« 殺人等:内藤正行 被告人質問(1/2) | トップページ | 殺人:岡本千鶴子 検察からの被告人質問(1/2) »

殺人等:内藤正行 被告人が勃起せずケンカになった(2/2)

http://tk84.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/12_dd02.html
こちらのつづきです〜

次にBさん(殺人)についての話にだんだん移っていきました。
被告人がいうには、Bさんと知り合ったのはBさんがスナックで働いているときで、借金をした後に被告人は服役していたらしいのですが、その間の支払いはKさんにお願いしていたとのことでした。
しかし、出所してみて確認したら、Kさんはお金は払っていなかったとのことで、すぐ払って電話をしたそうです。
「今まで払い込んでたんだけど、入ってるよね」ととぼけて言ったようです。
また、Kさんと被告人はBさんの事を「バカ女」と呼んでいた、と言っていました。

事件当日、Bさんと会ったのは、Bさんに「会いたい」と言われたからとも述べてました。
それで、サイゼリヤの駐車場で待ち合わせていたそうですが、店に行く途中、パールホワイトのセルシオがいたので「ヤクザモンが乗っかってる車がいた。借金を返してなかったのでBがヤクザを呼んだのでは」という思いに駆られて店に到着し、すぐBさんに「テメー話ちがうじゃねえか」と言います。
しかしBさんはヤクザなんか呼んでおらず、相変わらずの被告人の思い込みだという事のようでした。
2人は被告人の車に乗って街を走ります。

「オレを呼んだのは何なの?」
「だから、会いたいっつってんじゃないの」
「なんだよ、ただ会いたいだけかよ、未練あんのかよ」
「決まってんでしょ。マーくんと連絡とれないし、居場所も分かんないから、ケータイも持たせるし、アパートも借りるから」

みたいなやり取りをしたと言ってました。

マーくんっていうのは被告人のことで、Bさんからそう呼ばれていたと言ってます。
このやり取りホントにやったんでしょうか。

で、また
「オレに未練あんのかよ」
「あるに決まってんじゃない」
「忘れられないの?エッチしたいの?」
「女の口からそんなこと言ってんだから、したいに決まってるでしょ」
という微妙なやり取りをしたとのことです。

「正直、エッチしてもいいかなっていう、そういう思いはありました。でも、たたないよって言いました。酒飲んでるし」
「勃起しないという意味ですか?」←弁護人はしっかり確認します
「ハイ」

それから、被告人がいうには、Bさんが被告人のズボンのチャックを下げてフェラチオをしてきたそうです。
Bさんからこういうことをしてきたのは初めてだったのでビックリしたけど、いいかな、と思って運転を続けます。

「どこ行くんだよ」
「そこを左に曲がって」
「じゃホテル行こうか」
「そんな時間ないわよ」

と案内されて行った先は、昔の自分の会社の裏の公園だったそうです。

「おい待ってくれよ、自分の会社じゃねーかと思いました」

ここはカーセックスの名所で、会社の人たちはそれをほとんど知っており、被告人もフォークリフトの運転手をしているときによく見物してたそうです。

そのころ、Bさんはもうフェラをやめてたそうですが、被告人はさっぱり勃起しなかったようです。
場所が気になって、「まずいよ」と促し、その公園を離れました。

「Bさんとこの日セックスするつもりだったの?」
「つもりでした」
「車の中でBさんと性行為、今までもあったの?」←この質問はなんなんでしょう
「過去に何回かあります…2回くらいっスね」
「Bさんがあなたの性器をくわえてきた…あなたは勃起したの?」←この聞き方が逆にいやらしいです
「っていうか半ダチくらいっスね、そのあとしぼんじゃった」←具体的です
「あなたの性器がしぼんでしまった!?」←なぜか聞き直してます!
「はい。
『しぼんじゃったよ〜、しゃぶってくれよ』と言ったら
『なんで、たたないのよ、役立たず。酒飲んでるでしょ。そんな金あるんなら、こっちにまわしてよ』
っていうから『たたねえんだから、しょうがねえだろ。オレが酒飲もうが関係ねえだろ』っつって」←被告人は芝居でやり取りを再現する派です

その後、BさんはBさんでヤクザの知り合いに渡さなければならない金があるので、なんとか金を工面しろというようなことをいわれたそうです。そういわれながら頭を叩かれました。

「7〜8発…過去にはそこまではなかったです。阻止してました。『やめろよ、やめろよ』っつって。反撃はしてないです」
「そのときBさんの服装は?」
「上はまくり上げている状態でした」
「あなたの性行為をうけるために?」
「ハイ」
「下は?」←また具体的に聞いておられます
「履いてました」

「『何だよ、いいかげんにしろよ』って言いました。『いーかげんにしろよ、この野郎』ってかんじです」

その後Bさんはダッシュボードをあけて車検証を見ようとしたそうです。
そうすると自分が結婚していることがバレるので(隠していたようです)「勝手に開けんなよ」といってダッシュボードをしめました。
そうしたら、Bさんがどこからかハサミを入手して切りかかってきたので、「マジかよと思って車から逃げました。車傷つけられたくないんで」とのことでした。
Bさんも車を降りて被告人のほうに向かってきて、「くそ男、バカ男」と言いながら足で蹴ってきたと言っていました。

ここまで来たところで今回は時間切れになりました(しかも終了予定の17時を軽く超えました)。
この被告人の話がどこまで本当なのかはよくわかりませんでした。

その後、この公判はたたみかけるように集中審理が行われていましたが、自分は他の裁判とかぶることが多く、結局その後は見れていません。
また、7月最後だかの公判で精神鑑定の採否が行われると初公判で述べられていましたが、さいたま地裁に問い合わせたところ次回期日は近いところで決まっているので、おそらく精神鑑定の請求は却下されたのかもしれません。

|

« 殺人等:内藤正行 被告人質問(1/2) | トップページ | 殺人:岡本千鶴子 検察からの被告人質問(1/2) »

荒くれ者」カテゴリの記事