« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

殺人等:加藤智大 あの弁護人にあの検察官、そして微動だにしない被告人(1/2)

別れさせ屋・桑原武の記事がやたらアクセスが多くて、怖くなっています…

【被告人名】加藤智大
【日時】2010/02/01 1330~
【場所】東京地裁
【罪名】殺人、殺人未遂、公務執行妨害、銃刀法違反

 第2回公判!!!!
 初公判であっけなく券を外した私は、まったく期待せず、メガネも持参せずに交付所に並びました。が、こんなときこそ当たるもんですね。そんなわけで当たってしまいました!
 104号法廷なのに、一般傍聴席はまだ59席と少なめです。報道がすごい多いようです。

 ご存知、08年6月8日に秋葉原で発生した事件です。7人が死亡し、10人が負傷しました。概要は以下で。
http://ja.wikipedia.org/wiki/秋葉原通り魔事件
http://sankei.jp.msn.com/court/12696/crt12696-t.htm
 産経新聞がお馴染み法廷ライブで詳細に伝えてくれておりますが、自分も忘れないように更新してみます。

 被告人は黒いスーツにワイシャツと、フォーマルな装いで登場です。背は低く、頭はボウズがちょっと伸びた感じで、なぜかソリが入ってるようなオデコでした。
 初公判の法廷ライブでは「メル友女性に顔写真送ると返信途絶え…」とか書いてあったので、少し容姿に注目してしまいましたが、全然ブサイクじゃなかったです。なぜそんなに容姿を気にしていたのか、不思議になるほどでした。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100128/trl1001281154011-n1.htm
 取り返しのつかないことをしたと思っている被告人の常か、顔は魂が抜けたように無表情、少し前のめりで座り微動だにしないその様子は、昨年の同じ頃公判をやっていたほっしーこと星島貴徳を思い出させました。

 この日は初公判の続き(らしい)証拠調べの残りと、証人尋問です。まずは甲号証の読み上げが始まりました。アキバの各店に設置されていた防犯カメラやビデオから、被告人や被害者が映っているものがピックアップされており、時系列で報告されていました。被告人が車を運転し、その後車を降りて歩いたルートもそれらの証拠から明らかになりましたが、被害者が映っているため、途中で傍聴席からも見えるモニターが消され、全て見る事ができませんでした。

 と、だいぶ経って気づいたんですが、この読み上げをしている検察官がなんとナカヤマ検事でした!!!
 ナカヤマ検事とは!
 静岡地裁で曽根貴九一の公判を担当しており、その後東京地裁に異動してきた検察官であります!東京では、毎回朝早くからの傍聴券裁判で、朝が苦手な私が全く見れなかった、やっかいな殺人裁判などもあれこれ担当されていたようです(フンワリした説明で恐縮です)。この傾向、おそらく特別公判部ではないでしょうか…(違っていたらすいません)。
 で、ふと弁護人のほうを見ると、吉井誠のときの弁護人!
 なんか役者が揃っている感じです。一筋縄ではいかない裁判の予感であります。
 しかしナカヤマ検事、昔は色黒で黒光りしていたのに、なんか色が白くなっていて、しかもパーマっ気のある髪型になっており、ちょっと残念でした。

続きを読む "殺人等:加藤智大 あの弁護人にあの検察官、そして微動だにしない被告人(1/2)"

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »