« 殺人等:米沢俊信 男としての責任(ラスト5) | トップページ | 強盗殺人:池内楯雄 お盆でも被告人質問 »

傷害致死、犯人隠避:森久里子、奥野和宏 紀元会まさかの原審破棄

【被告人名】森久里子、奥野和宏
【日時】2008/07/29 1330~
【場所】東京高裁 715号法廷
【罪名】傷害致死、犯人隠避

この日、初公判でした。

http://life9.2ch.net/test/read.cgi/psy/1192411181/473-573

長野県小諸市荒町のすし店経営、奥野元子さん=当時(63)=がで先月25日、同市の宗教法人「紀元会」の信者に集団で暴行され、死亡した疑いが強まったとして、
長野県警は15日朝、傷害致死の疑いで、紀元会の本部などの家宅捜索を開始した。
幹部や信者の女性らから事情を聴いており、容疑が固まり次第逮捕する方針。
奥野さんの死亡当日、夫ら家族4人が犯行を認めて逮捕されているが、その後の捜査で、紀元会の宗教施設内で多数の信者が奥野さんを踏みつけるなどの暴行を加えた疑いが強まった。
現場には当時、信者ら数十人がいたとみられ、幹部の指示のもとで行われた集団暴行だったとみて、県警は全容解明を進める。
事件は先月25日未明に発生。奥野さんが顔面や両腕、両足などに殴るけるの暴行を受け、傷害の疑いで、夫のすし店従業員、奥野和宏容疑者(35)と長女、二女、二女の夫の計4人が同日逮捕されていた。
紀元会は昭和45年に設立された神道系の宗教団体。「紀元水」という水を飲むと不治の病が治るなどと宣伝していた。

紀元会裁判、一審は、裁判所の遠さと関係者の多さで傍聴してないですが、高裁にやってきました。
奥野被告人は被害者元子さんの夫のようですが、すごい年の差カップルだったんですね…
そして、森被告人は被害者の娘…しかも奥野被告人より年上というイリュージョン…叔父と姪の関係なのにこんなことが起こるんですね…

森被告人は恰幅のよい女性でストライプのシャツを着ており、奥野被告人は色黒、スーツの男でした。
一審判決は懲役3年&執行猶予5年だったようなので、勾留はされていません。

量刑不当で検察側が控訴したようです。

この裁判の裁判官は長岡哲次さん、姉川博之さん、片山隆夫さんという方々です。
姉川さんは御殿場事件の裁判官ですが、長岡さんはどんな人なんだろう〜

おおっwikipediaに名前が載ってる!!!栃木さんは載ってないのに、、、なぜでしょう!?
http://ja.wikipedia.org/wiki/長岡哲次
ライブドア控訴審かぁ〜
岡山大学卒でも、裁判官になれるのか…すごい事を知ってしまいました。

そんな風に興味を持ってしまったのは、やたら訴訟指揮が被告人に対して厳しかったからでした。
「情状に限ってしか被告人質問は許さない!」と鼻息荒く言ってて、「それ以外のことも聞きたい」と言い出した奥野被告人の弁護人に対しては「情状に限らないというのであれば却下します!!!」と冷たく被告人質問を却下していました。
(しかしその後、舌の根もかわかないうちに、職権で奥野被告人の被告人質問を始めていました…こういう人ってコワ〜イ)

まずは森被告人の被告人質問です。
かいつまんで書きますが、紀元会は平成19年の12月に退会したと言ってました。
また、仕事も7月から始めているようですが、1日3.5時間労働の週4日というシフトらしく、その短時間労働の理由は、てんかんの発作が起こるからだとのことでした。

てんかん話が出るまで「被告人は立って答えなさい!」とか言って長岡さんは森被告人を立たせて証言させていたんですが、この話が出たとたん
「では、座んなさい。いいんだよ」
と優しくなりました。
なんかこの裁判官こわ〜い

森被告人は、この事件に関しては被害者だと思っていることもある、片岡姉妹が実刑になったのは当然であるという趣旨のことを述べていました。

引き続き職権で採用された被告人質問のため、奥野被告人が証言台の前に呼び出されました。
「奥野被告!前出なさい!」
そんな威張らなくても、って思いますが、なんか、いばりんぼうの裁判官です。

奥野被告人は飲食店の店員をやっていたけど現在は会社員だそうです。

「おかげさまで(←誰に言ってるんでしょう??)土日は休みですが、仕事を覚えさせてもらって…」

と、なんだかやたら裁判所にこびているような喋りでした。
実刑になる可能性が高かったからなのでしょうか…?

検察官から控訴された事については
「自分の中ではつらい…こんな事言っていいのか分からないけど、周りの方とか…(聞こえませんでした)
控訴はないと思う、とか、泣いてくれた警察官いてくれたし…」

「だけど控訴、現実になってはつらいと?」
「そういう部分もあるし、でも、(妻を)助けられなかったからと思います…」
「まあ、呼び出したりしたわけだから。あなたの奥さんだった人でしょ?」
「はい」
「そう言った事に対しては?」
「申し訳ありません…」

この日はこんなかんじで30分もかからずあっという間に審理は終わり、そして結審、9月25日が判決でした。

そして判決は…(傍聴してませんが)
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20080925-567-OYT1T00425.html
「紀元会リンチ死、夫と長女に懲役4年…東京高裁判決」
長岡哲次裁判長は「自宅にいた被害者を犯行現場に連れ出し、他の者には代え難い役割を果たした。自ら暴行も加えており、実刑が相当」と述べ、両被告を懲役3年、執行猶予5年とした1審・長野地裁判決を破棄し、懲役4年の実刑を言い渡した。

極めて短時間の審理で運命が変わる…大した質問もしてないのにいきなり実刑って、なんかビックリでした。
控訴審って本当に訳が分からないです。

こちらに事件の経緯が詳しく載っていました。
http://nmatsu6.blog121.fc2.com/blog-entry-3712.html

ここも詳しいです。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080224/trl0802241334000-n1.htm
宗教って理屈が通らないところと、気に入らない人を宗教的なこじつけでいじめることができるので恐ろしいですね。。。

|

« 殺人等:米沢俊信 男としての責任(ラスト5) | トップページ | 強盗殺人:池内楯雄 お盆でも被告人質問 »

宗教」カテゴリの記事