろげっぽい(それとも老人の特性をフルに活かした芝居なのかは分かりませんが)ですし…


そんなわけで審理は証拠整理であっという間に終わりました…
関係ないけど曽根貴九一の事件、一審からいらっしゃるヒゲ生えた弁護人、超かっこいいですよね…


そんなこんなで中抜けしたはいいけどあっという間に目当てのものは終わり、会社へ戻ろうかと思っていたところ、曽根の法廷で会った顔見知りの傍聴人に「まだ山本やってると思うよ」と教えてもらいました
山本とは!現在地裁でやってる裁判員裁判であります!

続きを読む "金がらみデー、そして一方的な再会!"

|

きょうのY字路

や〜先日「アウトレイジ」観てきましたよ…喜劇かな、あれは…

今回のY字路はこちらです
「消化器とマヨネーズを郵便ポストに噴射...... SMの女王様の一途な恋」
http://www.menscyzo.com/2010/07/post_1500.html

よろしく〜

そして昨日、本をいただきました
「攻撃現代百物語 新耳袋 BOOK1 」

以前、

続きを読む "きょうのY字路"

|

ひさしぶりの北澤優子

どうも!
原稿を3本一気に書き上げ、すがすがしい気持ちの真夜中です

やっと風邪がだいぶ治ってきました…
歳をとると治りが遅いよね〜(自虐的発言)

きのうはシー・シェパードの判決公判で、裁判所にはアブナそうな傍聴人がたくさんつめかけていて怖かったです!

そしてなんと今日は、あの北澤優子の傷害致死裁判がひさしぶりにありました!
北澤優子…ご存知でしょうかっ!
ケロヨンクラブというオウムの分派とされている集団が起こした事件で、修行中の信者を竹刀で叩きすぎて殺してしまったというものです
傍聴を始めた年(2005年)からすでに審理をやっていて、被告人の体調不良により、前回の公判は去年かそれくらい昔でした
超スローペースで進んでいるのです
その驚きの修行の内容や、被告人質問の様子は「霞っ子クラブ〜娘たちの裁判傍聴記〜」に詳しく載っております!

↑この表紙なつかし〜

そしてなんとウィキペディアに「ケロヨンクラブ」の項目ができています!
びっくりです!
http://ja.wikipedia.org/wiki/ケロヨンクラブ

他にも、全国各地の神社巡りを行っており、1996年9月には宮崎県の神社から歴代天皇の肖像画を盗んだ容疑で逮捕されている。

って、何がしたかったんだい…!


で、公判は、きょうも被告人質問だったのですが、弁護人が変わってお
りました
ていうか弁護人が変わったと気づいたのは法廷に何人いたことでしょう…
そして被告人は保釈されておりました

続きを読む "ひさしぶりの北澤優子"

|

Y字路

こんばんは〜

今回のY字路は、なつかしのNHK集金人の元妻傷害致死事件!
http://www.menscyzo.com/2010/07/post_1469.html
シマダ検事が大活躍していた公判でしたね〜

と、先週傍聴したものなど、いろいろと書きたい事はありますが、すいません先週から風邪を引いてしまっており、もう少し回復したらまた更新します・・・
なかなか熱が下がらないので肺炎になってしまったんではないかと焦ったりしておりました(肺炎じゃなかったです)
自分はウガイと手洗いけっこう徹底してる方だから風邪は引かないと過信しておりました…
みなさまも風邪にはお気をつけ下さい

ではでは〜

|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »