« ハートフルスポット東京拘置所 | トップページ | 困ったよ〜 »

放火とか:本山淳子 コロシじゃないけど気になる事件

明日早いのに、全然眠れません!
眠くなるまでブログを更新してみようと思います
しかも近眼だけど裸眼で更新…この無意味な挑戦のため、誤字脱字が多くなる事必至です!

ところで、あんだけ書いといてナンですが、自分、実は、禁煙は18時間くらいで終わっております
ハハハ…アハハ…
友達にゴハンおごらなきゃ…

---
【被告人名】本山淳子(旧姓 河崎)
【日時】2008/09/17 1330~
【場所】東京高裁 506号法廷
【罪名】窃盗、有印私文書偽造・同行使、詐欺、建造物損壊、現住建造物等放火、住居侵入

下川竜太、伊藤賢作(ともに控訴審1回で結審)、そしてタスポでの承諾殺人などは、飛ばします…!
この事件、あまり詳細がわからないのと、被告人がちょっとパンチあったので、なんだか結構気になっております。
詳細ご存知の方、いらっしゃったら情報いただけると非常にうれしいです。

かろうじてネットで拾えた逮捕時の情報はこんなところです(いちばん下にある記事です)。
http://blogs.yahoo.co.jp/mohane5812001/37235692.html
男と共謀して人の家やら車やらを燃やしてます。
しかもスーパーの駐車場で窃盗で逮捕、けっこうな暴れん坊です。

動機はなんだったんでしょうか。

被告人は30代後半だと思うんですが、年齢よりも全然若くて可愛い女性でした。
ロングヘアにセントジェームスのボーダーT、デニムという、フランス系ファッションです。

ふと裁判官を見ると、あの不気味な裁判官、服部さんがいました!(ずっと前に地裁にいた人です)
おお~働いておられる・・・(超失礼)
トイレ入ったらちゃんと手とか洗うのかな~・・・(超失礼)

裁判が始まると、まず被告人の親戚が証人出廷して今後の監督を誓っていました。
そして間髪入れず弁護人からの被告人質問が始まりました。
被告人はけっこう喋るタイプです。

「一審、12年という重い判決でしたが、判決を受けた後、どのように反省しましたか?」
「一審のとき〜、検事に、現実感がないんじゃないかと言われました。12年は重く受け止めてますが、ワシヤマ(共犯)と不倫したのが大きな過ちだったと思っています。彼の言動が怖くて、怯えても、もっと冷静に対応すれば良かった、もっと早く警察に相談すればと、甘さ、弱さを痛感し、反省してます」

共犯とは不倫して、脅されて火をつけたというような話なのでしょうか?

「あなたと共犯者との共謀が認定されたことに不満があるようですが…」
「言いたい事は上申書の通りです」

上申書の中身が気になります!

そしれ、さきほどの証人の家で新しい人生をスタートさせれば、自分のことや事件のことを知っている人間もいないので、うまくやっていけるというようなことを言っていました。

検察からの質問です。
「あなた被害者に弁償は?」
「こつこつ返していきたい気持ちは変わってないです。出所してすぐ働いてからと。今、具体的にって、ちょっと思ってないんですが…」
どうやらまだ全く返してないようです。

「全ての被害金額は聞いてないけど、多額なのは分かってます。全額は無理ですが、コツコツ返していきたいと…」
そして全て返す気もないようです。

左陪席裁判官からの質問になりました。
「あなた、ワシヤマに『新聞に載るようなことをしよう』と言って、水族館の水槽に農薬をいれたんですよね。あなたの求めに応じて、彼は行動に移した。あなたに、彼が執着しているのを認識してて、彼はあなたに気に入られたいと思ってやったんですよね。あなたも、彼は自分のために行動してるって分かってたんじゃないですか?」

この質問、気になる…!
水槽に農薬…?なぜでしょう?
ずいぶん奔放な女性です。。。

「思い込みでやってると思ってました!私は喜んではいませんでした」

本当に奔放です。

「彼が思い込みでそういう行動をするのを分かってたんじゃないですか?」
「分かってました」
「なぜ、次から次へそういうことを持ちかけたんですか?」

コレに対する答えはよく分かりませんでした。

「松本の家への放火も望んでなかったんですか?」
「はい。火をつけるとか、殺して埋めるとか、そういうことは望んでないです」

ヒィ〜気になる発言だらけです…
この事件は一体なんなんですか…!

「しかし、事件後のメールで明らかに非難してますよね」
「そうです、松本が私に熱を上げて、すごい悔しくて…」
「しかし、そのようなメールじゃないですよね。
『あーあだね。しぶといよね。憎まれっ子世にはばかるだよね』って…」

殺害目的で火をつけたようです。

この質問についても、なんだか適当な感じではぐらかしておりました。
印象としては、一筋縄ではいかない被告人といったかんじで、やったことも、このやり取りから想像するに、男を操って殺害目的で放火したようで、けっこう荒くれております。

先月29日に判決でしたが、自分は別の裁判で行けずじまいでした。
このやり取りを見ると、おそらく棄却だとは思いますが、聞いておきます…

この事件、一審の様子をご覧になられている方がおりましたら、ぜひ情報お寄せいただけるとうれしいです。
とっても気になります。国会図書館で調べるか…。

|

« ハートフルスポット東京拘置所 | トップページ | 困ったよ〜 »

その他」カテゴリの記事