« 連載が始まりました〜 | トップページ | 東京地裁11階の職員は… »

横浜港バラバラ殺人

また更新が滞っておりましたが、、、しかも古い情報ですが、、、、
先週月曜はこちらの判決を見に行っておりました

「横浜港の2男性遺体:3被告に有罪判決--地裁 /神奈川」
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20100518ddlk14040247000c.html

麻雀店の経営をめぐり、男2人が殺されバラバラにされ、横浜港で見つかったという事件であります
こちら、まだ主犯&実行犯クラスは公判前整理手続き中でして、今回は、実行犯に誘われて、地元岐阜から上京、ホテルでの監禁の見張りと、バラバラになった遺体をホテル客室から車に運ぶ役などを手伝わされた3人の公判であります
審理も見ていましたが「東京でちょっと手伝ってほしいことがある」的に誘われてみたら殺人と死体遺棄の事件に巻き込まれた、という感じで、少し気の毒でした
とくに、三田っていう被告人はすごく正直に話してるように思えましたが、意地悪な検察官に「調書にはこう書いてありますが?」みたいに、能力のない検察官が使う常套句で責められており、こちらも若干気の毒でした

法廷はいつも岐阜から来たと思われる関係者の方や、被告人の友人(たぶん)らで満席でした
で、この判決の日もそうだったんですが、この3人クラスの罪で、なんと主文が後回しだったんです
ギリギリ実刑か執行猶予かっていう事件だったので、関係者の方々はハラハラしていたことと思います…
30分くらい引っ張って、やっと主文が伝えられましたが「懲役3年、未決勾留日数○日を算入…」とかいかにも実刑っぽい言いっぷりだったので、実刑なのか…?と私までハラハラしましたが、最後の最後で「この刑の言い渡しから5年間…」と執行猶予判決…
法廷は泣いている人もおりました

こちら、関係者1人はまだ逃亡中の事件だそうですが、今どこにいるのでしょう…

|

« 連載が始まりました〜 | トップページ | 東京地裁11階の職員は… »

荒くれ者」カテゴリの記事