« 強盗殺人:池内楯雄 生い立ちから始まる被告人質問 | トップページ | 強盗殺人:池内楯雄 お盆でも被告人質問 »

強盗殺人:池内楯雄 この日も被告人質問

【被告人名】池内楯雄
【日時】2008/07/17 1315~
【場所】東京地裁 528号法廷
【罪名】強盗殺人

これまでの裁判は左の検索コーナーからお探しください。
もしくは「ジーさん」カテゴリ内から見れます。

3件の強盗殺人、池内楯雄です。
弁護人は、被告人質問を10回やると聞いています。
何度目の被告人質問なのでしょう…
あの弁護人にこの被告人、かなりノロノロ進むだろう、と予想して、13時15分からは傍聴せず、途中まで織原城二の控訴審を傍聴し、こちらの法廷に入りました。
やっぱりこの日もいつものトラセーターを着ていました。

ところで、先日なにげなく街を歩いていたところ、このトラセーターの色違いを着ているオヤジが前から歩いてきて、ものすごくビックリしました!!!

こうなったら、このトラセーター、ブログを読んで下さっている方に、どうしても、どういうものか見せたい…!!
必死に画像検索してみたところ、おそらく同じメーカー(トラのポーズがたぶん違いますが)の画像を発見しました!!!

ジャ〜ン

「話題沸騰!大人気セーター」
http://blog.livedoor.jp/may_05_2008/archives/51091890.html
これこれ!!!どうぞご覧下さい!
トラのプリント、こちらの画像は前面ですが、池内が着ているのは背面です。
「射るような視線で見る者を圧巻!!!」って!マジ毎回圧巻されてるもんな〜
てか、それよりダイノジがコレを着ていたとは…池内とペアルックじゃないですか…!!!エアギター選手権で気付いた人はいたのでしょうか?

http://dandy-club.jp/
当時は↑ここで買えたようです…
トップには「ちょいワル、ダンディクラブ」って書いてあります…!!!ダンディクラブ…!

ちょいワルなダンディクラブに釘付けになってしまい思わず「カジュアルウェア」カテゴリをのぞいてみました…
http://dandy-club.jp/wear-k1.html
どこがカジュアル…!!!?
ちょいワルってかヤクザだよこれじゃあ…

「アウトドアウェア」に至っては…
http://dandy-club.jp/wear-o1.html
白いジャージとか、まさに中年の被告人だよこれじゃあ…
「どんな自然条件にも完璧に対応」って…w
商品についているキャッチコピーがどれもこれも秀逸で、笑いをこらえきれません!

なんかあのセーター欲しくなってきちゃったな〜
私が着るとどんな感じだろう〜

でも、きりがないので傍聴記に戻ります!


法廷に入った時、ちょうど被告人の結婚歴が尋ねられているという絶好のタイミングでした。

「あなた結婚した事は?」
「ないよ!」
「結婚しようとか、付き合おうとかは?」←しかし事件と何の関係が…?
「いや〜………割と面食いだからね!面食いタイプだからね!」←もう何も言えません
「中学校のころ、付き合っている人がいたと聞きましたが、交際してたの?」
「……(ややモジモジしながら)…少しだけ…自然消滅したって感じ…」
「仕事を始めてからは?」
「いないな〜〜。付き合いたい思いあるけど、無理だね〜!サウナとか、そういうとこばっかり行ってた!」

もしかしたら64歳の素人童貞なのでしょうか!?
大ニュースです…
弁護人は若干笑っています…

そして、女性と付き合えなかったのは耳のせいだ、と言いだして、またお決まりの教育批判をしていました。

「家庭をもつ気持ちはあったんですか?」
「したいっていう気持ちはあるけど、無理だな〜って。そういう願望はあったよ?でも、とてもじゃないけど、無理だな〜。。。そういうこと、あきらめてた!相手してくれる人間、いなかった!」

「日々楽しいっていうよりも、寂しかったんですかね?」
「競馬!それ目標に働いてるようなもんだね」
「小学校から中学まで耳が聴こえなかったと思いますが、人生あきらめていたところはあるんですか?」
「…犯罪者、前科モンになるんじゃないかって思ってたもんね〜!」←現状を認識して発言しているのでしょうか…?

「競馬に当たって、風俗行って、女性と楽しんだりしてたんですか?」←なんでしょうこの質問は…?
「サロン!そういうのあるわけ!そこ行って、あるわけ!そこ行くわけ!キャバレーとかサロンとか、抜くだけでしょ。それは、しょうがない」←何がしょうがないのでしょうか…?

「オレは性格おとなしいでしょ?おとなしいからさ、凶暴になるくらい飲めれば、ヤーさんなんてぶっ殺すかってくらい凶暴になればね。おとなしすぎるんだよね!」
と、自分がおとなしいことを大声でアピールしていました。


被告人がテント暮らしを始めてからのことに話は移りました。
私が傍聴していない間に、テント暮らしになったいきさつが話されたようです。。。
仕事のことを長々と説明していましたが、どうも手配師に雇われて日雇いの仕事を激安でやっていたような雰囲気でした。

「テント生活、いやだったのはどういう点ですか?」
「別に………オレ、いないときあるっしょ?入ってくるしさ、荒らされた事あんの!むちゃくちゃな奴いるんだよ!ありゃ、やっぱ、いるね〜〜〜(←??)」
「モノを盗られたり、プライバシーもないの?」
「うん、持ってかれちゃうよ。今思えば、前の会社に頭下げて行けばよかったって、やっぱり思い出されるね。失敗しちゃった」

こちらの被告人の話を聞いていると、子供の話を聞いているような気分になることが多いです。。。

引き続き、テント生活での健康管理の大変さなどがチラッと話に出て、この日も唐突に「じゃ、次は次回で…」と終わりました。


普通はここで、裁判長が「じゃ、次回は…」と言い出すところですが、(山口裕之裁判長です)さすがに、この質問内容にしびれを切らしたように弁護人に対してもの申し始めました。

「え〜、被告人質問、10回必要と言ってましたが、あと7回…何を聞いてくの?情状ってことで、生い立ち聞いてるけど、全面否認事件で、どう聞いてくの?」

「予備的主張である情状を…」
苦しげに弁護人も答えてます。

「次回はなに聞くの?」
「時系列的に後になりますが、西新宿事件…被害者夫婦との出会い、その他を…」

こちらの裁判長、愚痴はこぼすのですが、最終的には弁護人の希望が叶う形で(このまま次回も続行ってことです)話は決着しました。
もっと強気にガンガン怒っちゃったほうがいいんじゃない…?
おせっかいながらもそう思えて仕方ありませんでした。
じゃないと、時間かかりすぎて、結審するまでに被告人が死んじゃうかもしれないですよ…!

|

« 強盗殺人:池内楯雄 生い立ちから始まる被告人質問 | トップページ | 強盗殺人:池内楯雄 お盆でも被告人質問 »

ジーさん」カテゴリの記事