« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

飯豊一家殺傷控訴審

日付変わりましたが、この控訴審初公判を傍聴してきました
今年は仙台に行く事が多いです

「飯豊一家殺傷事件の控訴審初公判開く(山形県)」
http://www.rab.co.jp/nnn/news887502.html

↑私はどこにいるでしょう…

裁判長の志田さんは若林一行の裁判も担当されてます

なんだか色々考えてしまう裁判でした


仙台は、もう冬の寒さでした
冬の上着を着ていってよかったです
でも、この日の公判は割と長く続き、バスの時間がせまってきたので途中で法廷を出ました
仙台に来た日は、駅に向かう途中にあるドトールで野菜ジュースを飲みながら一服する、というのが唯一の楽しみなのですが、今日はそれもできずにバスに乗り込みました…


傍聴記は今しばらくおまちください

|

阿曽さんが働いている姿を…

今日は傍聴を終え、新宿で、とある素敵な男性と待ち合わせて、お笑いライブに行きました
つ〜か今日の傍聴は死体遺棄の証人尋問だったんですが、証人がマジ声小さくて途中で法廷を出ました
喫煙所でお会いした顔見知りのおじいさんも激怒しておられました
ホント、何言ってるか全然わかりませんでした!


ライブはこんな感じのモノです
こっそり阿曽さんのライブを観ようという魂胆です

「第157回 すっとこどっこい」
http://www.okw.co.jp/schedule/10.html
このライブは定期的に行われているらしく、前半ではブレイク寸前的な芸人がたくさん出るようです
阿曽さんは後半に出ておられました

チャンス大城とか、テレビで観た事あるような人も結構出てました!
でも、チャンス大城って、ナン持ってるけど、ナンと言えば恋のバカンス、竹中直人の「ナンの男」ではないでしょうか?
軽いパクリだということに本人は気付いているのでしょうか…?

わたしは、ダブルネームというコンビが結構好きです
http://my26.ti-da.net/c115433.html


あ〜ダブルネーム超おもしろい…と思っていたころに阿曽山さんが登場し、裁判ネタを繰り広げていらっしゃいました
働く阿曽山さん、裁判所にいたときと同じ服装でした


帰りは素敵な男性と思い出横町でお食事など…
傍聴したい裁判の日時がかぶっていた時は、どうやって選択するのか、など、本当にマニアックな話をしたりしました…
あとは私がこれからやりたいと思っていることや、霞っ子クラブでやりたかったこと(野望)など…その男性は感心しておられましたが、かなり無謀な計画です


では、これから旅に出ます

|

週末の霞ヶ関

土曜と日曜にジュンスカを見に霞ヶ関に行きましたが、裁判所はひっそりとしていました

081026_152301

でも、各省庁、チラホラ電気がついていたりして、働いているご様子でした
おつかれさまです

日比谷野音って、ホントに裁判所から近いんですね
阿曽山さんいるかな〜と思って、日比谷グリーンハウスをパトロールしましたが、いませんでした
日比谷公園はテキ屋とかいっぱい出ていて、普段のひっそりした公園とは全然違うかんじになっていました
なんだか不思議なかんじです
そして、隣の席の子と仲良くなって飲みに行ったりしていました
コロシとは無縁の週末です


週末に更新するとか言っておきながら、すっかり滞っておりました またがんばります
更新の前に会社の仕事を優先しなきゃいけない状況になっているので、更新頻度が若干下がるかとは思いますが…


あっそういえば木曜日、ゲンダイに取材記事がまた載りました
今度は検察庁のゆるキャラたちです
各地の検察庁に電話かけまくってご迷惑おかけしました


また近日中に〜

|

殺人等:渡辺純一 「中心人物?そりゃ伊藤さんです」(2/3)

http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/13-8f30.html
こちらのつづきです

ひきつづき弁護人からの質問が続きます。

伊藤は「紹介者(4人を詐欺グループに紹介して来た人間)にケツふかせる」と言っていて、よく分かんないけど何に責任を取らせるのかって思っていた、また、NさんとIさんがひどく怪我をしていたので病院に連れて行こうとしていた、仕返しや発覚は考えてなかった(中国マフィアに頼まないと文句も言えない奴らが復讐したり通報したりはないだろうと思った)などと述べていました。

謀議の話になりました。
阿多が「もうやるしかない」と殺害をほのめかす供述をしたあとに「処理はどうすんだ」と聞き返しますが、この意味について尋ねられたところ
「できもしないことを、イキガってやってると思ったんで」と言っていました。
「誰がやるんだ、殺しはカタギのやることじゃないだろ」と尋ねた事についても
「死体処理や場所が決まっても、殺しはおかしいだろと思いました」と述べてました。

あくまでも殺害に話を持って行くつもりはなかったという意図のようです。


次はヒルトンで伊藤にキレたときのことです。
家で寝て、起きたら、清水が死体の処理について動いていることを内妻から聞きます。
出頭辰巳に頼んでいるようです。
辰巳を放っておいたら、グループの中でいいように使われてしまう、引き上げさせないと、という思いと、ちょうど呼び出しを受けた後だったので、ヒルトンホテルに行ったそうです。
Iさんが死んだと連絡を受けた後だったので、ホテルの部屋はお通夜のような状態なのではないかと思っていたけれど、
「伊藤がバスローブ着て、豪勢な高級ホテルのルームサービスを想像してもらえれば分かると思うんですけど、4〜5人前の料理がずらっと並んでて〜、で、談笑してるんで、何考えてんのかと思って怒鳴りつけました。いい加減我慢できなかったので、『夜中に呼び出して何なんだよ、下の人間いいように使ってんじゃねえよ!』って」

被告人はこのヒルトンホテルのこと、相当怒ってるみたいで、この公判の途中なんども「伊藤がバスローブ着て〜」と言ってました・・・
あくまでも純一から見たら、伊藤は元・上の立場の人間で下の人間をこきつかっているというような印象だった様子です。

序列については

続きを読む "殺人等:渡辺純一 「中心人物?そりゃ伊藤さんです」(2/3)"

|

本日の移動距離は

一体何キロだったのでしょう
キロで思い出しましたが、量の多い定食屋に1週間通ったら2キロも太りました


相変わらずほとんど寝ずに、朝から水戸へ行って参りました
無事、三上静男を傍聴した後、駆け足でスーパーひたちに乗って霞ヶ関へ…
この時点でだいぶグッタリしております
いつものように警備のオジさんと軽く手を振り合ったりして、元気出しました


そして15時から岡本千鶴子の控訴審判決を傍聴です
岡本千鶴子は、泣いてました
でも、いつも泣くので、特段変わった出来事でもないかもしれません

目当ての裁判どちらも無事に傍聴できてホッと胸をなで下ろしていますが、さすがに、今日は本当に体力使っちゃいました〜

疲れてしまったけど、でも今日は裁判所で意外な方から話しかけられ、イイ日でした
ある意味、記念日です!
忘れないように書いておこうと思います
とりあえず、裁判所に嫌われてはいないようだと分かり(多分)、ホッとしています


傍聴記更新は土日になる予定です〜

(・o・)ノ

|

エコバッグ☆ゲット〜

起きたら11時半…また寝坊したうえに、とっても珍しいことに、いつも乗る電車が人身事故で、裁判所に着いたのは結構いい時間でした
今日は目当ての殺人裁判がない日なので、自分にとってオフのようなそんな日です

普段見ていないわいせつ裁判など見てみようと思い、法廷前に行くとものすごい行列…一瞬であきらめ、放火の初公判法廷に入りましたが、昨日と同様、ものすごい暑さです
前に座ってるおじさんなんか、顔に大粒の汗が光っていました
日本の秋とは思えない温度です!
「あちぃ〜」とため息まじりのつぶやきが、どこかから聞こえてくるほどに暑いので、早々に法廷を退散しました

なんか、裁判員制度用の改装が終わった法廷ほど暑いような気がします!

その後は地下でオムライスを食べたりお茶を飲んだりと、くつろいだだけの1日でした


何をしに行ったのでしょう


その後は友人と来週の予定をチェックするために総務課へ行くと、段ボールが積まれていてその中にバッグがたくさん入っていたので「これは何ですか」と尋ねてみました
エコバッグですよ、と教えてもらいましたが、裁判所も時流にのってエコバッグなんて作っちゃったんですね

「そのバッグはどこでもらえるんですか」と欲望丸出しで尋ねてみたら、いただけてしまいました
やった〜♪


ロビーで今井さんに自慢すると、オレももらいに行こう、とつぶやいておりました

081023_013901


ロビーに戻ると、スーツ姿の若者集団がいました
今まで見た事ないほどの大人数です
60人くらいはいるようです
今日、裁判所が混み合っていたのは彼らのせいでしょうか…?
見学のようですが、みんな若くて、坊主頭です
自衛隊か…??警察の卵か…?
気になったので尾行してみましたが、正体は分かりませんでした


裁判所に戻って喫煙所でくつろいでいると、阿曽さんがいらしたので、ちょっとオシャベリしたりしました
阿曽さんも私と同様、ジュンスカが好きなようです
週末は2daysで日比谷野音ライブがあるので、お互い、土日も霞ヶ関に来るようです


その後は久しぶりに取材を受けました
傍聴マニアとしてのお話を伺いたいようでしたが、自分はただの殺人マニア…あまりお役に立てたのか分かりません
「肩書きは何にしましょうか」と言われ、う〜ん、傍聴マニアとしての取材だから…と考えに考え、モジモジしながら「一般傍聴人代表…」と答えましたが、却下されました
取材は受けるよりも、やるほうが楽しいなと思います


そんなかんじで久しぶりの取材を終え、すっかり夜になった頃、会社にたどりつきました
会社の人とオシャベリしていたら「高橋さん、絶対早起きできないでしょ」とズバリ指摘されてドキッとしました
「いっつもメール送ってくる時間が変だもん!」と言われましたが、そう言われてみればいつも明け方に仕事メールを送っています
もっと朝型にしたいな…


と思いながら家に帰ったものの、久しぶりの友人からスカイプに誘われ、2時間もオシャベリして、こんな時間です
友人には「これからのユキは悪女を目指すのよ」としきりに言われました


あてもなく今日あったことを書いてみましたが、ホントにつまらないですね…


明日は始発で遠くの裁判所ですが、ホント大丈夫でしょうか…
がんばるぞ〜

|

殺人等:渡辺純一 被告人質問(1/3)

執念で更新です!

【被告人名】渡辺純一
【日時】2008/10/21 1330~
【場所】東京高裁 715号法廷
【罪名】傷害致死、殺人(認定罪名 傷害致死、殺人)、死体遺棄、傷害、逮捕監禁致傷、逮捕監禁、監禁

千葉の架空請求詐欺グループの殺人事件、グループのリーダー的な立場だった渡辺純一の公判です。
一審の時の様子はこちらなどで…
http://bc.kasumikko.com/?search=%C0%B6%BF%E5%C2%E7%BB%D6
また、伊藤たちの公判は本ブログ左の検索窓から名前を入力したり、カテゴリ「仲間割れ」などからお探しください。

ちなみに一審のときの書いてない傍聴記はそろそろかきます。。。
何年越しでしょうか。。。
清水と純一の、家族の証人尋問は、泣けます。


下のエントリに書いたように清水とは分離され、この日は純一だけの公判です。
「純一さんは、清水さんより勝る事はあっても劣る事はない」by鷺谷…
「純一さんは、さしたる理由もないのに暴力を振るったり覚せい剤をやったりしていたので関わりたくなかった」by伊藤…
ここまで共犯が恐れる男とはどういう人間なのでしょうか…


被告人質問という山場のときなのに、傍聴券交付所は見事に定員割れでした。
むしろ、純一の発言を聞くことは、この事件においてかなり重要なのではないか…!?
そう思いますが、なんか、どう考えても初公判のときより傍聴人が少なくなっているような気がします。
ちょっと寂しいかんじもします。

荷物を預けて法廷に入ると既に被告人は座ってました。
カジュアルなかんじの、チノパン生地のジャケットに、黒いズボンと、その犯行の恐ろしさとは裏腹に服装はいつもカワイイです。
いつものようにキョトンとした感じの表情で座っています。
あの、私の心をなぜかとらえて離さない、業を背負った感じの不思議系弁護人も健在です。

そんな竹内弁護人から質問が始まりました。

「ヒルトンホテルやNKビルで、伊藤らに3人の殺害を命じたとは認められないと一審判決の認定で…あなたの主張を聞き入れてくれた形ですね」
「ハイ」

続きを読む "殺人等:渡辺純一 被告人質問(1/3)"

|

熱くて暑い東京高裁

昨日、原稿を1つ書き終わって、もう1つめの原稿に取りかかろうとしたら、信じられない事に友達が真夜中に遊びに来ました
しかもタクッて…アホすぎです
おかげで今日は二日酔い&寝不足&これから原稿書きの残りです
大人って、子供と違って金があるから、時々とんでもない行動力を発揮するな…と思いました


三上静男は日刊ゲンダイに書いているので、掲載の金曜日を過ぎてから続きを書きます
それまでは別の(↓の裁判の)傍聴記を更新していこうかとおもいます


今日は東京高裁で詐欺グループ仲間割れの殺人、主犯格の1人とされている渡辺純一の被告人質問を傍聴してきました
千葉地裁の一審でも、これまでの高裁の公判でも、純一は清水大志と一緒に公判やっていたのですが、ここにきて、まさかの分離です

そんなわけで、今回の被告人質問、見所満載でした
この事件の控訴審、最近、山場です
検察官も声を荒げており、アツい裁判でした

が、アツいのはいいんですが、本当に法廷が暑くて閉口しました!
霞ヶ関は夏は暑いし秋も暑いし、これまで訪れたことのある裁判所の中で一番過ごしづらいと思います!

そして自分の左に座っておられた傍聴人(オヤジ)がズボンの中に手を入れて股間を触っていたり、顔の皮をむいてはそれを私の方に延々飛ばしてくるので、生きた心地がしませんでした
新手のストーカーでしょうか…

さらに右のほうに座っていたオヤジは、健康サンダルを脱いで、裸足になって法廷の床に足の裏をこすりつけていたので、よく見てみると、見た事もないほどの水虫でした!!!

ヒィ〜


地獄ってこんなかんじかな…っておもいました


おまけに、私のほうは、油断してペンのインクの替芯を持たずに法廷に入っていたところ、あろうことかインクがなくなりそうな事態になってしまい、傍聴人生始まって以来の大ピンチでした
まさかこんなにノートを消費するとは予想していませんでした
このまま、ノートの罫に沿った大きさで字を書くと、絶対インク切れしてしまう…!
傍聴と並行しながら左脳の片隅で考えに考え、出した結論は「字を極力小さくして、インク消費量を減らす」というものでした
豆粒みたいな字でノートをとることになってしまい、今見直してみると見づらいことこの上なしです


自分のノート初公開ですが、非常事態バージョンで字は極小です

081021_230802

↑はっきり言って小さすぎです


081021_230801


↑おまけに字が汚くて読めません…!


解読に時間がかかりそうなので更新は明日になるかとおもいます…
いつもこんな日記みたいのばかりでスミマセン…

|

殺人等:三上静男 ホントに凶悪でした(1/3)

【日時】2008/10/15 1000~
【場所】水戸地裁 210号法廷
【罪名】殺人、強要、詐欺

全てやることを終えたので、書きます!

殺人罪などで死刑が確定した後藤良次死刑囚が塀の中から上申書を書きました。
他にもコロシをやってる、という内容です。
それが発端となり、逮捕されたのが、こちらの被告人、三上静男です。
初公判では「私はシロです。命がけで争います」などと全面否認したそうです。
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/ibaraki/080801/ibr0808010238001-n1.htm

そして、今回私が傍聴した期日の前には、当の後藤良次が登場しておりまして、それはもう傍聴界は大変な騒ぎでした(と思っています)。
ちなみに寝坊して傍聴はしておりません…
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20081008ddlk08040081000c.html
「先生」と慕っていた被告人を「三上」と呼び捨てにしたそうです。

ここ結構くわしいです
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/kikaku/071/


上申書には数件の殺人が書かれてあったのですが、初公判のニュースによれば、どうも起訴されているのは1件だけのようです。
栗山さんという老人の死亡保険金を狙い、肝硬変&糖尿の栗山さんを軟禁して酒を飲ませ続け、殺害したという事案です。
詳しくは「凶悪」という本に載っております。

法廷は新しい建物・南館にある210号法廷でした。
裁判長は鈴島晋一さん…とっても若い方です。

そして凶悪・三上静男はどんな男かと思っておりましたが、勾留されているのに色黒系、グレーのシャツに黒いズボンを履いている初老の男でした。眉毛がボーボーで田舎風です。
ノートを広げて机の上に置いており、公判の間中、しきりにメモを取ったり、後ろにいる弁護人と、これまでの被告人の中でみたことないくらい大きなひそひそ話をしたりしていました。
争う気が満々のようです。

この日は証人尋問で、午前は沢村証人です。

続きを読む "殺人等:三上静男 ホントに凶悪でした(1/3)"

|

まさかこんなところで再会できるなんて…

さいきん、CSS(スタイルシートじゃなくてバンドのほうです)に夢中です
ボーカルのLovefoxxx…ムクムクしてて超カワイイです 名前もイカす〜
ライブに行きたい…けどチケット売り切れ…悲しいっス
youtubeでライブ映像を観て自分を満足させています


今日はバタバタと用事が済んで、ちょっと時間ができたので、見ようと思っていた覚せい剤裁判を傍聴しに地裁へ行きました
園原さんの刑事19部っていうことと、被告人名がどうも以前見た事あるようなかんじがしたからです
案の定再犯でした


そして、園原さんは相変わらずオチョボ口でステキでした…♪
遠くから見ても顔がデカくて最高〜♪
わたしの2倍はありそうです
体がデカイのに動作は小動物みたいで超萌え〜♪


こんなふうにポッカリ時間が空いた日じゃないと、自分の好きな部の裁判なんて見れないな〜、、、
と、一生懸命?傍聴しました


検察官が新人らしき若い男性だったせいか、園原さんは上司っぽく「この証拠はなにを立証しようとしてるの?」「これは?」と、今まで見た事ないほどに細かく色々と尋ねており、そのたびに検察官はしどろもどろになっていて、まぶしかったです

そして、裁判も佳境に入った頃、ふと弁護人をよく見ると…

アッ!!!

http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-4ae1.html

この日拘置所に行ったとき、エレベーターで一緒になった弁護士さんでした!

覚せい剤取締法違反の再犯…これか!

それにしても、すごい偶然です


弁護士さんは私のこと覚えているのかなぁ…気になりましたが、情状証人や被告人たちとお話などもあるだろうと思い、裁判が終わるとそそくさと法廷を出てきてしまいました


そして仕事に行き、23時より前に地元の駅に帰りついたので、また量の多いゴハンやさんに寄ってきました
今日は大盛りラーメンとゴハンです
「こんなに食べれるかしら♪」
と、どうだと言わんばかりにオバサンが運んできてくれましたが、食べれてしまいました
オバサンは驚いておりましたが、私もまさかこんなに食べれるとは思いませんでした
しかも、まだまだ食べれそうです


会計のときにそう告げると呆れられましたが、ラーメンは食べた気がしないですよね


ふと思いましたが、ひょっとして胃が大きくなってしまったのでしょうか


原稿を書いたらお酒を飲もう、と決めたので、今から頑張ります

また来週〜

|

騒がしい東京地裁

なぜだか高柳和也をキーワードにブログを見に来て下さっている方が激増です
今日はなにかあったのでしょうか??ブルブル…


---
久しぶりに昼前に裁判所に着きました!
久しぶりの東京地裁は人が多かったです!

法政大学の裁判かな?と思いつつ建物の中に入って歩いていると、テレ朝の法廷画家さん、染谷さんに久しぶりにお会いしました
染谷さんは、大きな画用紙を持っていました
今日は何を描かれるんですか、と尋ねたところ、八百長裁判(週刊現代の記事に対して日本相撲協会などが損害賠償を求めている裁判です)に北の湖が来るんですよ〜とおっしゃっておりました
そうなんですね〜


http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081016/trl0810161736014-n1.htm
しどろもどろだったんだ〜


今日は殺しではなく午後から窃盗を傍聴して、裁判所を出たところ、ありえないぐらいの人だかりが門の外にできていました
報道の人が誰かを取り囲んでいて、カメラのフラッシュがピカピカしています
おっ、もしかして、北の湖かも!!
本物の北の湖が見たいよ〜
お相撲さんだ〜

と、人だかりに駆け寄りましたが、あまりに人だかりがすごすぎて、近寄れません
人垣のはずれに阿曽山さんがいたので、あの人は北の湖ですか?と尋ねたら、ちがいますよ、と言われました
人だかりの隙間から必死で覗き見たところ、本当に違う人でした
誰だったのでしょう
そのまま霞ヶ関を立ち去りました


これから原稿かきます〜押忍!

|

早起きできました

早起きっていうかほとんど寝ずに6時の電車にのって、水戸に行って参りました
傍聴券交付で生きた心地がしませんでしたが、びっくりするほどの定員割れでした
しかし、寝ずに行ったことが仇になったのか、午前の証人尋問は正気と夢の中との闘いで、後からノートを見直したら自動筆記かと思うような恐ろしい字が躍っておりました
え〜ん 読めないよ〜

http://www.amazon.co.jp/dp/4103540214/

この本が取り上げている事件の裁判です
「凶悪」とかいうタイトルから、なんとなく自分はハンナンの社長とか許永中とかの恰幅のよさそうな中年を想像していたのですが(ただの偏見です)、三上静男は田舎のヤクザオヤジのような男でした
しかし、共犯も含めて人の命を軽く見ている雰囲気は、これまで傍聴した裁判のなかでトップクラスでした
確かに凶悪です
あ〜この裁判毎回傍聴したいです


今週は自分を朝型に戻す事と、原稿書き(×3)に専念しようと思うので、傍聴記は週末に書かせて頂きます


水戸は二度目でして、一度目のときは売店という名の食堂を切り盛りしているオバサンとおばあさんの間の世代の女性が、オーダーが入ると怖い顔をしていたのですが、今日はやたらと笑顔でした


午後の審理のために建物の前で待っているとき、「まだ中に入れないんですかねぇ〜」と知らない男性に話しかけたところ、その方は傍聴が初めてだったそうで、傍聴の感想から身の上話から、色々な話を聞いてしまいました
その方は北海道の牧場で働いていたそうです
北海道は寒いから、水戸が暑く感じる、とおっしゃって汗をかいておりましたが、私は水戸はけっこう寒く感じました
一期一会なので、と言ってコーヒーをご馳走してくださり、帰りの電車で途中まで一緒に帰りました
水戸は優しい人が多いですね…

と、おごってもらう度に「優しい人が多い」なんて言っている自分は本当に浅ましいと思います


ではでは〜

|

やっと追いついた〜

書いてない裁判もかなり多いんですが、やっと溜め込んだノートから傍聴記を書き終わりました!
やった〜


そんな今日は、平日だというのに13時に目が覚めてしまい、さすがに結構ショックを受けてしまっています
まともな会社員の起きる時間じゃないだろう…と…
そんな時間だったので裁判所も行けず、仕事三昧の一日でした
高科龍軌の控訴審第一回公判を見逃しました…くやしい!


こんなことじゃいかん!


もしかして、やや昼夜逆転気味になってしまっているのでしょうか
夜な夜なYoutubeでテクノ映像ばかり探しているからでしょうか
この状況を改善しないと傍聴ができなくなるぞ…無理矢理でも朝型に戻そう…と、結審、じゃなくて決心して、明日はものすごく早起きをすることにしてみます
がんばるぞ〜


今日は、引っ越して早1年になる、この下町で、安い&うまい&量が多い、と三拍子揃った定食屋をやっと発見して本当に喜んでいるところです
店に入ると客は男の人しかいませんでした
デブ率は60パーセントくらいです
メンチカツと焼き肉がセットになったエネルギッシュな定食が600円台です
仕事を終えて最寄り駅に着く頃には、最大限に腹が減っているため、男並みに大食い&早食いしたら、腹がものすごく出ました
たぶん1ヶ月通ったら3キロは太りそうな店だと思います
(これを書いている今は、また腹が減ってカステラを食べているところです 今日の私はどこまで大食いなんでしょう…)


そして妊婦のような歩き方で家にたどり着いたら、旅先の毒人参さんからハガキが届いておりました
旅先からのハガキは自分が旅に出た気分になれるからステキですね
自分も、年明けくらいからタイに行こうと言っているものの、なぜかずっと行けずじまいです
連載のない時期に行こう…などと思っていたら、ありがたいことにそんな時期はなく、もう10月です
仕事を前倒しで終わらせて行くしかないのかもしれません


とりとめのない日記でスミマセン

明日は早起き(絶対がんばります)して、遠方の裁判所へ行きます
これで傍聴券の抽選に外れたら、ショックでゲロ吐きそうです

また明日〜

|

殺人等:伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行 とりとめのない質問たち(3/3)

http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/13-5893.html
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/23-fe3c.html
つづきです

純一の内妻(死体遺棄において重要な役割を果たします。執行猶予判決を受けてます)のことをあれこれ調べていたら刑部の傍聴記に行き着きまして、この裁判の一審初公判の傍聴記なんですが、
http://www.geocities.jp/waramoon2000/bou_tiba_060329.html
なんと裁判長があの狂犬でした…!いつから彦坂さんに替わってたんだろう〜?
しかしこの傍聴記は超重要ですね…
乙28号証、純一が犯行後に被害者に「ポッキー」等名前を…って凶悪すぎです。
乙33号証、純一から焼肉店で口止め…ヒィ〜
純一がいかに事件に大きく関わっていたか分かります。
乙46号証、純一が自分が主犯であると言っていた…!
コレを読むと、一審の判決はやっぱりずいぶん違和感あるかもしれません。


弁護人がかわってからは、あまり大した話が聞けなかったので、わざわざ傍聴記を分ける必要もなかったと今さら気付いたところです。
抜粋すると

・清水とは新宿のカジノで再会した(2人は中学の同級生です)
・詐欺でもうけた金は事件後の間に使ってしまった
・Iさんに熱湯をかけたのは出頭辰巳と純一
 このとき、なんでそんなことをするのか、早く終わってほしい、関わりたくないと思った
・被害者に純一が覚せい剤を打っていた
 純一は被害者を弄ぶような印象だった
・4人が死亡した後、赤坂の焼き肉屋に集まり、純一に口止めをされた
 「とにかく『殺す殺す、家族ごと殺す』って異常でした」
・4人の死体を引き渡した後、居酒屋に集まり、純一の内妻とその子供がその場にいる事はしゃべるな、と純一に言われた
・事件後、ケータイを持たされた
・事件後、純一と行動をともにさせられて、その場に鷺谷の妻も呼ばれた
 「私の妻まで巻き込む気かよって思いました」

こんなかんじでした。

あと最近の話としては、今年4月、鷺谷あてに純一の内妻から手紙が送られてきたそうです。

続きを読む "殺人等:伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行 とりとめのない質問たち(3/3)"

|

殺人等:伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行 続く鷺谷への被告人質問(2/3)

http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/13-5893.html
つづきです

実行直前から殺害に至る経緯について、話は移りました。
まとめるとこんなかんじでした。
Hとの交渉が決裂したことを伊藤が清水に報告すると、清水から「伊藤がこっちで殺すように」と指示を受けた→その後伊藤が正気を失った→阿多は「清水から言われたからやるしかねえんだよ、やれ」と言った

「私と伊藤さんは純一さんに散々追いつめられて、殺されるか殺すかっていう状況…阿多部長はそういう立場になかった」

各人、被害者のどこを押さえたかということについて鷺谷は記憶が鮮明で「YMさんもNさんも、下半身を激しく動かしていたのが目に焼き付いているので…位置関係はしっかりと覚えています」とのことでした。

そして次に、殺害動機は詐欺や監禁といった行為の口封じだったという一審の判断が違うと述べ、その理由についてこう言っていました。
「殺害後の行動…もし、任意であれば、死体をすぐに隠そうとすると思います。私や伊藤さんはそういう行動をしていません。京王プラザで殺害を望んでいた阿多部長や純一さんは、死体を隠そう隠そうと隠滅…殺害したいという気持ちで殺したことはありません」

「あえて隠そうと思わなかったのはなぜですか?」
「殺害したい理由がなかったので、隠す理由もない…」
「京王プラザで殺害の案に挙手したのは任意ではないんですか?」
「ないです。任意で挙手する理由はないです…口封じのためとか判断されてますが、詐欺については、被害者も共犯者もみんな捕まる事は一緒です。詐欺についての口封じは考えてないです。
本件発覚のおそれ…もとは(被害者による)マフィアの(加害者たち)殺害計画です。被害者から自首は考えられない…」

また京王プラザの謀議の前に、被害者らを解放するという案もあったとのことでした。

続きを読む "殺人等:伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行 続く鷺谷への被告人質問(2/3)"

|

とんでもない月曜日

わたし、大谷昭宏さんの「事件記者」シリーズ(幻冬舎アウトロー文庫)が実は大好きなんですが
http://www.amazon.co.jp/dp/4877285717/
最近まで、あのテレビでよく見る大谷さんがこの本の著者だと気付いていませんでした
同一人物だと知った時、なんだか感慨深かったものです


このブログ左にリンクしている「サンカの末裔を訪ねて」という本の著者さんと偶然近所の居酒屋で出会って話が盛り上がったという事は、昔ブログに書いた事がありますが、彼は(その本の巻末にも書いてあるんですが)テレビ朝日の方でして、そんなかんじの不思議な縁で今日は大谷昭宏さんと一緒にお酒を飲む事ができました

近所の居酒屋からこんなことになろうとは…
自分の運命に驚いております!

もし、できればサインをいただければ…と、張り切って「事件記者」シリーズを3冊全部持って行ってしまいました
(3冊もどうするんだよ、と後から気付きました…)
大谷さんは、今日スーパーJチャンネルに出ていたときと同じ服装でいらっしゃいました
そして、とっても気さくな方でした
会うなり「霞っ子?」と笑顔で問いかけてくださり、感動と緊張で「ハイ!霞っ子です!」としか言えませんでした…
あとは「スーパーモーニングのあいりん夏祭り、拝見しました!わっ私も釜ヶ崎、年に1度は行きます!」とかそんなどうでもいい事を告げるので精一杯…本当にただのファンです


だいぶ大谷さんとの会話に慣れてきた頃には、色々と事件の話を聞けてドキドキしたりと、本当に貴重な時間を過ごさせていただきました
サインもいただいてしまいました!
生きててよかったです…!!!!
「事件記者」シリーズ、続編が出てほしいなぁ〜


帰りはサンカ本の利田さんたちとサンカ話をしてお別れしました
本当に楽しい1日でした
あ〜わたしもサンカ筋の人に聞き取り調査したいよ…

お忙しいのにわざわざ時間を作って下さった大谷さんと、今回こんな素敵な席をもうけてくださった利田さんに感謝です


そんなわけで、これから元気に傍聴記を書こうと思います

|

食べまくり日曜日

仕事もそこそこに、お友達からの突然の誘いに乗って、おめかしをしてゴハンを食べに行って参りました
彼女は数少ない自分の相談相手です
薬膳鍋という美味しい鍋を食べながら、仕事のことを相談したり、近況を話し合ったりと、ノリノリです
頭がだいぶ片付いた上に、鍋のおかげで元気になりそうです
かわいい女の子とゴハンだなんて、最高ですね
来年も今年以上にがんばりたいです


帰って来てから三浦和義さんのニュースを読んだりしました
アメリカのニュースはどうなってるのかな、と…

Man Accused in 1981 Attack Kills Himself in Jail Cell
http://www.nytimes.com/2008/10/12/us/12extradite.html?ref=us

Suspect in high-profile murder case kills himself
http://edition.cnn.com/2008/CRIME/10/11/murder.suspect.suicide.ap/index.html
殺人の容疑者…?

金曜に死んでたのに発表が一日後だったんですか…
日本で無罪が確定した被告人をわざわざ共謀罪で引っ張っていくほどの証拠がホントにあったのか、あったとしたらそれはどんな証拠だったのか、とっても気になります
とにかく、誰も救われなかった最悪の終わりだったことが残念です
考えるとけっこう憂鬱です


鍋も食べたし、これから原稿を1本書いて、別の原稿の準備をしたりして、余裕があれば傍聴記など更新しようとおもいます
寝れるかな〜

|

のんびり土曜日

久しぶりに何も仕事らしきものをしない日でした
検察庁の情報公開でゲットしたお宝文書を手に、夕方から、今井さん宅におじゃまさせていただき、奥さまと今井さんの手料理を腹一杯食べてきてしまいました
う〜ん、手料理…一気に健康になった気がします
10日は寿命が延びたかもしれません
とっても美味しくて感動でした ありがとうございます

今井さんとは三浦和義さん自殺の話や裁判員制度の話などをしたりしました
三浦さんはなぜ死んだのか、あれこれ考えたり話したりしましたが、それはもう事件と同じく永遠の謎になってしまい、残念すぎます
ここのところ、こういうの多くないですか…?
ロスに傍聴に行こうと思ってたのに…(本気です)


仕事仲間にテクノ好きを発見してから、最近はテクノ熱が格段に高まっておりまして、今日みたいなのんびりした夜は酒を飲みながら大音量でヘッドフォンつけて微妙に踊ったり(←仕事仲間オススメの楽しみ方を実践です)と、端から見ると滑稽な余暇を過ごしております
が、ネコがじっと見つめると我に返ります…


明日からまたお仕事がんばります〜

|

殺人等:伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行 「純一さんは、清水さんより勝る事はあっても、劣る事はありません」(1/3)

やっと10月に到達です!
けっこう書いてないものも多いですが…
江口義光は先週の日刊ゲンダイに書いております…っていつもお知らせ遅くてすみません。
岩倉稔という、内妻に灯油をかけて火をつけたとんでもない男の初公判(殺人未遂)を傍聴しましたが、被告人が酒のせいか記憶がなかったとのことです。未遂なので書きません…

---
【被告人名】伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行
【日時】2008/10/07 1330~(傍聴したのは14時すぎから)
【場所】東京高裁 102号法廷
【罪名】阿多:傷害致死、殺人(認定罪名 傷害致死、殺人)、死体遺棄、監禁、詐欺(訴因変更後の罪名 暴力行為等処罰に関する法律違反)、暴力行為等処罰に関する法律違反
鷺谷:傷害致死、殺人(認定罪名 傷害致死、殺人)、死体遺棄、逮捕監禁致傷、逮捕監禁、監禁
伊藤:傷害致死、殺人(認定罪名 傷害致死、殺人)、死体遺棄、逮捕監禁致傷、逮捕監禁、監禁

千葉の架空請求詐欺殺人事件、実行犯の控訴審です。
過去の記録はカテゴリ「仲間割れ」からどうぞ〜
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/cat20516674/index.html

最近の自分は遅刻が多いです。たるんでいます。
この日も30分ほど遅れて法廷に入りました。
なぜか弁護人たちが席を立って席替えタイムしてました。
もしかして、これまでの時間では証拠整理などやっていたのでしょうか(憶測です)。

伊藤は相変わらずスーツ、阿多も同様、鷺谷は白いシャツにチノパン風のズボン、といつものいでたちです。
この日は鷺谷の被告人質問です。
鷺谷は証言台の前に座ると、弁護人からの質問の前に、というかんじで「意思の表明として、宣誓をしたい…」と言いました。

続きを読む "殺人等:伊藤玲雄、阿多真也、鷺谷輝行 「純一さんは、清水さんより勝る事はあっても、劣る事はありません」(1/3)"

|

強盗殺人等:清田龍也 「なんでこんな事するんですか?」(3/3)

http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/1-66a2.html
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/23-94d1.html
つづきです

B子さん事件について検察官から引き続き質問です。

「人がいるとは思っていましたか?」
「入る時はそう思いましたが、外から見て、人影がなかったので、留守だと思って入りました」
「その後、あなたB子さんを強姦しますよね。この当時、夫婦の性生活は?」
「なかったと思います…」

その後、どれくらい妻とセックスしてなかったのか細かく聞いておりました。
その間の性欲処理は、と、まあもう根掘り葉掘り聞かれて

「風俗で処理…」

と小さな声で言っていました。

「月に1度とかですか?」
「…時間とか、いろいろあるので…」
「あなた、お金に困っても風俗へ行くんですね」

被告人は何も答えませんでした。


「あなた、B子さんに泣きながら謝罪しましたね。もうしない、と誓ったのに、平成18年9月、そして平成19年と、繰り返してますよね。誓った事忘れたの?」
「…忘れてしまったわけではありません…」
被告人の誓いは誓いじゃなかったということなんでしょうか…

続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 「なんでこんな事するんですか?」(3/3)"

|

鈴木一範の控訴審判決は

筑豐にある赤村という、いかにも不吉そうな村の産直販売みたいなところで買ったカリントウを食べながら清田裁判の更新をしていたら顎が痛くなりました


またもや今日も寝坊して(起きる気がなかったとも言います)裁判所に着くと14時でした
もう鈴木一範の判決終わってたので、裁判所の中から裁判所に電話をかけて問い合わせました(まったく意味不明の行動ですが、エレベーターに乗るより、この方が早いです)

鈴木一範とはホステス殺しの右翼で、一審は懲役20年の判決でした
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_de19.html

控訴審判決は、控訴棄却、未決勾留日数130日算入、訴訟費用は被告人に負担させない

というものでした。

800万も示談金払って、全く意味がなかったようです
けっこう不思議でした


清田龍也の傍聴記は今まさに山場なので最後まで書こうかな〜と悩みましたが、明日は会社の人とカラオケに行くことになったのです
カラオケ嫌いが揃っている会社で、奇跡のようなイベントです
万が一にそなえて、氣志團をたくさん歌える状態にしておこうと(張り切りすぎです)、今日はiPodで氣志團を聴きながら密かに踊りつつ歩いていたのですが、さっぱり忘れていることが発覚しました
全盛期はけっこう踊れたのに…
なので、これからDVDを観ながら振り付け練習をするため、更新はまた明日にさせていただきます

こういう、無駄な事をするから夜更かしして遅刻するんですね、きっと…
しかも氣志團ってもう古いですね…でも好きです

また明日〜

|

強盗殺人等:清田龍也 陰部に指を入れ、服を脱がせて胸を触った本当の理由は…?(2/3)

つづきです
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/1-66a2.html

続いての検察官も、先ほどまでの検察官と同じくらいガチムチです。
でも、さっきの検察官よりは滑舌がいいです。
だけど、2人とも質問があまりバシッとしたかんじじゃないです。
ホント、検察官で裁判って変わりますね…

こちらの検察官は渡辺さん事件について細かく色々聞いておりました。

「あなた、なぜ渡辺さんを背後から襲ったの?」
「隠れる場所が、ま、あの〜、隠れた場所がそこしかなく、渡辺さんが入って来たとき、ちょうど…」
「ナイフを突きつけて何と言いましたか?」
「『静かにしろ、騒ぐと殺すぞ』…」
「『うつ伏せになれ』とは?」
「あ、その後、、、『騒ぐと殺すぞ』というと、うなずいたので、うつ伏せになれと言いました」
「渡辺さん、体は震えてましたか?」
「ありました」
「怖い思いさせたの分かる?」
「分かります…」

それから、手を縛って目隠しをして、トイレに移動して、足を縛ります。
トイレに縛り付けたんじゃなくて、トイレで縛ったということのようでした。
そのとき、渡辺さんは震えていたそうです。

「両手、ストッキングで縛ったんですよね」
「はい、彼女が履いていたやつで…」
「脱がせたんですか?」
「ハイ、でも上手く脱がせられなかったです。彼女は強姦されると思ったと思うんですが、抵抗していたんで…その点については素直に、というかんじではなかったです」

渡辺さんを強姦したいという気持ちはそのときはなかったと言っていました。

続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 陰部に指を入れ、服を脱がせて胸を触った本当の理由は…?(2/3)"

|

強盗殺人等:清田龍也 川口強盗殺人・納得いかない調書にサインしたと言ってるけど…(1/3)

【日時】2008/09/26 1315~(傍聴したのは14時から)
【場所】さいたま地裁 301号法廷
【罪名】住居侵入、強盗強姦、窃盗、強盗殺人、強盗未遂

これまでの傍聴記は左の検索からおさがしください!
清田裁判書きまくりです。
最近、集中して傍聴しているのは、この事件くらいです。

またもや遅刻してしまい、前回よりも遅い14時に法廷に入ると、滑舌の悪い検察官から被告人質問が行われていました。
内容は、前回被告人が言っていた「調書の内容と実際は違う」的な話を受けてのことのようです。
調書を逐一示しながら、「これはこう書いてるけどホントは違うって言ってるの?」的な質問を繰り返していました。ので割愛します・・・
思うけど、裁判員制度が始まったら、こういうやり取りウゼ〜って思いそうです。自分が裁判員だったら、たぶん、ここで寝ます…

逮捕当初はA子さん事件を認めていなかった、その理由は家族の事を考えたら言えなかったという話が出たところで休憩になり、その後、やっと事件のことについての話に移りました。

渡辺さん事件のとき、もみ合いになり、そのとき被告人は顔を見られています。
これが原因で、事件が発覚したらA子さんのこととかもバレてしまうと思ったそうです。
そして、渡辺さんのキャッシュカードを使おうとATMへ行く準備(渡辺さんの服を起用としていたとき)に渡辺さんがトイレから逃げ出してきたそうで、ここで逃げられたら金が引き出せなくなると思ったというような話をしていました。
でもこれは検察官に「逃げられたら金が引き出せなくなると思ったんじゃないですか?」と何回か聞かれて「まぁ…思ったと思います」というちょっと引き気味な返答でした。
調書ではそうなっているけど、本当は本心ではないといった様子です。
それを「あなた当時はそう言ってましたよね?」的な感じで責めていたので、ちょっとウンザリでした。
他の細かな点に関しても同じようなかんじでした。

続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 川口強盗殺人・納得いかない調書にサインしたと言ってるけど…(1/3)"

|

殺人等:脇田誠 交際相手を殺害した男の控訴審判決

【日時】2008/09/25 1430~
【場所】東京高裁 824号法廷
【罪名】死体損壊、死体遺棄、殺人、建造物侵入、窃盗(建造物侵入及び窃盗につき、変更後の訴因 常習累犯窃盗)

この日は1日4件傍聴という自分にしては偉業を達成した日でありまして、この脇田裁判の前はこの裁判を傍聴していました。
http://yutosoku.blog26.fc2.com/blog-entry-122.html
現場で作業員の頭を蹴って死亡させたという事件です。
実は、被害者はその日に病院に行ってるんですが入院の必要はナシとして返されてます。
その後1週間してから死亡という珍しいケースです。
被告人は実刑でした。病院は責任無しのようです。
詳しくは先週金曜の日刊ゲンダイを…ってもう買えないですね…


そして脇田誠ですが、
「松本の殺人・遺棄事件、指名手配の元交際相手を逮捕 [読売新聞]」
http://www.asyura2.com/0610/nihon21/msg/610.html
女性が市道脇に死体となって発見された事件の、犯人とされる男です。

一審は無期懲役でしたが、控訴もあっさり棄却されていました。
詳細はここで…アッ!!!!
http://shadow9.seesaa.net/article/107246838.html
↑このブログは「MEPHIST」の人じゃないですかっ!
ああ〜よかった、seesaaに移動してたんだ〜
いや〜本当によかった…ばんざ〜い!
ブログの名前変わったんだ〜

続きを読む "殺人等:脇田誠 交際相手を殺害した男の控訴審判決"

|

強盗殺人等:清田龍也 川口強盗殺人・その反省は本気なのか(2/2)

続きです
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/1-0d8d.html

どういう流れでそうなったのかは分からなかったのですが、ある時点で、被告人は渡辺さんをトイレに縛り付けていたそうです。
でも、渡辺さんはそれもほどいてトイレから脱出、「誰か、助けて」と叫んでいたと言っていました。
しかし、そうなると

「誰か来てしまう、そうすると捕まってしまうという思いが強くあって、平手で殴ろうと、ドアを…殴ったと思います」

だけど

「全然、静かにならなかった…とにかく助けを、という感じだったと思います」

だそうです。

「(部屋の)中に入ってからも彼女はずっと助けを求めていました。私はとにかく、外であれだけ大きな声で騒がれたら捕まってしまうという思いが強くあり、とにかく静かにしてほしいという思いがありました。で、彼女を殴ったり、蹴っ飛ばしたり、首を押さえつけたりしました。
最初の方は、静かにしろとか、そのとき何て言ったか定かじゃないですが、そういうことを言いました。
首のあたりに、まあ、あの、押さえ込む、押さえつける。片手、両足、頭を壁につのらせてというか(?)、完全に仰向けではなくて、頭が壁にひっかかって、そういう状況だったのを覚えています」

まずトイレにしばりつけ、その後脱走、外で助けを求めたので中に引き込んだという流れのように思えますが、違っていたらすみません。

続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 川口強盗殺人・その反省は本気なのか(2/2)"

|

今日も〜 やっぱり寝坊〜

5時起きして水戸に行く夢は叶わず、寝坊しました
起きたら11時って、どういうことでしょう
風邪のせいでしょうか
後藤良次…超会いたかったっス
次こそ行くぞ〜!!!
絶対行くぞ〜!!!

しかし、よく考えたら、1週間のうち3日は寝坊しているような気がします

(・o・)ノ


そんなわけで東京高裁で千葉の詐欺グループ仲間割れ殺人の控訴審、伊藤&阿多&鷺谷公判を傍聴してきました
今日は鷺谷の被告人質問です
なにげに、とっても収穫でした
水戸に行かなくてよかったのかもしれないです(と、自分に言い聞かせています)
メインメンバーではない被告人の意見は客観的でもあり、それぞれの力関係の説明は説得力があります
鷺谷、いいこと言うじゃないか!!!

早く傍聴記が書けるよう、がんばります
週末にはいっぱいアップできそうです


ちなみに鷺谷は裁判が始まってから30キロ痩せたそうです


裁判が終わって、いつものように今井さんと喫煙所でオシャベリしたりしました
お互い何を見てるかという話をいつもしますが、その流れでお互いが見ている裁判の長さの話になりました
今井さんの傍聴されてる裁判は長くて1時間くらいだと言います
被告人質問が15分超えると長いな〜と思う、とおっしゃっていて興味深かったです
自分の傍聴している裁判で、15分の被告人質問は、ないなぁ…見ている裁判によって長さも全然ちがうので、話を聞くとなんだか新鮮でした

最近、東京地裁では顔見知りの傍聴人ができました わ〜い
孤独な私に顔見知り…すごいことです
清田の傍聴記を見て下さっているとのことで、ありがたいことです
がんばって続きを書こうと思います

そういえば埼玉地裁のある浦和駅にはこんなキャラクターがいます

081006_112401

浦和うなこちゃん!
雨に濡れて恐ろしいことになっております
やなせたかし先生の作だそうです

が、やなせたかし先生のウナギキャラといえば、高知が誇る「土佐くろしお鉄道」吉川駅キャラクター、「よしかわ うなお君」ではないでしょうか?
http://hamuwin.net/turezure/tabi/kochi/photo4/yoshikawa.jpg

まさか兄妹なのでしょうか…

吉川のウナギはとっても美味しいです
養殖場のオヤジと仲良くなって、船に乗せられそうになった思い出があります…

ちなみに吉川駅近くには赤岡駅という駅がありまして、そこでは絵金祭りというすごいお祭りが夏にあります
絵金という人が書いたグロ浮世絵が街中にズラリと並び、百目ろうそくの炎でその絵を見るので大変な恐ろしさです
一昨年行ってきましたが、血みどろ好きは必見だと思います


あっまた脱線しちゃってスミマセン
ではでは〜

| | コメント (6)

名古屋妊婦切り裂き事件の現場は…

朝起きたら喉が痛くなっておりました 風邪をひいたみたいです
結局、今日はほとんど寝ずになんとか裁判所に間に合いましたが、傍聴席も巻き込んでの、なんだか恐ろしい裁判でした


裁判所のあと、調べもののため国会図書館に行きました
愛犬家連続殺人事件の新聞記事を集めるという作業です
新聞各社、見比べました(私は執念深いです)が、埼玉新聞、いい仕事してました
やっぱ地元は強いですね!
関根や風間の逮捕から10日ちょっと経ったころに阪神大震災が起こったので、各社の報道もそちらメインになっていました(当然です)が、埼玉新聞だけは愛犬家連続殺人の記事を必ずねじ込んでいました
そんな埼玉新聞を見て、胸が熱くなりました!

感動して複写の申請しすぎて、お金がずいぶんなくなりました…
私の、この事件の情報源は「愛犬家連続殺人」っていう本だけだったので、新聞を読むと「おお〜風間が犬の本書いてるんだ〜!」「この日に山崎逮捕か〜!」とか「この時点で被害者との関係が分かったのか〜!」とか「ポッポハウス写真出た〜!」とか、いちいち感無量でした
帰りに熱が出てしまったのは、興奮したからかもしれません


ただ、上毛新聞だけが「ポッポハウス」のことを「汽車ポッポ」と書いていたのが気になりました
上毛新聞、地元じゃん…?(遺体解体現場は通称ポッポハウスという名称で、群馬県にありました)
どっちが本当なのでしょうか…つ〜か汽車ポッポって…

そのあと、少し時間があまったので、8月に行ってきた名古屋の妊婦切り裂き事件の現場をちゃんと確認しようと、事件発生当時のゼンリン住宅地図をチェックしてみました
(あの現場は、事件発生当時と地名が変わってしまってるので、当時の地名でネット地図検索しても、ひっかからないです…)
下調べが中途半端のまま、憶測で写真を撮ってきたので、とってもモヤモヤしていたのですが…
予感は的中し、行ってきた場所とは違って、少し北のほうに現場はありました
ああ〜調べてよかった…

毒さんにも教えてあげなきゃ…

また、いつかきちんと現場を訪れたいです


--
あっ、殺人つながりで、すぐ死ぬゲームの話ですけど、スペランカーがPS3で出るそうです…!
http://www.irem.co.jp/official/minnade_spelunker/index.html
「愉快な洞窟探検!」って…w
すぐ死ぬくせに!全然愉快じゃないよって話ですw
スペランカーはファミコン世代を虜にした名作っていうか迷作…もちろんソフトは今も持ってます
自分、ケータイの着信音はスペランカーです
メールの着信音は迷宮組曲です
このためだけにPS3購入か…!?プロセッサが9個もあるPS3で、まさかのスペランカー!?
とにかく風邪を治して考えます

|

強盗殺人等:清田龍也 川口強盗殺人・金が必要ならパチンコは止めろ(1/2)

【日時】2008/09/19 1315~
【場所】さいたま地裁 301号法廷
【罪名】住居侵入、強盗強姦、窃盗、強盗殺人、強盗未遂

前回の傍聴記は左の検索からおさがしください!


この日から被告人質問なのですが、自分はこの日も、次の期日も、連続で遅刻というダメっぷりを披露してしまいました。
(でも、定員割れだったので傍聴できました…ラッキーです)

埼玉、遠いですね…(言い訳です)

そんなわけで、30分くらい遅れて法廷に入ると、弁護人からの被告人質問が始まっておりました。
被告人はいつものようにヨレヨレ気味の白いシャツに黒いズボンです。
顔はかっこいいんですよね…

この裁判、限りなく気になるのに、足が遠のく理由が(言い訳がましいですが)ありまして、それは検察官の滑舌が悪くて何を言ってるか分からないということと、同じく被告人も声が小さくて何を言ってるのかよく分からないからです。
301号法廷、古いから音響が悪いんでしょうか?
傍聴席の後ろの方に座ると、何がなんだかさっぱり分からないという恐ろしい状態になります。
本当に困ってます!!!!
もっとマイクを近づけてしゃべってください…って、被告人と埼玉地検に手紙を出したいくらいです!

なので、自分がとったメモも最高に怪しいものになっております。
申し訳ありません。
分かったところだけ書いてみます。。。

法廷に入った時、ちょうどB子さん事件(強姦)のことを聞かれていて、被告人がこんなかんじで答えてました。
「こういうこと、いけないって、強く思ったけど、前妻との交際とか…そのうちに、意識が薄れたというか、その、重圧などに耐えきれなかったということでまた…(聞き取れず)」

被告人は語尾がよく聞き取れません!
でもとにかく、B子さん事件を起こしたのは、規範意識が鈍磨していたからのようです。

すぐ弁護人が替わり、質問は続きます。

続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 川口強盗殺人・金が必要ならパチンコは止めろ(1/2)"

|

困ったよ〜

いっこうに眠くなりません
あ〜焦ります…
目がさえて、日記まで書いちゃってますよ…

ちょっとしたニュースなんですが、自分が事件の説明の時にいつもリンクを貼らせてもらっていた「MEPHIST」っていうブログが最近見れなくなっていて、非常に困っております
http://shadow99.blog116.fc2.com/
テレビ画面キャプチャがまずかったんでしょうか…?ニュースサイトからの転載が問題になっちゃったんでしょうか…
基本的にそういうことはNGだけど、引用とか転載って結構みんなやってますよね…
なぜこのサイトだけ目の敵に…?fc2の方針替えでしょうか?こうして夜中にあれこれ推理してしまうほどに困っております

同じように心配している方は結構いて
http://ameblo.jp/sukinakoto/entry-10136832555.html
http://blog.goo.ne.jp/hiroharikun/e/250c8df2513fc1e2ab05ac5f1ce75679
皆さんあれこれ推理したりしていらっしゃいます
復活してくれないかなぁ〜


そして、たまにはこんな話も…ということで、このブログの管理機能はけっこう多機能で、どんな検索ワードでこのブログにたどり着いたかもわかるのですが、ビックリするような検索ワードで訪問してくれている方がいて、申し訳なくなります

「高島平死体遺棄事件」とかは当ブログでよくある検索ワードですが、

「射精して」←これもよくあるキーワードです
「うるせえだまれ」←これは意味不明です
「ホントにレイプ」←レイプはやめて!
「男の車」←??
「カーセックスの名所」←w
「強気 エロ」
「中卒」

・・・・・と、私は毎日これを見て微笑んでおります
ホントにエロ系のキーワードで検索かけてる人って多いんだな〜と初めて知りました!

|

放火とか:本山淳子 コロシじゃないけど気になる事件

明日早いのに、全然眠れません!
眠くなるまでブログを更新してみようと思います
しかも近眼だけど裸眼で更新…この無意味な挑戦のため、誤字脱字が多くなる事必至です!

ところで、あんだけ書いといてナンですが、自分、実は、禁煙は18時間くらいで終わっております
ハハハ…アハハ…
友達にゴハンおごらなきゃ…

---
【被告人名】本山淳子(旧姓 河崎)
【日時】2008/09/17 1330~
【場所】東京高裁 506号法廷
【罪名】窃盗、有印私文書偽造・同行使、詐欺、建造物損壊、現住建造物等放火、住居侵入

下川竜太、伊藤賢作(ともに控訴審1回で結審)、そしてタスポでの承諾殺人などは、飛ばします…!
この事件、あまり詳細がわからないのと、被告人がちょっとパンチあったので、なんだか結構気になっております。
詳細ご存知の方、いらっしゃったら情報いただけると非常にうれしいです。

かろうじてネットで拾えた逮捕時の情報はこんなところです(いちばん下にある記事です)。
http://blogs.yahoo.co.jp/mohane5812001/37235692.html
男と共謀して人の家やら車やらを燃やしてます。
しかもスーパーの駐車場で窃盗で逮捕、けっこうな暴れん坊です。

動機はなんだったんでしょうか。

被告人は30代後半だと思うんですが、年齢よりも全然若くて可愛い女性でした。
ロングヘアにセントジェームスのボーダーT、デニムという、フランス系ファッションです。

ふと裁判官を見ると、あの不気味な裁判官、服部さんがいました!(ずっと前に地裁にいた人です)
おお~働いておられる・・・(超失礼)
トイレ入ったらちゃんと手とか洗うのかな~・・・(超失礼)

続きを読む "放火とか:本山淳子 コロシじゃないけど気になる事件"

|

ハートフルスポット東京拘置所

あまりの眠さに夜遊びは辞退しております

今日は瞬間的に時間ができたので、久しぶりに拘置所に行ってきました

081003_152901


拘置所の職員さんってなんか優しいですね
面会したい人の名前などを書いて受付みたいなところに紙を投げ入れるんですが、会いたい人はもう受刑者なので、いつもとちょっと勝手がちがいました
面会理由を適当に書いていたら
「ちょっとタカハシさん!家族じゃない人は更正につながるような理由がないとダメだから、理由をちゃんと書いて!」
と紙を返されました

更正につながるような理由…
さっぱり思いつかず
「あの〜、、、更正につながるような理由ってどんなかんじで書けばいいですかねぇ〜」
と困って尋ねると
「例えばね!例えばだけどね!!!○○とか、△△とか…例えばね!」
と、優しくアドバイスしてくれました
なんて融通のきく職員さんなんでしょうか

面会の時も別の職員さんが立ち会うのですが、ここ数回の面会では、職員さんも会話に参加してきたりと、なんだかハートフルです
「刑務所って冷暖房とかあるんですか〜?」
と相手に聞いてるのに職員さんが答えてくれました
なんて優しい職員さんなんでしょう

そして面会も終わり、エレベーターに乗ると、隣の面会室で被告人に面会をしていたという弁護士さんと鉢合わせになりました
友達に会いにきたの?と話しかけられたので、少しお話しました
被告人は覚せい剤取締法違反の再犯だと言っていました
「まぁ〜彼らは自分たちがどれくらいの刑になるか知ってるからね〜、それより重かったら何か文句言われるくらいだよ」
と気楽な感じでしたが、弁護人はこうやって拘置所に何度も面会に行かなきゃだから大変だな〜と思っちゃいました
夏とかこの辺り暑いのに…

会話の途中で裁判所の話になり
「最近なんか傍聴が流行ってるもんね〜、ホラ本とかも出てるでしょ」
とおっしゃっておりましたが、こういうとき自分は、アッ本出してますとか恐ろしくてとても言えない性分なので
「そうですよねぇ〜多いですねぇ〜」
などと言ったりしてしまいました…

玄関で弁護士さんとお別れして、面会した相手に差し入れしてきました
受刑者は食べ物入れられないから、かなり制限があります
ここでも差し入れ屋さんのおばちゃんに助けられました
「石鹸がいいわよ〜石鹸は絶対なくなっちゃうから!それに絶対使うしね!」
と、おばちゃんがしきりに石鹸の魅力をアピールしてくださったので
「あ〜、、、じゃあ石鹸おねがいします…」
とお願いしてきました
確かに石鹸はなくなっちゃうなぁ…


帰りに荒川沿いを歩いていると友人からメールがきましたが
「九州から出てきた女が荒川沿いを一人歩いてるなんて、まさに嫌われ松子みたいで超cool」←なぜかハート
と褒められたのかけなされたのか分からない内容でした
その友人はいつも私を嫌われ松子のような女だと言います
最後はあんな死に方するのかなぁ〜

ハートフルタウン小菅…隣の五反野は下山事件の現場だし、結構住みたい街です
もっと頻繁に通おうとおもいます

|

若林一行:岩手母子殺人事件控訴審・またまた被告人質問(書いたよ〜)

【被告人名】若林一行
【日時】2008/09/03 1330~
【場所】仙台高裁 101号法廷
【罪名】死体遺棄、住居侵入、強盗殺人、強盗強姦未遂、窃盗、邸宅侵入

この日は誕生日でした。
誕生日だというのに、朝からバスに乗って仙台行きです。
孤独です!
孤独を愛する女・ユキ…
自分の選んだ誕生日の過ごし方だから、思いっきり傍聴しようと気合いを入れて裁判所に行きました。

これまでの裁判は…左の検索からお探しください!

けっこうギリギリに着き、法廷に入ると記者が多めでした。
この裁判、記者がわりといつも多いのですが、記事になっているところを見た事がないです。

この日は最初に検察から取り調べ請求書が提出されました。
弁護人は不同意として、裁判所は必要性がないと却下しました。
裁判所と検察って、なあなあな関係に見えるけど(偏見)、たまには却下とかするんだ〜って新鮮でした。
さらに弁護人からも取り調べ請求書が出ました。
前回の中村証人の証言を受けて、補充で被告人質問をしたいといっています。
こちらは採用されました。
仙台高裁のこの心意気…けっこう好きです。

そして被告人が証言台の前に座りました。
いつもと同じ黒のヤンキー風ジャージに坊主頭です。
なぜか刑務官は3人もいました。

ふと検察官を見ると、いつもの検察庁の風呂敷ではなく、ドロボウとかが使う、唐草模様の風呂敷で書類を包んできていました!
初めて見てしまいました。
よりによって、なぜ、ドロボウ柄…?


脱線しましたが、被告人は前回の中村証人の尋問を受けて、言いたい事がいっぱいあるようです。
こちらの被告人は、しゃべりが饒舌だけど、あちこちに話がとんだり、なんとなく返答が「ハイ」「イイエ」以外だったりとわかりづらく、メモを今見直してもさっぱり意味が分からないのですが、要するにまとめると、中村証人からは暴力を受けたんだということを言っていました。
そして引き続き前回の中村証人の証言について、細かく「ここは違う」みたいな感じで述べ始めました。


(つづき)

さらに、事情があって自分がやったというような供述をしなければいけなかったという事も言い出しておりました。

「自分の経験した事じゃないので、虚構を話す…」
「どういうことを話すかについては誘導ありましたか?」
「はい」

また、誘導以外に、被告人が作り出した話に関しては、前回裁判でブツとして提出した証拠の小説を元にひねりだした、というようなことを言ってました。

続きを読む "若林一行:岩手母子殺人事件控訴審・またまた被告人質問(書いたよ〜)"

|

強盗殺人:池内楯雄 ひたすら続く被告人質問…が、突然中断!

【被告人名】池内楯雄
【日時】2008/09/01 1315~
【場所】東京地裁 528号法廷
【罪名】強盗殺人

なぜか毎回熱心に傍聴してしまっている池内裁判です。
この傍聴記を楽しみにして下さっている方は、きっといないと思います!


この日も被告人は相変わらずトラのセーターとチノパンで、傍聴人をなめまわすように入廷しました。
そして、この日も前回と同様、弁護人からの被告人質問です。
もはや何回目か分かりません!

もう、やり取りを再現するのも面倒になってしまうので(なぜこんな気分になるのか自分でもさっぱり分かりません…)、かいつまんで短くまとめてみます!

まず逮捕時の生活(テント暮らし)状況について聞かれていました。
お金はビニール袋みたいなものに入れていた、それをポケットに入れて持ち歩いていた、などの話をいきなり始めていました。事件に何の関係が…?

「フツーのビニビニ、ビニール袋に入れてポケットに入れてたような…」
「普通のビニール袋って?」
「あ〜〜〜。。。。」
「小さいビニール?」
「そう。。。」
「…今、何をお考えになってんの?」←??
「あ〜。。。忘れちゃった!」

何でしょうか、このやり取りは!


で、そのあとは逮捕直前に被告人が万馬券をあててお金を持っていたという話をしていました。

続きを読む "強盗殺人:池内楯雄 ひたすら続く被告人質問…が、突然中断!"

|

強盗殺人等:清田龍也 強盗殺人と窃盗、強盗未遂(ラスト3)

続きです
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/1-91e7.html
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/2-5757.html

引き続き殺人の被害者、渡辺さんの事件についての被告人の調書です。

そういえば、渡辺さん事件のことを調べていたらこんな充実したサイトを発見しました。
http://210.230.1.139/index.php?cmd=read&page=%BB%F6%B7%EF%A4%F2%B8%AB%A4%CB%A4%E6%A4%AF%2F200711%BA%EB%B6%CC%C0%EE%B8%FD26%BA%D0OL%B6%AF%C5%F0%B6%AF%B4%AF%BB%A6%BF%CD%BB%F6%B7%EF
自分が日刊ゲンダイに書いた記事もちょっと参考にしていただけているようで、有り難いです。


事件発生時期は昨年10月、またまた動機としてはB子さんと同じで、9月の給料が入ったものの少なく、パチンコで増やそうと思ったけど、また負けてしまい、月末にはなんと数千円になってしまったそうです。(まるっきり同じ事を繰り返しすぎです)
そこで、去年入った部屋なら、と10月29日に思いたったとのことでした。

31日、物色にでかけると、A子さんの部屋と2つ隣の部屋には女の下着が干してあり、鍵が開いていたそうです。夜になったらここに入ろうと決めました。
それまで、ひったくりなどをしようとしたりもしたのですが、敢行できず、時間を無意味に過ごしたようです。
暗くなってからアパートへ向かい、軍手をはめ、もう後戻りできないと自分を奮い立たせて部屋に侵入します。
部屋を物色していると玄関の向こうからコツコツと女性の靴音がして、誰か帰ってきたようです。
ズボンのポケットからカッターを取り、人が入ってくるのを待ちます。

「こうなった以上、カッターを突きつけて脅し、金を奪うしかない…」

という経緯で渡辺さんと鉢合わせたとのことでした。


(殺害の様子についての調書はなぜか読み上げられず、犯行後の調書読み上げに突然飛びました)


続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 強盗殺人と窃盗、強盗未遂(ラスト3)"

|

強盗殺人等:清田龍也 2件の強姦(2)

今日は傍聴券交付裁判で交付所に並んでいると、刑部の相馬さんと前後になり、いつものように事件の話などをしました
最近自分は昭和初期の事件も調べたりしていますが、相馬さんはもっと古い事件にも興味があるそうで、あまりにすごいので、どこまで過去にさかのぼっちゃうんですか、と聞くと
「江戸まで」
と言っていました
超すげえ〜www
江戸ってw
私も米騒動まではさかのぼりますよ!

---
続きです
http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/1-91e7.html
それぞれの犯行についての調書読み上げに続きます。
盗みに入った家の女性を強姦する事件(2件)の調書です。

○B子さん事件
被告人は平成16年の末当時、400万円以上の借金があったそうです。
その返済に困り、平成16年の12月30日、振り込まれた給料を妻に内緒で引き出します。
パチンコで増やしてからこっそり口座にもどそうと思っていたそうなのですが、そんなうまい話はそうそうなく、あっけなく負け、妻に借金がバレてしまいました。
このとき、消費者金融3社のカードを妻に手渡したところ、妻は「返済していく」と言ってくれたそうです。
しかし、被告人には他にも借金がありました。
内緒の借金を返すためには、泥棒に入るしかない、と決意したのが犯行の動機のようです。

「平成17年2月11日、仕事を終えて、空き巣に入ろうと東川口をうろうろしていたところ、ベランダの窓が開いている部屋がありました。閉め忘れかなと思い、近くから様子を見ました。しかしブロック塀で部屋の中が見えず、ベランダに回り込みました。
部屋のカーテンが20センチほど開いていて、窓を閉め忘れたのだろうと思いました。女の部屋だとブランドのバッグや貴金属があると思い、B子さんの部屋に入る事に決めました」

どうしてこの部屋が女の部屋だと思ったのかは分かりませんでした。
しかし、女はブランドのバッグを持っていると思われるんですね…恐ろしい思い込みです。

続きを読む "強盗殺人等:清田龍也 2件の強姦(2)"

|

中核派の裁判

こんばんは〜
これから原稿書きで更新ができなそうなので、今日傍聴した裁判などを…

http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2006/0519-32.html

差し戻しでなぜか地裁にもどってきた中核派のロケット弾裁判です
20年前の事件です

左翼の裁判は絶対傍聴券交付の警備法廷になるので、傍聴券をもらおうと交付所に並んでいたところ、ネルシャツを色あせたデニムにインしたような、いかにも左翼的な服装のオーバー50代たちが続々並んできました
20世紀少年を読みながら並んでいたら、支援者と思われる人がいきなりビラを配り始めたりしました
事件のことが詳しく書いてありますんで、と言われたのでもらって読んでみましたが、「たたかい」「勝ち取る」「無罪」とかそういう単語ばかりで、事件のことやこれまでの判決、争点など、まるっきり書いていなかったので、ちょっとガッカリしました

時間になり、なんとか傍聴券をゲットして法廷前に並ぶと、また支援者らしき人から「事件の説明をしますので待合室に入って下さい〜」と促されてしまいました
心底困ってしまいましたが、何かいい事が聞けるかもしれない、と、自分の心に言い聞かせて待合室へ入ってみました
が、「今日は面白くなりますんで」と言われただけでした(怒)
そんな、フワッとした話、別に聞きたくないんだよ…!!!


しかも、審理の途中からは支援者の半分は眠っていました
ちょっと奔放すぎやしないか…?
どれだけ事件のことを分かっているのか、不安になりました
面白くなるって言ったのは誰だよ…!!!


今日は、アジトだと言われる民家の捜索に入った警察が証人で、弁護人からの質問でしたが、こちらの弁護人は今まで見た事がないほどレベルが低かったです
(あっこんなこと書いて大丈夫でしょうか)
詳細は読売ウイークリー用の原稿に、今書いたとこです


傍聴しながらふと、やみくもに権力に反抗する左翼というのは、根っからのパンクとも言えるのかもしれない…とも思いましたが、権利をことさらに主張するところが違うのかな、とも思いました
そんな瞑想に耽ってしまうほど、辛い裁判でした

このアジトから押収されたメモ類から、実行犯と被告人たちとのつながりを主張しているという報道だったので、どんなメモだったかとか、つながりがなかったのなら、無罪の根拠など示してほしかったのですが、そんな肝心なことは一切やり取りされなかったので、なんだかとっても冷めた気分で法廷をあとにしました
被告人がほんとうに無罪で、応援を求めているのなら、そう主張する根拠などが欲しいところなのに、それらが一切なく、ただ声高に無罪を叫ばれても困ってしまうだけでした


結局、被告人たちは事件に関係しているのかさっぱりわからず、そして、ロケット弾が打ち込まれた理由も全く分かりませんでした


そんなかんじで、何も得るものがない傍聴をした後というのは、ひどく疲れます
ガックリと肩を落としながらロビーを歩いていたら、北尾トロさんにお会いしました
ちょっとオシャベリして、少し元気になりました


あっ
っていうか、先日、東京地裁に楳図先生が出廷したんですね
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080930ddm041040059000c.html
楳図先生…!!!!!!
会いたかったよ〜
吉祥寺を用もなく歩いたって会えず、裁判所に通っているのに会えず…私と楳図先生は縁がないのでしょうか…
↑恋人きどりのウザいストーカーのようですね…自分で書いて寒いです


また明日〜

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »