« 殺人:仲島弘将 「執行猶予にしてもらえんかねぇ」という祖母の願い空しく…(3/3) | トップページ | 殺人:塩原健 たまには普通の痴話げんか殺人 »

記事の書き方

ここ数年、ブログをアップするのにやたらと時間がかかるようになりました

自分なりに色々と原因を考えてみたのですが、2つあって、1つは私の耳やら手やらが慣れてメモがたくさんとれるようになったこと、そしてもうひとつは、殺人裁判は公判前整理手続きに付され集中審理が行われる事が多くなったことが影響しているのではないかと思うのです
1つの裁判のメモの量が、外部的な要因と内部的な要因とで増大したのは、メモを整理していて明らかなように思います

そんなわけで1つの裁判を見ても記事にするのに何日もかかってしまうようになりました

で、あれこれ考えて、時間がかかっても詳しい記事をアップしようと決めて、そうしてきたのですが、それだとせっかくのスピード感が失われてしまうことも、やってみてわかりました

なので、またアレコレ考えた結果なのですが、当分、1つの裁判がどんなに長くても、エントリを4つとか分けずに、1回の投稿で完結にしてみることにします
霞っ子ブログの最初の頃みたいに、日記っぽくなるのでしょうか…自分にも分かりませんが頑張ってみます

そんなのやだ〜、いままでどおり詳しく〜、という方はメールいただければなによりです
(その場合はまた考えます)


とりあえず、10月からの裁判の分、順次こんな感じでアップしてみようとおもいます
よろしくおねがいします〜


追伸:そういえば先日、産経の噂の法廷画家さん、今泉さんにお会いしてきました
http://sankei.jp.msn.com/photos/affairs/trial/091109/trl0911091205002-p1.htm
伊藤ガビンさんの日記に全てが書かれておりますが、わたしもその下にちらっと小さくコラムなど書かせていただいております(ホント恐縮です)
http://dailyvitamins.jp/2009/11/4906/
お会いできて光栄でした!

|

« 殺人:仲島弘将 「執行猶予にしてもらえんかねぇ」という祖母の願い空しく…(3/3) | トップページ | 殺人:塩原健 たまには普通の痴話げんか殺人 »

お知らせ」カテゴリの記事