« 一瞬人間になった加藤、それを見てニヤける報道 | トップページ | コロコロ変わる東京地裁警備法廷の方針 »

Y字路2回目とか

そしてメンズサイゾー連載第2回目は、
「動機の見えない放火殺人」
http://www.menscyzo.com/2010/05/post_1301.html

実はいつか本にしたいと取材をしていたのですが、結局こちらに書きました
熊谷の放火殺人です
こちらも有名事件なので伏せ字でも分かってしまうかと…

更新は日曜だそうです
おそらく「社会」カテゴリhttp://www.menscyzo.com/society/
上に上がっていくようですので今後ともよろしくお願いいたします


ところで、また最近読んだ本ですが(本ばかり読んでるんじゃねーよと罵られそうですが)
なぜだか読んでいなかった「徳島ラジオ商殺し事件」

殺人事件史とかの本でチラッと読んではいましたが、まさかこんなに気の毒な事件だとは知りませんでした!
わたしの無知ぶりを笑って下さい!

殺されたラジオ商の内妻であり、自らも傷を負った身でありながらなぜか疑われ懲役13年の判決を受けてしまった茂子さん…
ネタバレですが(っていうか事件にネタバレも何もないですが)、何度もめげずに再審請求を行い、ついに徳島地裁が再審を決定したときには、すでに茂子さんは帰らぬ人となっていた……
っていう死ぬ程気の毒な話です!!!!!
http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage115.htm
逮捕から有罪判決、そして二審のところあたりの気の毒っぷりが見ていられなくて読むのに難儀しました!

上の書籍では再審を決定したあたりで終わっているのですが、1985年に無罪判決が出ております
で、真犯人についてもこの本では触れられていないですが、それについて色々と取材している書籍もあるようなので、読んでみようと思います

しかしこの本では当時の徳島地検の恐ろしさにビックリさせられました
公判で検察の意に沿わない供述をしたり、調書と違うことを言おうものなら、裁判所の外でその関係者を待ち伏せして、即、偽証罪で逮捕したとありました
正義の名の下に動いているはずの検察がアンタッチャブルなヤクザみたいなことになってます

あとこの本では当時の法廷の中の写真なども掲載されており、現在の裁判所との違いを見るっていう意味でもなかなかヨイ資料だと思います
現在は法廷の映像は出るけど被告人は絶対映さないですが、当時は被告人のいる法廷を写真撮影できたんだなぁ、とか…

そういえば今日、ひさしぶりにアクセスログを見ていたら

「82歳で勃起するのは異常か」
っていう検索ワードでブログを見に来て下さった人がいたことが分かりました…

個人的には異常じゃないと思います…!

ではでは〜

|

« 一瞬人間になった加藤、それを見てニヤける報道 | トップページ | コロコロ変わる東京地裁警備法廷の方針 »

お知らせ」カテゴリの記事